MENU

おんな城主 直虎 11話ネタバレ,あらすじ「さらば愛しき人よ」

おんな城主直虎11話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎11話「さらば愛しき人よ」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

 

おんな城主 直虎第10話のネタバレ・あらすじで、次郎法師(柴咲コウ)が竜宮小僧をしました。小野政次(高橋一生)が奥山朝利(でんでん)を切ってしまったことをなんとか口添えして不問になったのです。

 

 

 

また、松平元康(阿部サダヲ)が今川家を裏切り瀬名(菜々緒)を殺そうとしましたが、ここでも次郎がなんとか時間を稼いでいる間に人質の交換劇が行われたのでした。おんな城主 直虎の第11話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「さらば愛しき人よ」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第11話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ11話

 

 

瀬名は、これからは敵味方だといい、別れを惜しみながら二人は話こみます。そこに、佐名(花總まり)がやってきて次郎と南渓(小林薫)にお礼をいいます。そして、次郎たちは井伊谷に帰っていったのです。

 

 

 

また、瀬名が岡崎に行くため佐名と別れなければなりません。そして、佐名とは敵味方になるが今川を遠慮なくとりななさい。そういって二人は別れるのでした。これを最後に佐名と瀬名は二度と会うことはなかったのです。

 

 

 

佐名と夫は、娘婿の離反のことの責任をとらされ自害に追い込まれたのです。次郎が戻ると、直親(三浦春馬)と一緒にいた昊天(小松和重)がみなが心配していたと叱ります。

 

 

 

申し訳なさそうにしている次郎に直親は無事だったならよかったと安堵の表情を見せます。次郎は、今川であった元康のことを直親に話ます。直親はその話を聞いて、もう今川は盛り返せぬかもしれないというのでした。

 

 

 

その頃、今川では寿桂尼(浅岡ルリ子)は元康にしてやられたと思っていました。しかし、それ以上にその元凶をつくったのが次郎法師に思えてきます。

 

 

今川氏真(尾上松也)は次から次へと寝返る現在の状況を誰が止めることができるのかと寿桂尼にいいます。しかし、寿桂尼は事を起こさせないようにすればいい。先手を打って握り潰すのだといいます。

 

 

 

目を付けられることになった次郎法師

 

 

今回のことで、松平元康がますます勢いを増してしまう。今川氏真に対し、このままだと今川家は滅ぼされると寿桂尼がいうのですが、蹴鞠をけって遊んでいる氏真。氏真は誰がやっても同じだと寿桂尼にいうのでした。

 

 

 

数日後、次郎のところに見知らぬ山伏がやってきます。松平元康からのお礼だといいます。瀬名を救ってくれたお礼だというのです。しかし、次郎は戸惑いながらそれを直親のところに届けます。

 

 

 

直親は御礼状の書状を読みます。そして、次郎にまだ寺にいるのかと確認して明日まで泊っていくように命じます。直親は、その書状をじっと見ながら次のことについて考えています。そして、その後に小野政次のところに向かいます。

 

 

 

書状には、松平から鷹狩りの誘いが書かれています。それを政次に見せてどうすればいいか判断してほしいというのです。直親は、おそらく今川はもう立ち直れない。だから、早いとこ松平と関係をもっていた方がいい。そう考えています。

 

 

 

しかし、政次はまだちょっと早いかもしれないという考えです。今川に離反の疑いをかけられるおそれがあると政次がいいますが、直親はだからこそ政次に決めてほしいというのです。政次はまだ早いと思いつつも、今川と共倒れはごめんだ。

 

 

 

選ぶ余地はないと松平につくことをきめます。しかし、政次は条件もつけます。この件は口外しないこと。そして、政次に一切のことを知らせること。それがなければいざというときに守りきることができないと言って二つの約束をします。

 

 

 

数日後、南渓も龍潭寺に戻ってきて松平からもらったという仏具を見て違和感を感じます。豪華すぎる気がするという印象を受けていました。松平元康に立派な仏具が結び付かないというのです。

 

 

 

その頃、直親は山伏の案内によって松平元康と会います。直親は自分よりも年下だが貫禄があり、真摯な態度に信頼できる人物だと感じます。そして、そのことを政次に報告します。そして、縁組の話も出たと小野政次に話をもっていきます。

 

 

 

しかし、政次は乗り気ではありません。中野直由(筧利夫)か奥山にするように言うのです。直親は、小野家のためにもというのですが、亥之助がいるので継いでもらえばいいといいます。直親が次郎の話を持ち出し今川の下から離れると還俗はすぐ。

 

 

 

だから、政次とも夫婦になれるという話をします。それでも政次は、それは次郎が決めることだと言って、これまで次郎に我慢させたぶん好きなようにさせてあげてはどうかというのでした。

 

 

 

そこに、次郎がたまたまやってきて政次と直親で次郎のことをからかいます。そして、昔南渓和尚から問題出された井戸の答えについて話だす直親。

 

 

すると、次郎があの答えはすべて正解だったといい、3人で懐かしい話に花を咲かせるのでした。次郎は、昔にもどったようじゃと喜ぶと直親が竜宮小僧のおかげでなと笑いあいます。

 

 


Sponsored Link

 

 

南渓の知り合いの山伏・常慶がやってくる

 

 

その後、風来坊の山伏・松下常慶(和田正人)が次郎を訪ねてきます。南渓の知り合いであるため、通します。松下は、松平元康からお礼の品をもってきたといいのです。お礼ならもうもらったと答える次郎に南渓がハッと息をのみます。

 

 

 

一方、今川の館を訪ねた小野政次は寿桂尼から松平と井伊が内通しているという話をもちかけられます。政次は、とぼけたふりをしますがそこに、実際に直親とあったという今川家の家臣が入ってきます。政次は寿桂尼にはかられたと気付きます。

 

 

 

寿桂尼は、政次に目付け役なのに何も知らなかったのか。まさか加担していたのではあるまいな。答えを選ばれよと寿桂尼は、笑顔で政次を問い詰めてきます。その頃、直親と次郎は南渓から今川に試されたということを知らされます。

 

 

 

直親は、この際なので松平元康に助けてもらおうといいます。恥をかいても井伊家のために松平に助けをこう。その使者を南渓にお願いする直親。しかし、次郎は政次のことが気になります。

 

 

 

次郎は、今川で瀬名の命乞いをしたことがこのようなことになった。また、松平からの書状だと思い直親にそのまま渡した。その結果がこのようなことになっている。

 

 

だから、自分も一緒にいかせてほしいと次郎は南渓と常慶と一緒に松平のもとに向かいました。次郎たちが三河の松平の元へ経ってからしばらくの時間がたちます。

 

 

直親のところに佐馬助(苅谷俊介)が慌てて馬を走らせます。佐馬助のところに今川からの使者がやってきて直親に聞きたいことがあるので今すぐ来るように命じられたといいます。

 

 

 

直親は、なんとか次郎たちが戻るまで時を稼げないかと考えます。南渓と次郎もまた三河でもどかしい思いをしています。常慶が戻ってくると、今は井伊家に協力することはできないとの回答でした。

 

 

 

次郎は怒ります。自分は瀬名を助けたではないか。なぜそんなことが言える。瀬名はどこにいると問い詰めます。すると瀬名は、現在は寺に放り込まれているというのです。本当は松平元康は今川の出の妻子は捨てておけばよいと考えていた。

 

 

 

しかし、それではあまりにひどいために苦肉の策をとっただけなのだといいます。その話を聞いても次郎は、瀬名はどこの寺にいるか聞き、寺に向かいます。瀬名が武千代が庭で遊んでいるのをぼんやり眺めてきます。

 

 


Sponsored Link

 

 

門前払いされる次郎法師

 

 

そこに次郎がやってきて、一緒に井伊にきてくだされと手をひっぱり井伊に連れていこうとします。次郎は、松平の力を貸してほしいために井伊家に来てほしいというのです。簡単に説明すると人質になってほしいと言っているのです。

 

 

 

瀬名は、自分たちでは人質の役目を果たすことができないといいますが、次郎は一歩も引かない構えを見せます。それに根負けしたのか、瀬名はすぐにしたくするのでしばらく待ってほしいと言います。

 

 

 

そして、瀬名と竹千代が一緒と次郎が一緒にやってきます。次郎が南渓の待っている門に出た瞬間になんと扉がしまったのです。瀬名は私は参ることはできませぬと叫ぶのでありました。

 

 

 

次郎がなぜだと問うと、瀬名は母の佐名との約束の今川を手に入れる約束を果たしたい。そのために、ついていくことができないというのです。それでも、次郎は懸命に食い下がります。必死に門をたたくのです。

 

 

 

何度も何度もたたく次郎を南渓が止めます。それでも、次郎は南渓の手を振り払いながら門をたたき続けます。同じころに、小野政次は寿桂尼に選択を迫られ自分の父・小野直政(吹越満)の言葉を思い出します。

 

 

 

お前は必ずわしと同じ道をたどる。その言葉が実際に起きています。今川氏真が井伊が動かないというと、政次は少し脅したらどうかとアドバイスします。南渓が井伊の館に戻り松平が手助けをしてくれないということを伝えます。

 

 

 

今後、どうしようかと考えている直親たちのところに、孫一郎が慌ててやってきます。なんと、今川軍が都田川の向こうに押し寄せてきているというのです。都田川と言えば、井伊家をでたすぐそこのところです。

 

 

 

明日にも攻めてくるのではないか。そんな状況に陥っています。直平(前田吟)がその話を聞いて討ってでようと高らかにいいます。それに中野直由(筧利夫)も同調し、声を上げます。

 

 

お家のために死を覚悟する井伊直親

 

 

若い、孫一郎までも気勢を発します。そのことを喜ぶ直親ですが、虎松が同じように追い込まれた時を考えると・・・と一気にトーンダウンします。直親は自分のせいで起こったことなので、一人で責任をとると覚悟を決めます。

 

 

 

直親は、その後龍潭寺で手をあわせています。南渓がそこに声をかけます。南渓は政次がどうなっているのか確認します。しかし、直親は井伊を守ったのではないと思いたいというのでした。

 

 

 

直親が家に戻ると、しの(貫地谷しほり)と虎松が寝ずにまっていました。しのは、孫一郎からこれまでのいきさつを知っています。なので、最後になるかもしれないと思い起きていたのです。

 

 

 

直親は、しのに虎松を頼むぞといいます。そして、まだ2歳という虎松に生きておればチャンスはあると話し頭をなでるのです。そういって、直親は虎松としのを抱きしめます。しのの目からは大粒の涙がこぼれます。

 

 

 

一方の次郎は、南渓が去った後も扉をたたき続けますがとうとう開くことはありませんでした。そのため、龍潭寺にもどってきて打ちひしがれていました。そこに直親がやってきます。

 

 

 

直親は、井伊家を幸せにするという約束を守れずすまないと次郎に謝ります。次郎は、自分が命乞いなどしなければよかった。自分が男に生まれておれば・・・駿府に行くのは自分だったと叫びます。

 

 

 

しかし、直親はおとわが女子でなければ思い出がなくなってしまうと笑います。そして、直親はお経を読んで欲しいと次郎にお願いしますが、生きているものにはするものではないと次郎は断ります。

 

 

 

明日、今川の館が焼け落ちるかもしれぬ。氏真が死ぬかもしれね。だから断る。そう話す次郎。直親はその言葉がおとわらしいと感じます。そして、次郎のことを抱きしめて駿府からもし戻ったら一緒になってくれというのでした。

 

 

 

ありうることのない未来。二人ともそれは無理だとわかっています。しかし、次郎はわかったと返事するのでした。では行ってくるという直親に、待っているからなと返す次郎。

 

 

 

その目からは大きな涙がこぼれ落ちます。その次郎の姿を見た直親の目にも涙がたまります。直親がそこを駆け出すと、次郎は突っ伏して泣き崩れます。

 

 

 

この日、直親は孫一郎などの少数のお供をつけて駿府に向かいます。その駿府行は、直親が生きて帰れると誰も思っていなかったのです。おんな城主直虎11話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎12話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 12話ネタバレ,あらすじ「おんな城主直虎」

 

おんな城主直虎 10話ネタバレ,あらすじ「走れ竜宮小僧」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


このページの先頭へ