MENU

おんな城主 直虎 14話ネタバレ,あらすじ「徳政令の行方」

おんな城主直虎14話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎14話「徳政令の行方」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎14話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主 直虎第13話のネタバレ・あらすじで、井伊直虎(柴咲コウ)が女城主になったことで、瀬戸村の村人に徳政令を出してほしいと言われ直虎は徳政令を出すように約束してしまいます。

 

 

 

しかし、井伊家の財政では徳政令を出すと破たんしてしまう。そんな状況でなんとかしようと考えたのが瀬戸方久(ムロツヨシ)を家臣にして二重払いを防ぐことを考えます。

 

 

 

それが、直之(矢本悠馬)と六左衛門(田中美央)にも猛反対されます。そして、瀬戸村と祝田村の人たちは今川家に徳政令を出すように掛け合ったのです。おんな城主 直虎の第14話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「徳政令の行方」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第14話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ14話

 

瀬戸村と祝田村がなぜ今川家に徳政令をもうしでたかと直虎が詳細を聞くと、農民たちは蜂前神社に相談に行ったといいます。すると、そこの禰宜を通して今川家に徳政令をお願いしたのです。

 

 

 

瀬戸方久は、直虎に冷静になるように話します。そして、もし徳政令が出たら誰が喜ぶか。農民が喜べば、井伊よりも今川に従うようになるかもしれない。するとどうなる?と質問を続けていきます。

 

 

 

そして、今川に徳政令を出すように仕掛けたのが小野政次(高橋一生)ではないかと気が付きます。農民を利用して、小野政次が井伊家を乗っ取ろうとしていたのです。

 

 

 

実際に、政次はしの(貫地谷しほり)と新野の娘をだき込んでいまいた。虎松(寺田心)の後見に直虎を望まないことをしのが記した書類。今川が徳政令を井伊に命じる書類をすでに持っているのでした。

 

 

 

しかも、中野直之と奥山六左衛門も同じように政次に取り込まれていたのです。その証拠に次の評定で直之が、瀬戸村と祝田村をもとに戻し、方久を家臣からはずすことが出来ねば直虎を城主とは認めないというのです。

 

 

 

小野政次が仕組んだこと

 

ちょうど、その話をしているところに政次もやってきて今川からの下知だといい徳政令をだすように命じた書面が渡されます。政次は、直虎から速やかに徳政令をだすようにいいます。

 

 

 

すると、直虎は方久や南渓和尚(小林薫)と練った芝居をします。直虎は、徳政令をだしたいのはやまやまなのですが・・・龍潭寺に土地を寄付したと政次にいいうのです。その言葉を聞いた政次の顔色がかわります。

 

 

 

直虎は続いて、今川からの仮名目録をだします。これをみると、寺の領土については守護不入と書いています。つまり、今川家であっても龍潭寺の領土であればなにも言えないのです。

 

 

 

しかし、その話を聞いて政次はすかさず言います。今川の下知をはねのけるということですかと直虎に迫ります。それでも、直虎はそんなことはない。できなくなっただけだというのです。

 

 

 

政次は、そのことをありのまま伝えるといい出ていきます。その様子をみていて直之は直虎にききます。今川からの徳政令があれば農民たちは収まる。商人も返済できなくなる。徳政令に従うべきではないか。

 

 

 

そう話ますが、直虎は徳政令出せば瀬戸村も祝田村も小野政次の土地になる。今の井伊を人も金もないので、方久のような裸一貫で財を成したような人間が必要だと訴えます。

 

 

 

しかし、それでも直之は瀬戸村と祝田村を返さないかぎりは後見を小野政次に代わるように望むといって出ていきます。それに六左衛門も続きでていきます。その翌日に事件が起こります。

 

 

 

 

方久がさらわれる

 

なんと方久がさらわれるのです。そして、直虎に脅迫状がやってきています。それがなかなか読めません。よく読むと、徳政令を出さないと方久の命はないと書かれています。きっと、これも政次の仕業だと直虎は直感でわかります。

 

 

 

政次は、禰宜を使ってやらせたのです。直虎は直接農民たちと話がしたいと思い村を駆け回りますが百姓なのに外に誰もいません。そのため、直虎は神社に足を運びます。そこには、紙と墨、すずりが用意されています。

 

 

 

直虎は堪忍して、徳政令を発布する約束をする書面を書きます。その時、そこにいた亀がそろりそろりと紙の上を歩きます。どけ、どけ亀という直虎は久しぶりに亀の名前を呼んだことになつかしさを覚えます。

 

 

 

そして、その紙からのかない亀が直親の意見のように思えてきます。直虎もこれは違うかと言い紙を真っ二つに破ります。しかし、そうしても何も解決しません。そこで外を見つめていると、外では苗が田植えするのにちょうどいいぐらいに育っています。

 

 

 

翌日、傑山(市原隼人)と昊天(小松和重)らを連れて直虎は瀬戸村の田植えを始めます。これ以上、田植えを遅らすと農民たちも焦ってじっとしていられないだろうと直虎はよんだのでした。

 

 

 

 

井伊直虎の想いを百姓に伝える

 

すると、たくさんの百姓たちが直虎らのことを遠くから見つめています。そこで近くに来た老夫婦に直虎が声をかけます。稲が育たないと自分たちも困るから勝手に入らせてもらったといいます。

 

 

 

しかし、その老人は瀬戸を方久に売ったで、そんなことで騙されると思いかと言います。直虎は、決して井伊の借金のために村を方久に売ったわけではない。方久が村をもてば、農民たちの返済が猶予される。

 

 

 

しかも、方久によって村が潤う施作がなされる。そうすれば、借金が返せるようになる。そう約束してくれたので、目先の話ばかりをするのではないと一喝します。

 

 

 

その老人は、禰宜は自分たちのことをおもってくれて・・・と言いますが、直虎が禰宜と自分のどちらが信用できるのかと問い詰めます。まずは、村を潤し、方久を潤し最後に井伊家が潤えばいいと直虎は村人たちに誓います。

 

 

 

そうして、直虎の話を聞いていた百姓たちがどんどん田に入って田植えをするようになっていきます。その光景を安堵してボーっと眺める直虎。その目にはうっすらと涙がたまっていたのでした。

 

 

 

今川家のことが気になる直虎

 

翌日、農民たちに再度なにか今悩んでいることはないかと確認します。すると、農民たちは字をきれいに書けるようになりたいといいます。直虎に手紙を書くのも苦労した。

 

 

 

だから、字をきれいに書けるようになりたいというのです。それについては、南渓にお願いすることにします。そして、土地については祐椿尼(財前直見)の土地にして決着させようとします。

 

 

 

しかし、しのがその直虎の言葉に反対します。祝田が戻ってこなければ直虎を虎松の後見とは認めないというのです。また、直虎はもう一つ大きな懸念を抱えていました。それは今川家です。

 

 

 

徳政令の発布を無視したと思われているので、今川家がどんな反応をとるか。そこが大きな問題です。その問題が、直虎にすぐに直面します。おんな城主直虎14話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎15話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 15話ネタバレ,あらすじ「女城主対女大名」

 

おんな城主直虎 13話ネタバレ,あらすじ「城主はつらいよ」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

井伊直虎が徳政令を出しても潰れなかった理由とは?

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 


おんな城主 直虎 14話ネタバレ,あらすじ「徳政令の行方」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の14話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の13話で、遂に井伊直虎(柴咲コウ)が女城主となり百姓に徳政令の発布を約束しました。しかし、実際にはそれはできないということでその発言を撤回します。農民たちは、その話を今川家にもっていきます。「おんな城主 直虎」の第14話はその続きからスタートします。15話を簡単にまとめると、直虎が瀬戸村の百姓の心をつか...

このページの先頭へ