MENU

おんな城主 直虎 13話ネタバレ,あらすじ「城主はつらいよ」

おんな城主直虎13話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎13話「城主はつらいよ」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

おんな城主 直虎第12話のネタバレ・あらすじで、井伊直親(三浦春馬)だけでなく、井伊直平(前田吟)、中野直由(筧利夫)、新野佐馬助(苅谷俊介)などが亡くなります。

 

 

 

そのため井伊家に武将いなくなったところで小野政次(高橋一生)が井伊に戻ってきます。そして、今川からの下知だといい政次が虎松(寺田心)の後見になるようにいいます。

 

 

 

そこで、南渓和尚(小林薫)らが相談した結果次郎法師(柴咲コウ)が井伊直虎となり女城主になります。おんな城主 直虎の第13話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「城主はつらいよ」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第13話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ13話

 

直之(矢本悠馬)が南渓和尚に女子の次郎に井伊を任すのはおかしいと言い始めます。ずっと、出家していたので政をするのは不可能だというのです。南渓は、今川から小野政次を虎松の後見にというてきてるがそれでもいいのかと問います。

 

 

 

そういうと、直之はなにも言えなくなります。南渓は、政次にも確認します。政次は生半可なことでないといいます。しかし、井伊直虎は父の井伊直盛(杉本哲太)や直親の意思を継いで井伊を守っていきたいと言い政次をにらみます。

 

 

 

その言葉を聞いて、政次は家老として直虎に仕えると答え評定を後にするのでした。直虎は、井伊谷城の城主となったことで意欲的に働こうとします。しかし、政ごとについたことがないのでこころもとない様子です。

 

 

 

そこで、南渓が今川家の先祖代々に伝わる国を治めるための掟がかかれている仮名目録を出してきて、直虎に読むようにいいます。直虎が仮名目録を開いてみると、事細かく多岐にわたって国を統治するためのことが書かれています。

 

 

 

直虎は、仮名目録を黙々と読み始めます。翌日、政次が直虎のところにやってきて、大量の書類を置いていきます。証文や検地控えなど書類は多すぎて目を通すだけでも大変そうで直虎にため息がこぼれます。

 

 

 

井伊直虎は徳政令を二つ返事でOKする

 

その後、直虎の政の不安は現実のものとなりました。直虎は百姓たちにお願いされて瀬戸という村に足を運びます。農地は、桶狭間の戦い以降荒れ果てています。度重なる戦の影響で働きてがいないのだといいます。

 

 

 

そんな田畑でも年貢は払わなければならない。お金や米を借りなければならないので、その返済と年貢との二重払いになっている状況です。そのために、土下座して直虎に徳政令を出すように頼みます。

 

 

 

徳政令とは、お金の貸し借りなどの一切をチャラにする制度で、貧しい人たちのためになるものです。直虎は、二つ返事でその徳政令を受けるようにいいます。

 

 

直之はそのようなことを安請けしていいのかというのですが、直虎は城主はわれじゃと気にも止めません。そこに、六左衛門(田中美央)も鬼の形相でやってきて、このままでは井伊家は潰れると証文を見せます。

 

 


Sponsored Link

 

 

井伊直虎と瀬戸方久との再会

 

井伊家も戦のたびに商人から借り入れをしていたのです。貸し主は、瀬戸方久(ムロツヨシ)という名前になっています。そのタイミングで、瀬戸方久が直虎を訪ねてやってきます。

 

 

 

瀬戸方久が頭を上げると直虎はどこかで見覚えのある顔です。その男の言葉に、幼い日に直虎が家出をしたときに泊めてくれた男だと思い出します。

 

 

方久は、幼きとわを渡したときにもらった褒美で商いを始めるとそれが、どんどんうまくいくようになったといいます。しかし、どんどん商いを成功させる方久に直虎はお金を動かす才能があるので頼み事をします。

 

 

 

それは、瀬戸村の借金を棒引きにしてもらえないかと頼みます。徳政令を出すようにいきさつを直虎は方久に説明します。方久は今、井伊家に貸しているお金を返済してくれたらという条件で快諾してくれます。

 

 

 

その晩、直之と六左衛門と一緒に年貢やお金の借り入れ金額などを見直します。すると、井伊家の財政はすでに破たんの状況に陥っています。とても徳政令を出せる状況ではありません。

 

 

 

しかし、瀬戸村の徳政令の話はさらに広がります。隣村の祝田村の人たちも徳政令をとお願いにやってきます。直虎のことを拝むようにみている人たちもたくさんいてます。それでも、直虎は徳政令を出せば井伊家が潰れる。

 

 

 

そのため、徳政令を出すことはできないと丁寧に話します。すると、一斉に直虎に対し恨みつらみをいう村人たち。叫び声だけでなく悲鳴までも上がっています。それでも、直虎は今は出せないと家の中に逃げるように入っていったのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

瀬戸方久を井伊家の家臣へ?

 

翌日からいろんなところを直虎とわからないよに回ります。直虎は、徳政令を出すことなくなんとか農民たちが二重に支払いをしなくていいような方法はないものかと考えます。そこで、思い浮かんだのが瀬戸方久のことです。

 

 

 

方久を井伊家の家臣として、瀬戸村と祝田村の領土を持たせる。年貢が方久に入るので、借金の返済は猶予をする。そうすればどうなのかと考えています。そのことを方久に話ます。そして、南渓の賛同もえます。

 

 

 

その後、井伊家の評定でその話をします。しかし、そこで直虎は大きな反発を受けてしまいます。どこの馬の骨ともわからない商人の方久を家臣に抱えるのが納得がいかないというのです。

 

 

 

瀬戸村は、新野の子供たちの所領だし、祝田はしの(貫地谷しほり)の所領になっているのでそれは無理だと怒って直之と六左衛門がでていきます。政次も笑いながらでていきます。

 

 

 

直虎はみっともないところを見せてしまったと方久に謝ります。しかし、方久は二つの村からお金が生まれるようになれば手のひらを返すだろうと自信げに話すのでした。その言葉に安堵の表情を見せる直虎。

 

 

 

そこに、方久の使者がやってきて瀬戸村と祝田村が今川に徳政令を出すように泣きついたというのです。直虎の顔がみるみるこわばるのでした。おんな城主直虎13話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎14話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 14話ネタバレ,あらすじ「徳政令の行方」

 

おんな城主直虎 12話ネタバレ,あらすじ「おんな城主直虎」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


このページの先頭へ