MENU

おんな城主 直虎 10話ネタバレ,あらすじ「走れ竜宮小僧」

おんな城主直虎10話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎10話「走れ竜宮小僧」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

おんな城主 直虎第9話のネタバレ・あらすじで、次郎法師(柴咲コウ)の父・直盛(杉本哲太)が桶狭間の戦いで亡くなります。そのことを悲しんでいると直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)の間にこどもができます。

 

 

 

 

そのことを喜ぶ井伊家ですが、最後に小野政次(高橋一生)がなんと奥山朝利(でんでん)を殺してしまったと龍潭寺にやってきて次郎に告げます。「おんな城主 直虎」の第10話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「走れ竜宮小僧」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第10話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ10話

 

 

次郎法師は、なぜそのようなことをしたのか政次に聞きますが政次は答えません。政次も怪我をしているので、まずはその手当をします。そうすると、しばらくして政次が奥山を斬った理由を話し始めます。

 

 

 

奥山は、なつと亥之助を奥山に戻すように言ってきたのですが、なつ自身が戻りたくないと話すので断るとききいれられなかったとその理由を話はじめます。朝利は、政次に会って話がしたいと言ってきたので会いにいったときのことです。

 

 

 

政次としては、なつと玄蕃(井上芳雄)の関係は亡くなった直盛がつくってくれた縁なので大切にしたいといいますが、朝利はそれは亥之助が奥山に来ると人質になるからかと言います。そのことに腹立てた政次は、それを聞いたらなつが悲しむ。

 

 

 

今、井伊家がこんな大変な時に奥山殿がそのような考えであることをしれば新野佐馬助(苅谷俊介)や中野直由(筧利夫)も失望されるでしょうというと、急に朝利が態度を軟化させます。

 

 

 

政次は、聞き入れてくれたと思い背を向け出ていこうとするときに朝利に斬りかかられて手を怪我します。そして、またも斬りかかってきたので本能で斬ってしまったのだといいます。朝利は、最後政次に正直のこのことを言えといいます。

 

 

 

義理とは言え、小野家にまたしても父を殺されたことを直親(三浦春馬)に伝えれば許すと思うか。そういって死んでいったのです。次郎はその話を聞いて呆然とします。次郎は、直親が直満(宇梶剛士)を失ったときのことを想いだしたのでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

政次のために奮闘する竜宮小僧

 

 

政次は、手当てをしてくれたお礼を言ってその場を去ろうとします。しかし、次郎が政次にここに隠れておけ。自分が竜宮小僧がなんとかすると約束します。その頃、直親たちは朝利が死んでいることを知ります。

 

 

 

しのが朝利の遺体を見て泣いているのを見て、直親もまた直盛が死んだときのことを思い出していたのです。しのは、朝利の敵を討ってほしいと直親にいいます。奥山家としては小野家を討つと孫一郎もいいます。

 

 

 

翌日、政次の家にいった佐馬助は昨日の夜から戻ってきていないことを知ります。井伊家では、孫一郎と中野直由が今川が倒れた今こそ、小野家を成敗するべきだ。政次が逃げたのが何よりの証拠であるそういうのです。

 

 

 

そこに、小野家の名代としてなつがきています。そこには、千賀(財前直見)も一緒です。そこで、なつはことの始まりが自分が奥山に戻りたくないと言ったこと原因だと話しはじめます。

 

 

 

そのことを朝利が許さなったことがこのような事態になったというのです。なつが自分の意思で小野家にとどまりたいと言ったことに対し、一同は驚きます。しかし、孫一郎は政次にそのように言われたのではないかと聞きます。

 

 

 

それでも、なつはそれは違う。自分の意思だというのです。そして、直盛がなつと玄蕃に井伊と小野をつなぐ架け橋になってほしいと言われていた。だから、自分にその役目を果たさせてほしいと頭をさげたのです。

 

 

 

そこに、千賀が亥之助のことも考えてほしい。ここで小野と奥山が殺し合いになると父方と母方が殺しあうことになる。だから、ここでの話でおさめて欲しい。そう千賀がみなに話すのです。

 

 

 

しかし、小野にまったくおとがめなしというわけにはいかない。そう直由と孫一郎がいいます。すると、直親が政次は自分からは刀を抜いていない。朝利が刺されていたのは、自分の脇刀。

 

 

 

そして、小野が刀を振り回したのではなく奥山朝利が刀を振り回していたことがわかります。直親は、政次は自分の身を守るために仕方なくさしてしまったのではないかといいます。

 

 

 

自分の義理の父のかたき討ちをできない後味の悪さが残りますが、それをとがめることもできない。そう直親は結論づけ、この件はこれで終わるのであります。なつが龍潭寺に戻ると、次郎法師がお礼を言います。

 

 

政次と直親の友情

 

 

政次が龍潭寺からの帰り道に、直親がたっています。政次は、直親が自分をかばいたてしてくれたことにお礼をいいます。直親は、鶴のことを信じておったというのです。そして、検地の時の借りは返したというのでした。

 

 

 

また、政次も朝利のことすまなかったというのです。直親はもし自分が同じようになってもそうするとだけ言ってその場を去っていきました。直親が家に戻ると、しのが政次になにもおとがめがないことに涙を流して訴えてきます。

 

 

 

直親は自分を恨むようにしのにいいます。もっと朝利の気持ちを考えてやるべきだった。そういうのでした。しのも、父が悪いのはわかっているが、それでも自分にとっては父だといって泣きます。直親はただただ、しのを抱きしめるのでした。

 

 

 

季節はめぐり、冬がやってきます。直親がそわそわ歩きまわっています。赤ん坊が大きな産声が聞こえます。慌てて中に入った直親。出家して祐椿尼になっている千賀がその赤ん坊を抱いています。

 

 

 

しのは、そのかたわらでぐったりしています立派な男の子です。祐椿尼は、産声も大きく肌の色もよい。丈夫な男の子だといいます。直親がほっとした様子をみせると、しのも幸せそうに喜ぶのでした。

 

 

 

名前は、虎松と直親が名付けます。その後、虎松のお披露目会が行われて直平(前田吟)もすこぶる喜びます。佐馬助も直由もみなが虎松誕生のお祝いをします。それは、次郎も同じです。

 

 

 

龍潭寺で、亀之丞が父になったことの喜び。井伊家が念願の男の子を授かったことの喜びでいっぱいでした。そして、そこに直親がやってきます。虎松のお祝いに、政次が直満がもっていた領土のすべてを小野から井伊家に返すといってきたと喜びます。

 

 

 

それは、竜宮小僧からのアドバイスだったのですが次郎はとぼけます。直親は、おとわに報いるにはどうすればいいかと聞きます。次郎は、毎日喜んでいられるような井伊を守ってほしい。それが自分の望みだと伝えるのでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

瀬名が危険な目に

 

 

一方、今川家では松平元康(阿部サダヲ)が織田家に寝返ったことが広まっていました。今川の国衆である牧野の牛久保城を落としたのです。今川のために織田と闘ってくれていると思った今川氏真(尾上松也)は愕然としています。

 

 

 

次郎は、瀬名(菜々緒)がどうなるのか気になります。人質になっているのかと心配しています。南渓(小林薫)はそんなにすぐに殺されることはないだろうというのでした。その頃、直親は今の戦況を地図を見ながら考えていました。

 

 

 

政次がまだ遠いところの話なので、しばらく様子見をするようにアドバイスします。しかし、松平はどんんどん勢いをつけて西三河の国衆たちは松平に寝返っていくものが増えてきました。それが東の方へやってきます。

 

 

 

次郎は、南渓に瀬名と佐名(花總まり)をまた見捨てるともりかときつくいうと、南渓は怒り次郎に言われなくてもわかっとると声を荒げます。その晩、南渓は直親のところに行きます。南渓は、瀬名らの命乞いをさせてほしいと直親に願いでます。

 

 

 

南渓は、松平はそのうち今川と手打ちをするかと思っていたがその気がなさそうなのでというのです。あくまで井伊家の話ではなく、親戚の南渓と次郎の懇願でという形にしようと思うと話すのです。

 

 

 

しかし、南渓が龍潭寺に戻るとすでに次郎が傑山(市原隼人)を連れて瀬名の命乞いに今川家に行ってしまっていたのです。その後、すぐに南渓も行くのですが直親と政次は心配します。次郎が命乞いなどできようか。そう二人で思うのです。

 

 

 

次郎が佐名の家に到着すると、佐名が別人のようになっています。美しかった姿は、白髪になって疲れきっています。そして、次郎が部屋に入ると瀬名を助けてくださいと次郎の手を握りお願いするのです。

 

 

 

瀬名は、今川の館に幽閉されていていつ殺されてもおかしくない状況だといいます。さっそく、次郎は寿桂尼(浅岡ルリ子)に会います。しかし、寿桂尼は次郎が話す前に瀬名のことは聞き入れれないというのでした。

 

 

 

そういわれても引き下がるわけにはいかない次郎は、瀬名からもらった手紙に目を通してほしい。松平元康がどうであれ、瀬名は今川を誰よりも思っていると寿桂尼にいうのです。

 

 

 

しかし、寿桂尼は次郎が岡崎城に向かって今川との和睦を決めてくれば瀬名の命を助けるというのです。次郎は、瀬名と一緒に岡崎城に行かせてくれればと約束をしようとします。

 

 

 

その次郎の覚悟に、寿桂尼が折れて手をうとうとします。しかし、そこに松平元康が寿桂尼の孫の鵜殿長照の城を落とし、鵜殿長照が自害したとの知らせを受けます。

 

 

 

すると、次郎のことを見下ろし、「瀬名に引導を渡して帰れ」と座敷牢に放り投げられます。そこには、瀬名がいます。そして、次郎は寿桂尼との話の流れをすべて瀬名に伝えます。

 

 

 

瀬名は鵜殿をを討ったとなれば自分は助からないということを感じとります。次郎はあきらめたら駄目だといいますが、松平元康は瀬名のことを助ける気はない。

 

 

 

助ける気があるのであれば、1年もたつ前に助けているというのでした。そこに裁きを伝える使いがやってきて明日、龍泉寺で自害いただくことになりましたと告げられます。瀬名は、竹千代と亀姫だけはどうかと言いますが、相手にされません。

 

 

徳川家康による人質交換劇

 

 

翌朝、次郎と瀬名のもとに食事が運ばれてきます。瀬名が最後の食事のつもりで食べようとするところを、次郎が経を唱えてからだといいます。瀬名は出家していないと諦めとも言える言葉を伝えます。

 

 

 

次郎は、そんな瀬名に対して諦めてはならない。最期は寺でなので、逃げ出すことも可能かもしれない。次郎は寿桂尼より、引導を渡すように言われているので、まだ引導を渡しておらぬとごねることもできる。

 

 

 

そう励まします。しかし、瀬名はそんなことをしても・・・といいます。それでも、次郎は引き延ばしているうちに今川の館が焼け落ちるかもしれない。そういって必至に瀬名を生き伸ばしたいといいます。それは、たった一人の友だからです。

 

 

 

その言葉を聞いて、瀬名の目から涙が流れ落ちたのです。その頃、今川家の館の表で待つ傑山のところに南渓が到着します。そこに、次郎の大きな声がします。まだ引導を渡しておらぬ。

 

 

 

そういう次郎に対し、今川の兵は寿桂尼より瀬名に引導を渡すように命じられたといい寺に連れていこうとします。そこに、松平元康の家臣・石川数正がやってきて鵜殿長照の形見を預かってきた。

 

 

 

瀬名、竹千代、亀姫と引き換えを願いたい。これが後に語り草になる元康による人質の交換劇だったのです。おんな城主直虎10話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎の11話ネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 11話ネタバレ,あらすじ「さらば愛しき人よ」

 

おんな城主直虎 9話ネタバレ,あらすじ「桶狭間に死す」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 


このページの先頭へ