MENU

おんな城主 直虎 15話ネタバレ,あらすじ「女城主対女大名」

おんな城主直虎15話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎15話「女城主対女大名」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎 15話の感想はコチラ!

 

 

おんな城主 直虎第14話のネタバレ・あらすじで、今川家から井伊直虎(柴咲コウ)がなんとか徳政令を切り抜けたように見えました。しかし、しの(貫地谷しほり)には祝田村を返さない限り井伊直虎を虎松(寺田心)の後見人と認めないと言われます。

 

 

 

また、それ以上に最大の懸念材料は今川家からの徳政令を発布する下知を無視したことについてです。そのことを井伊直虎は14話の最後に気にしながら終わりましたね。おんな城主 直虎の第15話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

タイトルは「女城主対女大名」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第15話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ15話

 

小野政次(高橋一生)が井伊直虎に今川から書状が届いたと言って見せます。その内容は、徳政令を発布しない理由について、駿府まで井伊直虎が説明しにくるようにと書かれてあります。

 

 

 

直虎は、その書面をみて立ちくらみします。政次は、行けばどのようになるかわかっていると思う。それを逃れる方法は、政次を虎松の後見にするしか方法はないと説明するのですが、直虎は駿府に行くしかないといいます。

 

 

 

同席している六左衛門(田中美央)はなんとかならないかと、直虎に病になっているとか女子だからとかという理由を言うのですが、それでは理由にならないと井伊直虎は覚悟を決めます。なにせ、今川の支配者は寿桂尼(浅丘ルリ子)だからです。

 

 

 

女子に対して容赦するような人物ではない。むしろ、おなごだからこそ厳しくする。そんな人物なのです。直虎は、もはやにげられないと思ったので守りを固めていきたいと話し準備をします。武士の中で、一番腕がたつのが中野直之(矢本悠馬)です。

 

 

 

井伊直虎と中野直之は怒って決裂

 

なので、六左衛門から直之を連れて戻します。直之は、すぐに後見をやめ徳政令を発布するように直虎に言います。しかし、直虎はそれは嫌だ。直親(三浦春馬)の時のようにならないために策を考えているというのです。

 

 

 

直之は、直虎に供を死なせるつもりかと厳しい口調で言います。直虎はその態度に怒り、誰に向かって話しておるのじゃと言います。そのことで、直之は同行することを拒みました。

 

 

 

結局、龍潭寺の傑山(市原隼人)らを中心としたメンバーで行くことになります。駿府にたつ前日、井伊直虎は龍潭寺の井戸端で直親にはなしかけます。なんの因果が直親と同じように駿府に行くことになった。

 

 

 

できれば道中を助けてほしいと直親に話しかけると、直親が話にこたえるように風がいい香りになり、わずかながら直虎は安心しその井戸端を離れていきました。

 

 

 

翌日、出立を見つめているのは六左衛門と祐椿尼(財前直見)の二人だけです。祐椿尼は、直虎に危険だと思ったらすぐに逃げて帰ってくるように話します。直虎は、それに同意して出立します。

 

 

 

直之は直虎たちが出立する姿をみていました。その直之の様子を見た南渓和尚が、直之の肩をたたきます。南渓は、直之に村のものたちに字を教えるので手伝ってほしいといいます。

 

 

 

南渓は、なぜ字を教えることになったかという経緯を伝えると、直之は今はそれどころではないと断ろうとしますが、南渓のことばに言いくるめられてしまいます。

 

 

 

そして、百姓たちに字を南渓が教えていると甚兵衛(山本學)が直虎は元気にしているのかと確認をします。しかし、今川に呼ばれ駿府に行っていることを知ると、自分たちのせいで今川に直虎が呼ばれていることをしり甚兵衛の顔が青くなります。

 

 

 

すぐさま甚兵衛は行動にでます。村の物をまわってなんとか直虎を助けようと考えるのでした。一方、直虎たちは山寺に泊まります。その日は大丈夫だったと安堵して、寝るようにと直虎は昊天(小松和重)に言われます。

 

 

 

 

直虎たちを狙う盗賊たち

 

寺の周囲は、直虎を守ろうとしっかりと警護しています。直虎の部屋の前では傑山(市原隼人)がどっしりと座っています。そこに政次がやってきてニヤッと笑って歩いていこうとします。

 

 

 

傑山は、政次にご一緒しますとついていきます。そこに、直虎の「誰か」という大きな声がします。政次がすぐさま向かおうとすると、傑山が政次を羽交い絞めにします。昊天が一番に直虎のもとに駆けつけると、そこにはマムシが牙をむき出しにしています。

 

 

 

マムシが直虎にとびかかろうとするところを昊天が槍で刺しますが、その様子をみて直虎は腰が抜けて動けなくなってしまいます。

 

 

その頃、龍潭寺にはなつ(山口紗弥加)が南渓と話をしています。なつは、政次が虎松(寺田心)の後見人になるのは井伊を守るためなのではと言います。

 

 

 

なつは、政次は今川から井伊を守る盾になろうと考えているのではないかと思うところをいうのでした。南渓はしばし考えて、政次に問うたとしても正直に認めないだろう。それを読まれてしまっては盾になることができないからだと政次の気持ちを考えます。

 

 

 

翌朝、直虎はあまり眠れないまま出発しようとしています。そこに、政次がやってきてまだ間に合うのであぶない目にあわないように後見人を政次に譲るように求めます。しかし、直虎は首を決して縦には振りません。

 

 

 

そこに、大きな木が直虎めがけて倒れてきます。昊天があわてて直虎を呼び寄せて間一髪で助かります。やはり、マムシといい直虎は命を狙われていたのです。そこに、山賊たちがやってきて直虎の護衛をするものたちと戦いになります。

 

 

 

昊天や傑山も山賊たちと闘っているために、直虎が追い詰められてしまいます。直虎は、足を滑らして斜面を落ちてしまいました。万事休すと思ったときに、直之か弓矢でその山賊を倒してくれたのです。

 

 

 

すると、仲間が倒されたことで山賊たちがどんどん直之のところに集まってきますが次々と相手をやっつけていきます。直之は、敵をすべて打ち払います。直之は、直虎の前にやってきて無事を確認します。

 

 

 

しかし、その言葉が相変わらずきつい。おなごのくせに出しゃばるからだというのです。直虎はそのような言葉にお礼を言う前に、どうしても反発してしまいます。そこに傑山がやってきて怪我はないかと確認しています。

 

 


Sponsored Link

 

 

政次の裏をつく作戦

 

直虎が周囲を見渡すと、お付きのものたちはみな怪我をしたり泥まみれになったりしています。そのため、南渓に言われていたようにいざとなったら虎松の後見人を政次に譲れという言葉を実行に移します。

 

 

 

皆が死んだり怪我をしたりさせるのであれば、この道を選ぶしかない。そういう想いから決めたのです。しかし、それに直之は反発します。直虎を守るためにきた。自分がいれば大丈夫だと。

 

 

 

直虎は、それでも政次に今川にそのように伝えてほしいと手紙を書きます。政次は、急ぎ駿府にたちます。それを見送ってから直虎は直之になにやら頼み事をします。

 

 

 

翌日、政次は寿桂尼(浅丘ルリ子)に自分が虎松の後見人に指名されたことを示す書面を渡します。寿桂尼は、最初からこうすれば危険な目にもあわずにすんだものをと鼻で笑います。

 

 

 

そこに、井伊家から中野直之がやってきたと家臣から寿桂尼に伝達がやってきます。ちょうど、今川氏真(尾上松也)がいないので寿桂尼自ら話をきこうと言って会いにいきます。すると、そこにいたのは直之に変装した直虎がいます。

 

 

 

直虎は、今川の下知に逆らうわけにはいかないと、政次を隠れみのにつかってなんとかたどり着いたと寿桂尼に状況を説明します。そして、なぜ徳政令に従わなかったのかと問われると直虎は、すでに寺社領になっていたと理由をのべます。

 

 

 

しかし、寺社領については今川義元(春風亭昇太)が寺社領であってもならぬように掟を追加をしたためにすぐに、徳政令を出すように寿桂尼から命じられます。

 

 

 

その言葉を待っていた直虎は、徳政令を私にだせということは、井伊直虎こそ後見人であると寿桂尼が認めてくれたということですかと確認をします。その直虎の意図がわかった政次はただちに、しの(貫地谷しほり)の手紙をだします。

 

 

 

しのの手紙には、虎松の母として井伊直虎の後見は望まないと書いております。そのことで、寿桂尼は母親が望まぬものを後見にすると争いの種が増えるため認めるわけにはいかないというのです。

 

 

 

 

井伊直虎を助けた村人たちの署名

 

そこに、井伊家から巻物がとどけられます。そこには、井伊直虎を虎松の後見にのぞむという内容に祝田村と瀬戸村の人たちが書いた署名がたくさん並べられていたのでした。

 

 

 

寿桂尼は、その巻物をみて直虎に確認をします。直虎が後見人になったら、井伊家はどのようになるのかと。直虎は、民を潤すと言います。民が潤えば井伊がうるおい、井伊が潤えば今川が潤う。

 

 

 

そう考えていると寿桂尼に伝えます。寿桂尼は、その言葉を聞いて直虎に井伊を潤すように命じられます。そして、次の申し開きはないと釘も同時にさされます。こうして、井伊谷に直虎たちは戻ることができたのです。

 

 

 

井伊谷に戻ると、直虎はおどろくような光景になっています。なんと、百姓たちがズラリと並んで直虎のことを出迎えてくれていたのです。

 

 

 

そのことに喜び井伊直虎は涙をぬぐうのでした。おんな城主直虎15話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎16話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主 直虎 16話ネタバレ,あらすじ「綿毛の糸」

 

おんな城主直虎 15話の感想はコチラ!

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


おんな城主 直虎 15話ネタバレ,あらすじ「女城主対女大名」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の15話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の14話で、徳政令について井伊直虎(柴咲コウ)が発布しないまま、民たちを納得させます。しかし、農民たちをなっとくさせることができてももう一つ大きな問題がありました。それが、今川の下知に背いたということです。「おんな城主 直虎」の第15話はその続きからスタートします。15話を簡単にまとめると、直虎が駿府の寿...

このページの先頭へ