MENU

おんな城主 直虎 15話ネタバレ,あらすじ「女城主対女大名」

おんな城主 直虎15話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎15話「女城主対女大名」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

 

おんな城主 直虎第14話のネタバレ・あらすじで、今川家から井伊直虎(柴咲コウ)がなんとか徳政令を切り抜けたように見えました。しかし、しの(貫地谷しほり)には祝田村を返さない限り井伊直虎を虎松(寺田心)の後見人と認めないと言われます。

 

 

 

また、それ以上に最大の懸念材料は今川家からの徳政令を発布する下知を無視したことについてです。そのことを井伊直虎は14話の最後に気にしながら終わりましたね。おんな城主 直虎の第15話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「女城主対女大名」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第15話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ15話

 

 

小野政次(高橋一生)が井伊直虎に今川からこのような書状が届いたと言って見せます。その内容は、徳政令を発布しない理由について、駿府まで井伊直虎が説明しにくるようにと書かれてあります。

 

 

 

直虎は、その書面をみて立ちくらみします。政次は、行けばどのようになるかわかっていると思う。それを逃れる方法は、政次を虎松の後見にするしか方法はないというのですが、直虎は駿府に行くしかないといいます。

 

 

 

同席している六左衛門(田中美央)はなんとかならないかと、直虎に病になっているとか女子だからとかという理由を言うのですが、それでは理由にならないと井伊直虎が覚悟を決めます。なにせ、今川の支配者は寿桂尼(浅丘ルリ子)だからです。

 

 

 

女子に対して容赦するような人物ではない。むしろ、おなごだからこそ厳しくする。そんな人物なのです。直虎は、もはやにげられないと思ったので守りを固めていきたいと話し準備をします。武士の中で、一番腕がたつのが直之(矢本悠馬)です。

 

 


Sponsored Link

 

 

井伊直虎と中野直之は怒って決裂

 

 

なので、六左衛門から直之を連れて戻します。直之は、すぐに後見をやめ徳政令を発布するように直虎に言います。しかし、直虎はそれは嫌だ。直親(三浦春馬)の時のようにならないために策を考えているというのです。

 

 

 

直之は、直虎に供を死なせるつもりかと厳しい口調で言います。直虎はその態度に怒り、誰に向かって話しておるのじゃと言います。そのことで、直之は同行することを拒みました。

 

 

 

結局、龍潭寺の傑山(市原隼人)らを中心としたメンバーで行くことになります。駿府にたつ前日、井伊直虎は龍潭寺の井戸端で直親にはなしかけます。なんの因果が直親と同じように駿府に行くことになった。

 

 

 

できれば道中を助けてほしいと直親に話しかけると、直親の話にこたえるように風がいい香りになり、わずかながら直虎は安心しその井戸端を離れていきました。

 

 

 

翌日、出立を見つめているのは六左衛門と祐椿尼(財前直見)の二人だけです。祐椿尼は、直虎に危険だと思ったらすぐに逃げて帰ってくるように話します。直虎は、それに同意して出立します。

 

 

 

駿府への道中がいったいどのようなことが起きるのか。それは、誰にもわかりません。井伊直虎はただ、寿桂尼の待つ駿府へ旅立ったのでした。おんな城主直虎15話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎16話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 14話ネタバレ,あらすじ「徳政令の行方」

 

井伊直虎が徳政令を出しても潰れなかった理由とは?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


このページの先頭へ