MENU

おんな城主 直虎 12話ネタバレ,あらすじ「おんな城主直虎」

おんな城主 直虎12話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎12話「おんな城主直虎」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

 

おんな城主 直虎第11話のネタバレ・あらすじで、井伊直親(三浦春馬)が今川家の寿桂尼(浅丘ルリ子)にはめられてしまいます。そのために、松平元康(阿部サダヲ)とつながっている。離反していると疑われます。

 

 

 

それをなんとか助けてもらおうと動く次郎法師(柴咲コウ)ですが、瀬名(菜々緒)は協力してくれません。そして、直親は今川家にすぐに説明するように呼ばれたのです。おんな城主 直虎の第12話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「おんな城主直虎」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第12話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ12話

 

 

次郎法師は、直親がなんとか助かってほしいと水をかぶっています。そして、次郎法師は直親を見たような気がした瞬間に倒れてしまいます。そこに、使者がかけこんできます。

 

 

 

今川の館がある駿府の前に、直親一行は家来衆もあわせてことごとくうち果たされてしまいます。中野直由(筧利夫)はそのことに驚きます。駿府への呼び出しはただの口実で、今川が最初から直親をだましうちにするつもりだったのだと感じたのです。

 

 

 

あまりのことの佐馬助(苅谷俊介)すら怒りに震えています。そのことが南渓和尚(小林薫)にも祐椿尼(財前直見)から伝えられます。そこに、昊天(小松和重)がやってきて次郎法師が井戸のところで倒れていると駆け込んできたのです。

 

 

 

次郎は、脈が少なくなっています。顔も青白い。次郎は、祐椿尼が握る手を直親の手と勘違いして手をはなすようにいいます。祐椿尼は、とわを連れていくでないと涙ながらにいうのでした。

 

 

 

翌日、掛川に南渓たちが遺体を引き取りにいきます。しかし、それは無残な殺され方でした。そのまま雪の中に野ざらしにされています。それをみた傑山(市原隼人)は、大声で叫びます。

 

 

 

南渓は直親の遺体をみます。直親は井伊谷の方向に向かって倒れ背中から切られています。南渓が井伊に戻ろうなといって遺体をさすりながら声をかけ運びます。

 

 

 

直親の遺体と対面する次郎

 

 

一方の次郎は夢をみています。それは、直親が斬られても井伊谷に向かおうとしています。しかし、一歩、二歩と歩いたところで力尽きてしまいます。そんな夢をみてはっと目が覚めます。

 

 

 

祐椿尼は目を覚ました次郎法師を見て、ほっとします。そして、なぜ寝ていたのか記憶にない次郎に水垢離をしていて死にかけていたことを伝えます。次郎は、直親がどうなったかと確認します。

 

 

 

そこに、昊天が戻ってきて殿のお帰りじゃあといって戻ってきます。勢いよく立ち上がった次郎だがフラフラっと倒れてしまいます。それでも、壁を伝いながら外にでる次郎法師。

 

 

 

次郎がつらい思いをするだろうが乗り越えなければならない壁と思い祐椿尼は止めませんでした。南渓らによって遺体がむしろに並べられます。次郎がそのひとたちは?と確認しても南渓は答えてくれません。

 

 

 

そして、見るも無残な遺体となっている直親を触ろうとする次郎の手が叩かれます。「触るな」と言われた先には、涙をためたしの(貫地谷しほり)がたっています。そこには、知らせをうけた直平(前田吟)や直由、佐馬助、なつの姿もありました。

 

 

 

しのは次郎に罵声を浴びせます。次郎が瀬名の命乞いなどしなければこのようなことにはならなかった。小野政次(高橋一生)を殺しておけばこのようなことにならなかったのではないか。全部、次郎のせいでこのようになったのではないか。

 

 

 

次郎は、何も反論することなくただその言葉を受け止めます。そして、しののいう通りだとぽつりのいうのでした。次郎はうちのめされてその場を去ってしまいます。

 

 

 

南渓の部屋では、直平らがため息をついています。しかし、虎松(寺田心)を急ぎ逃がす準備をしなければと直親としのの子供を、井伊家の後継ぎをどのように生かしていくのか相談が行われます。

 

 

 

その翌日、直親たちの葬儀が行われます。次郎は、井戸でそのお経を聞き亀が死んだことを実感します。次郎もお経に声を合わせるがそれも長続きしません。まるで、直親の笛のように取り残された気持ちになっていたのです。

 

 

 

葬式が終わりみなが帰ろうとするその時に、今川家から使者がやってきます。直平が南渓の方をみると整えていますと、虎松を逃がす準備をしています。しかし、しのはなんのことかわかりません。

 

 

 

虎松がどうなるのか。そういって取り乱しています。それでも、祐椿尼が他に手はないと逃がすようにしていると、佐馬助が今一度今川にかけあってくる。自分の命に代えてもと申し出ます。

 

 

 

そして、佐馬助は今川家に向かいます。それでも、そんなに簡単にうまくきみません。佐馬助が腹を切ってもなんの役にも立たないと言われてしまったのです。そして、新しくでた今川氏真(尾上松也)の下知をみます。

 

 


Sponsored Link

 

 

井伊家に武将がいなくなる?

 

 

虎松が助かるかわりに、直平、直由、佐馬助が今川の戦にでることになったのです。そのことに、直平は上々だというのでした。虎松の命がなによりも大事なので、その下知に従うというのです。

 

 

 

しかし、直平らが気になっているのは小野政次です。まだ、今川から戻っていないのか。小野が裏切ったか。最初から仕組んでいたのかもしれないと直平はいいいます。

 

 

 

その通り、政次は今川の書類整理などを行っています。しかも、氏真にとてもかわいがられています。そして、氏真に井伊に戻れなくなっただろう。今後どうるすのか聞かれます。政次は、ほとぼりが冷めたら戻るというのでした。

 

 

 

一方の松平元康のところでは、一向一揆がおきます。そのため、僧侶や一般宗徒らみながその一揆に参加し、その勢いはそがれてしまいます。そのため、今川家にも余裕ができるのでした。

 

 

 

次郎はというと、人となるべくかかわるのを避け、自分の殻に閉じこもってしまいます。祐椿尼が虎松の顔でも一緒に見にいかないかというのですが、そのうちと素気なく断ります。

 

 

 

そして、直平たちが戦に出る準備を始めます。そのため、南渓に酒を本堂にもっていってほしいとお願いされます。そこではじめて次郎は、直平たちが戦にでなければならないことを知ったのです。

 

 

 

次郎はは、不思議に思い直平らがなぜ戦にでるのか聞くと、それが虎松の命と引き換えになっていると言われます。その言葉に次郎は愕然としました。佐馬助に氏真がお前の首などいらないから松平元康の首をとってこいと言われたのです。

 

 

 

相手は、直親を見捨てた松平とあって直由も気合いが入っています。3人はわらって、豪快に飲んでいます。しかし、次郎は不安に思います。3人が亡くなったら井伊家はどうなるのか。しかし、直平は我らは必ず戻ってくるというのでした。

 

 

 

次郎は、それでも「もしも」のことがあったらといいますが、直平はもしそうなったらそれが天命だ。おとわのせいではない。仏様が決めたことなのだと諭すようにいったのです。その年、長年井伊家のかなめであった直平は戦の中で不審死をとげます。

 

 

 

また、新野佐馬助も中野直由も翌年に今川家に反乱を起こした飯尾連龍を討とうと戦にでて討ち死にをしたのです。見知らぬ男衆を連れて政次が井伊谷に戻ってきたのはそれから間もなくのことだったのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

小野政次が戻ってきて虎松の後見人に?

 

 

祐椿尼のところに戻ってきた政次は今川家に捕らえられていて今まででてこれなかったといいます。その話を聞いた祐椿尼は、よくできた話ですねと皮肉をいいます。そして、連れている三人の紹介をします。

 

 

 

また、今川の命により小野政次が今日から虎松の後見にしていただくというのです。祐椿尼は、そのことにさすがに怒り今川家でも家督を決めることはできないと厳しい表情でいいます。

 

 

 

しかし、政次はそれでも家督は虎松であくまで自分は後見だというのでした。祐椿尼は、政次のことをにらみ今川からの書状をそこに置きます。

 

 

 

次郎は、思いにふけっています。井伊直滿(宇梶剛士)から始まっていったい何人の井伊家の人たちが死んでいったのか。そんなことを考えながら酒を飲んでいると、そこの政次がやってきます。

 

 

 

次郎は、直親の内通のため今川に捕まっていたのかと聞くと、政次はしばし黙った後にそうだといいます。そして、厳しいお咎めを受けた後に誰も井伊家の政をするものがいなくなったので返されたというのです。

 

 

 

しかし、次郎にとってはそれが不思議でなりません。なぜ、政次だけ助かったのか。直親のことを裏切るともりで裏切ったのか。裏切ざらずにえられなかったのかどっちじゃと泣きながらいう次郎。

 

 

 

政次は、直親が下手をうったのだといいます。そして、井伊家は終わるべくして終わった。そう冷たく言う政次に、次郎はただただ愕然とするしかありませんでした。

 

 

 

一方、祐椿尼は政次が虎松の後見になることを聞いて慌てて南渓のところに相談に行きます。祐椿尼は、南渓に後見人になってほしかったのです。しかし、南渓の言葉は意外なものでした。

 

 

 

次郎に後見人をさせてはどうか。祐椿尼は、女子ですよというが、南渓は次郎は女子にあれど男以上のたくましさをもっている。しかも、家督を継ぐものでもある。そういって次郎を後見人におすのです。

 

 

 

女城主直虎誕生!

 

 

そこに、昊天の大声が響き渡ります。次郎が昊天に対し槍を向けているのです。昊天が自分の槍なので返すようにいいますが次郎は動こうとしません。南渓は鶴を狩に行くのかと聞きます。

 

 

 

そして、近くにいた傑山に次郎が小野の屋敷に行くから弓をもってくるように命じます。しかし、次郎は南渓の予想外の行動に二の足を踏んでいます。それでも、南渓が小野家にむかいだすと次郎は後をついていきます。

 

 

 

しかし、次郎は数歩歩いたところで急に足を止めます。そして、槍を何度も何度も地面に突き刺します。やがてはその槍が壊れ柄だけになります。次郎は、直親が死んだのは自分のせいだ。自分は疫病神だ。われになにができるのじゃ。そう叫びます。

 

 

 

誰もその言葉にこたえられません。そこにいた小坊主が「竜宮小僧では?次郎さんは、井伊の竜宮小僧ではございませんでしたか?」とぽつりといいます。その言葉に続き南渓が自分を責めても死んだものは戻ってこない。

 

 

 

南渓が励まそうと話をしている時に、次郎に直親の声がはっきりと聞こえます。俺の竜宮小僧になってくれるのか。その言葉に対し、次郎は亀にこの身をささげ、亀となって歩いていく。そう言ったのです。

 

 

 

南渓がそれが次郎の答えじゃなというと、次郎の目から涙がこぼれ落ちます。その後、祐椿尼は直親と夫婦の約束をしたときにつくっておいた着物を次郎に着せます。祐椿尼は独身のまま30歳になろうとしてるがそれでも次郎の笑顔が嬉しい。

 

 

 

祐椿尼は、その次郎の表情がなによりもうれしかったのです。そして、次郎は直親が最後に話した言葉が戻ったら一緒になろうと言ったことを話すのでした。どんな花嫁よりも美しい笑顔で次郎は微笑んだのでした。

 

 

 

それから数日後、井伊家では評定が行われます。小野政次に今川から一緒に連れてきた3人の鈴木重時、近藤康用、菅沼忠久に奥山朝利の息子・六左衛門(田中美央)、中野直由の息子・直之(矢本悠馬)らが顔をそろえます。

 

 

 

南渓が仕切り、井伊家の後継ぎは虎松だがまだ5歳と幼いために後見をつける。虎松の後見人に推挙するのが井伊直虎と申す。そういいます。しかし、六左衛門も直之も直虎とは聞いたことがありません。

 

 

 

近藤たちが隠し子かなにかかと言っているところに・・・ふすまが開きます。そこには、次郎の姿があります。次郎が中に歩いて入ってきて、「われが井伊直虎である。これより井伊はわれが治める。そう宣言するのでした。

 

 

 

その井伊直虎の男とも女とも言えない姿が不思議な存在感を放っているのでありました。おんな城主直虎12話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎13話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 13話ネタバレ,あらすじ「城主はつらいよ」

 

おんな城主直虎 11話ネタバレ,あらすじ「さらば愛しき人よ」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ