MENU

おんな城主 直虎第3話 ネタバレ・あらすじ「おとわ危機一髪」

おんな城主 直虎3話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎3話「おとわ危機一髪」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

おんな城主 直虎第2話のネタバレ・あらすじで、亀之丞(藤本哉汰)がいなくなり今川家の下知によりおとわ(新井美羽)と鶴丸が結婚する話になります。しかし、亀之丞を待つ気持ちでいたおとわはそれをなんとかしようと考えます。

 

 

 

そして、「おんな城主・直虎」の2話の最後におとわが頭を剃って血だらけになります。「おんな城主 直虎」の第3話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。タイトルは「おとわ危機一髪」になります。

 

 

 

しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第3話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ3話

 

 

おとわは、父・直盛(杉本哲太)に出家すれば嫁にいかなくてもすむのではないかと自分なりに考えたことを言い出したのです。その後ろにいた小野政直(吹越満)が、それが井伊家の回答なのかと確認します。

 

 

 

おとわが結婚はしないというと、直盛が慌てて謝ります。井伊家の意思ではない。こどものいったことだからと話します。しかし、政直は怒って帰るのを直盛が追いかけています。

 

 

 

とわは、その様子を不思議に見てたのですがそのおとわを千賀(財前直見)が鬼の形相し羽交い絞めにします。千賀があまりの勢いで怒るものだから、とわはしゅんとなりました。

 

 

 

その数日後、今川家から書状が届きます。亀之丞のことから始まり、度重なる井伊家の行動に今川義元(春風亭昇太)のところにおとわを人質にするようにと命がでます。それに逆らうと成敗すると書かれています。

 

 

 

この出来事を今川に知らせた政直は未だ今川家から戻ってきていませんでした。曾祖父の直平(前田吟)は、もう戦しかないと言って今川と闘おうといいます。そして、直盛と言い争いになります。

 

 

 

とわが人質になってもいいのか。佐名(花總まり)のようになってもいいのかと直平にいわれ、直盛は言葉につまります。直平はそう怒鳴りながら部屋をでていきます。

 

 

騒動は婚約から人質に変化していく

 

 

一方のおとわは、答えは一つでないと言っていた南渓和尚(小林薫)にいったいどうすればいいのかということを相談にいきます。しかも、こんな状況になったのは南渓和尚が答えは一つでないと言ったからだと話します。

 

 

 

南渓がおとわが出した答えに問題があったのではないかと言われると、おとわは涙を流します。その話を聞いた南渓和尚は、直盛に出家に出すことの許しを今川家にかけあってみてはどうか。

 

 

 

今川は、おとわが出家すれば次の当主を自由に選べる。今川家にとってもそんなに悪い話ではないのではとアドバイスをします。それを本当に今川家が許してくれるかどうかというのがポイントなので、いろんな手をつかっていこうという話になります。

 

 

 

その話は南渓の指示で、身内にも内密にしていました。しばらくして、南渓は雪斎禅師に会うことになったとおとわに話します。雪斎を味方につけることができれば大丈夫といいます。雪斎は今川家の軍師でもあり、南渓と同じ宗門の先輩です。

 

 

 

おとわは、新野左馬之助(苅谷俊介)と南渓と一緒に今川家に向かいます。一方、井伊家では直盛が食事が喉に通らないほどに緊張しています。そこに一大事だといって家臣がやってきます。小野の鶴丸(小林颯)が何者かに連れ去られたというのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

直平が鶴丸を誘拐

 

 

なんと、直平が鶴丸を連れ去っていったのです。これが今川に知られると大事になるので、直盛は急いで部屋を飛び出します。おとわたちは、駿府に到着すると蹴鞠をしている少女に会います。名は、瀬名といいます。

 

 

 

蹴鞠がうまくなれば、龍王丸の妻になれると話します。そこに、とわに声をかける女性がやってきます。佐名です。佐名は、南渓和尚の妹にあたります。その場では、おとわが人質になることを話て通り一遍の挨拶をして別れます。

 

 

 

ちょうどその頃、南渓は雪斎禅師と会って話し合いをしていました。南渓は、井伊が人質に自己嫌悪の想いがあり今川と戦うというものまでいる。雪斎禅師は、人質も出家も同じように世継ぎにはならないので同じであるということを理解してくれます。

 

 

 

そのため、一応は今川義元に伝えるが結果は期待しないようにと忠告を受けます。南渓がとわのもとにもどると、とわがどうだったのか確認すると口を濁します。

 

 

しかし、南渓は1通の手紙を出しこれを佐名経由で寿桂尼(浅岡ルリ子)に渡すようにおとわに命じます。おとわは、佐名にその手紙を渡しにいきます。手紙を部屋に差し入れると、佐名はその手紙を破って戻してきます。

 

 

 

そして、佐名はふすまをあけて恥を知れと伝えるように怒ります。おとわは、その話をありのまま南渓和尚に話すと、まずまずだと南渓は答えます。怒るということは心が揺れている証拠。

 

 

 

きっと、寿桂尼に話をおそらく通してくれるはずだと言います。おとわは、なんとも頼りないというが道は一つではないと雪斎禅師や寿桂尼などいくつか用意していることが大切だといいます。

 

 

 

あとは、明日になってみなければわからない。諸行無常だとおとわに力強く言います。一方の直盛は直平のところに行き考えがなさすぎると怒ります。直平は、小野を抑えるにはこれしかないと言います。

 

 

 

すると、鶴丸は弟もさらわないと見捨てるだけだといいます。小野はそうするだろうと直盛が言うと、本当に弟もさらおうと考える直平に直盛は勘弁してくださいと叫んだのでした。翌日、おとわが今川家の中に入ります。

 

 

 

そこへ、小野政直が迎えにやってきました。おとわと一緒に南渓と左馬之助が入ろうとすると、政直は止めて義元に確認して戻ってくると話し、先にとわとたけだけを中に入れます。そこに、政直のところに嫡男・鶴丸が直平に誘拐された情報が入ります。

 

 


Sponsored Link

 

 

龍王丸との蹴鞠対決

 

 

そのことをしって、そこにおいてけぼりにされたおとわとたけが不安がっていると、そこに寿桂尼が入ってきます。今川義元は、所要をしているので一緒に蹴鞠でも見ないかと誘われます。龍王丸に勝とうと蹴鞠をしていたのは瀬名です。

 

 

 

龍王丸に蹴鞠で勝てばなんでもご褒美をもらえるので、瀬名は妻にしてもらうと張り切って蹴鞠をしているという。その話を聞いて、おとわが龍王丸に対戦をお願いします。そして、一生懸命やるのですが下手なおとわ。

 

 

 

何度負けてももう一回と食い下がります。そこに政直と雪斎がやってきて蹴鞠をしているのがおとわであることを説明します。そのことを聞いた寿桂尼も褒美がほしいようで頑張っているといいます。

 

 

 

そして、何度も何度もしているうちに龍王丸が失敗します。おとわは、褒美をくださいませと言うが龍王丸はこれは勝ったとは言わないと言います。しかし、褒美をくださいとしつこくいうおとわに周囲の子供たちが失礼だと取り囲みます。

 

 

 

それでも、おとわはその場を去っていく龍王丸に、褒美をくださいと突っかかっていきます。龍王丸は乱暴にされたことなど一度もないためそのことで泣き出してしまいます。それでも、褒美をくだされというおとわ。

 

 

 

周囲の子供たちがおとわのことを引き離そうとしても、まるですっぽんのようにおとわは龍王丸から離れません。それどころか、褒美がないと井伊は潰れてしまうと大声で叫んでいます。その様子を見て慌てた政直が飛んできます。

 

 

今川義元からの褒美

 

 

そこに、今川義元がやってきてみなのものが平伏します。それでもとわは、勇敢に今川義元に龍王丸に蹴鞠で勝ったので褒美がほしいとお願いします。今川義元が何が望みかきくと、とわは井伊家に戻りたいと言います。

 

 

 

そこに、雪斎が蹴鞠でとわがいい闘いをしたので、褒美をつかわすのが部門が習いなのでそれが筋だと意見をします。寿桂尼も龍王丸に見本を見せなければならないと口添えします。義元は二人の言葉に褒美をつかわす。

 

 

 

去ってよい。そう家来が代弁しました。とわは、許しがでると思っていなかったのでまるで狐につままれたような気持ちになりました。寿桂尼は、おとわのことを頼まれていてそれがうまくいき安堵の想いだったのです。

 

 

 

ずっと門前で待っていた南渓と左馬助のもとにもどったおとわは、満面の笑みで二人にし義元からもらった書状を見せたのでした。そのことを涙を浮かべて大きくほめる南渓和尚だったのです。

 

 

 

おとわがいなくなった後に義元と雪斎が話します。不要な内乱が起こってもいけないし、なによりも義元は雪斎が言うことに全幅の信頼をしていたために、おとわが井伊家に戻ることが許されたのでした。

 

 

 

また、政直についても上手に使う必要があると二人は話し合うのでありました。一方、南渓は裏門で佐名を待ち寿桂尼に取り次いでくれたことのお礼を言ったのです。おとわは、井伊谷に戻り直盛と抱き合って喜びあいます。

 

 

 

その姿をみながほほえましく見守っていたのでした。おんな城主直虎第3話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎第4話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎4話 ネタバレ・あらすじ「女子にこそあれ次郎法師」

 

おんな城主直虎第2話 ネタバレ・あらすじ「崖っぷちの姫」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


このページの先頭へ