MENU

おんな城主 直虎4話ネタバレ・あらすじ「女子にこそあれ次郎法師」

おんな城主直虎4話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎4話「女子にこそあれ次郎法師」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

おんな城主 直虎第4話の感想はコチラ!

 

 

 

おんな城主 直虎第3話のネタバレ・あらすじで、おとわ(新井美羽)が龍王丸に蹴鞠で勝利したことで、井伊家に戻ることが許されます。そのため、なんとかおとわは今川の人質にならずに済んだのです。

 

 

 

そうして、おとわが家で待つ父・直盛(杉本哲太)の待つ井伊家に戻ったところで3話は終わります。「おんな城主・直虎」の第4話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。タイトルは「女子にこそあれ次郎法師」になります。

 

 

 

しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第4話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ4話

 

 

おとわは、家に戻ってみなが迎えてくれました。その後、庭に出て外を見ていると鶴丸がおとわのところにやってきます。おとわが戻ってきたことで、直平(前田吟)が鶴丸を家に戻したのでした。

 

 

 

おとわは、出家することを理由に井伊家に戻してもらったと鶴丸(小林颯)に話すと鶴丸は驚きます。出家となれば、戻ってこれたはいいが亀之丞(藤本哉汰)とは結婚できないから驚いたのです。おとわは目を丸くしてぱちぱちさせています。

 

 

 

おとわは、ただ井伊家にかえってくることだけを考えていたので出家すると亀之丞と夫婦になれないことについて考えてなかったのです。一方、南渓(小林薫)と直盛、直平、佐馬助(苅谷俊介)が話合いをしています。

 

 

 

持ち帰った書状を見ながら相談をしているのです。そこには、おとわの出家をして領土の安堵と書かれています。折をみてもとに戻ることを考えていた直盛は渋い顔になります。おとわが戻れないとなると、家督はどうなるのか。

 

 

 

また、小野政直(吹越満)らが小野家を入れるように言ってくるのではないか。そんな不安を感じながらも、あまり先のことを考えてもといって結論を急がずにそのい会話は終了していきます。

 

 

 

そして、南渓はおとわをしばらく寺であずかりたいと直満に伝え本格的に出家の道に退路を断たれたのでした。そして、直盛がおとわに寺での住み込みの話をします。しかし、今になっておとわは出家したくないといいだしました。

 

 

 

龍潭寺に出家するおとわ

 

 

おとわは、出家したら亀之丞と夫婦になれないからとぶつぶつと文句を言いだしたのです。しかし、おとわの出家は井伊家の領土の安堵と引き換えになっているから今更出家しないとはできないと直盛は伝えます。

 

 

 

そこに、千賀(財前直見)はおとわのことを誇りに思う。自分を犠牲にして井伊家のことを守ろうとするなんて誰にでもできることではないと褒められます。おとわは、その言葉にうれしくなりそれほどのことではと答えます。

 

 

 

そうして、おとわの出家がなされるのであります。吉日、おとわの得度式が行われました。法衣に身を包んだおとわは、頭をそりあげます。そして、これより次郎法師と南渓より名付けられます。

 

 

 

次郎とは、井伊家の家督を継ぐものの幼名であり法師は僧侶の呼称です。直盛も次郎を名乗っておったので、女子でこそあれ次郎法師だと南渓から説明を受けます。とわは、直盛と千賀に立派な次郎法師になると宣言します。

 

 

 

その勢いのまま龍潭寺に向かう次郎法師。龍潭寺にやってくると、門の前で昊天(小松和重)と傑山(市原隼人)がおとわを待っています。そのまま門に入ろうとするおとわに、傑山に担がれ投げ捨てられます。

 

 

 

傑山は、ここで入門をお願いして許されなければ寺には入れないといいます。そのため、おとわは何度も傑山に突進していきます。そして、何度も傑山に放り投げられてしまいます。

 

 

 

たまらず、おとわは南渓にこれはいったいどういうことかと確認します。すると、南渓はおとわに何しにここにきたと聞きます。おとわが家の事情で出家に・・・と話すと僧とはなんぞやと禅問答が行われていきます。

 

 

 

おとわは、昊天にいったいどうなっているのか聞くとここでは次郎法師が一番の下っ端なので上のものに対して質問も口答えをしてもいけないと言われます。そして、修行室に案内されここで寝泊まりすることの説明を昊天から受けます。

 

 

 

その後、畑に連れていかれ見よう見まねで鍬をふるおとわ。やっとこさありつけたと思ったご飯も鳥の餌のようにすくない。しかも、その中から餓鬼に施すのが僧のつとめだと言われます。そのことに呆然としているおとわ。

 

 


Sponsored Link

 

 

1日で修行から逃げ出すおとわ

 

 

一方、直盛はおとわのことを心配しながら生け花をしています。そこの佐馬助がやってきます。心配か聞かれちょっとと答えていると千賀の怒鳴り声が聞こえてきます。なんと、とわがたった一日で戻ってきたのでした。

 

 

 

お腹がすいて仕方がなかったのでした。おとわは、あんなところで生活すると死んでしまうと必死に千賀に説明するも立派な次郎法師になるのではなかったのかと言われてしまいます。おとわが戻ってきたら領土安堵にならない。

 

 

 

井伊家をつぶす気かと激しく千賀が怒っています。そういわれると、おとわも帰るしかない。こちらから出ていってやるわと龍潭寺に戻るおとわ。その様子をなんとも不憫そうに見ている直盛。

 

 

 

亀之丞とは一緒になれず、尼にもなれず、飯もロクに食えず家にも帰れない。おとわは10歳にして、諸行無常がなんたるかを悟っていたのでした。そして、南渓のもとにもおとわが戻ってきた知らせが入ります。

 

 

 

南渓は、今川の館から戻ってきたときにおとわのことをただならぬ子であると感じたと昊天と傑山に話します。そして、お姫さまとして育てる人物ではないと感じたのだと言います。

 

 

 

直満の領土が小野政直のものに?

 

 

一方、井伊家では評定が行われています。そこに、小野政直(吹越満)がやってきて今川からの下知だと亡くなった直満(宇梶剛士)の領土を自分が治めることになるというのです。

 

 

 

そのことに納得のいかない佐馬助たち。特に怒っているのは井伊家の分家である中野直由(筧利夫)。しかし、小野政直は要件だけ言って急いで帰っていきました。そのため直由は、直盛に悔しくはないのかと怒ります。

 

 

 

直満が亡くなったのも、おとわが出家に追い込まれたのも全部小野政直のせいではないか。ただ我慢するだけしかできないのか。そういって怒りをあらわにしました。そこに直平がやってきます。

 

 

 

なんと、父の敵を討ちたいと言っている武士がいるといいます。それは、洞穴にいた北条の密使の息子になります。しかし、直盛が小野政直だというと自分たちが北条の味方をしたことにならないかと言います。

 

 

 

直平は、村のものに噂を流させればいいと話します。自分たちが直接ではないので問題ないと。その案に、中野直由や奥山朝利(でんでん)も乗り気です。これは、小野政直をおいやるまたとないチャンス。そういって直盛に決断を仰ぎます。

 

 


Sponsored Link

 

 

おとわは托鉢へ出かける

 

 

一方、おとわの方はお腹が減って力がでません。そこで、南渓にどうしてみなは力がでるのかと確認します。すると、南渓は腹が減っているのであればもらいに行けばいいとアドバイスします。

 

 

 

托鉢といってもらいに行ってもいいと言われた、おとわはすぐに寺から出ていくのでした。そのことを聞いて、昊天は何の作法も教えずに行かせたことを心配がります。しかし、南渓は楽しみだと言って笑っています。

 

 

 

直盛の部屋の花は、やや枯れかけています。そんな花をみながら考えている直盛。そこに千賀がやってきていることにも気づきません。千賀が花を変えなければというと、そうだなと言って太刀をつかんでちと出てくると家をでます。

 

 

 

龍潭寺を出たおとわですが、托鉢といっていろんなところに食べ物をもらいに行ったが邪魔者扱いされて追い払われるだけでした。それまで、当たり前のように食べ物がでてきた井伊家とは違い地獄のような状況です。

 

 

 

そして、かえっていると畑に蕪があるのを発見します。人影がなく、急いで引っこ抜きます。それを龍潭寺にもってかえって土さえ払わずにかぶりつきます。誰かにみつかったらヤバイと想い急いで一気に食べます。

 

 

 

鶴丸に励まされ竜宮小僧になるおとわ

 

 

そこに、鶴丸がやってきてみつかってしまいます。おとわは、出家などもう嫌じゃあと言って泣きじゃくります。おとわが泣き止むのを待って、鶴丸は聞きます。出家とはそういうものだと思わなかったのか。

 

 

 

しかし、おとわは寺習いをする程度のものと思っていたといいます。こんなことなら鶴丸と婚約しておく方がよかったと話します。亀之丞との竜宮小僧になるという約束も果たせないというのです。

 

 

 

その話を聞いた鶴丸は竜宮小僧だと妻にならなくてもできるのではないか。出家している方が竜宮小僧の役割はできるのではないかと励まします。すると、おとわの顔がみるみる元気になっていきます。

 

 

 

そして、おとわは鶴丸にありがとうとお礼を言うのでした。龍潭寺に戻ったおとわは南渓に亀之丞の竜宮小僧になると宣言します。南渓和尚はなんのことかわからないながら、竜宮小僧は困っている者があれば人知れずに助けてくれると話します。

 

 

 

すると、おとわはわかったと言って再び飛び出していくのでした。そして、そこに直盛がやってきて、傑山を貸して欲しいと南渓和尚に話します。

 

 

 

おとわは、先ほどの飯屋のところに行きます。そこに俸手振りがやってきて相談をもちかけます。飯屋の主は、水桶に水をくんでこなければならず大変だと思って水桶をみるとなんと水がすでに入っています。知らない間におとわがくんでいたのです。

 

 

 

飯屋の主は、おとわの存在に気付いてさっきのガキじゃないかといいますが、鉢に残り者を入れてくれたのです。竜宮小僧が目的だったおとわは施しを受けるつもりはなかったですが、お腹がすいていたので猛烈な勢いで食べるのでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

直盛が政直を助けることに

 

 

小野政直は、もうすぐ直満の領土が手に入ると酒をのみほろ酔いでかえってきます。そこに、政直を切りにかかるものがいました。政直は刀を抜く間もない。政直はとっさに目をつぶったがいつまで経っても切られないと思い目をあけます。

 

 

 

すると、そこには政直を切ろうとした若い武士を直盛の家来たちが取り押さえていたのです。直盛は、その若い武士に政直はおぬしに恨みをかう理由はないといいます。若い男は仕方なく堪忍します。

 

 

 

南渓に借りた傑山が、ずっとその若い武士を見張ってくれていた結果でした。なぜ、政直のような男をかばうと若い武士に言われながらも直盛はかばってはおらぬといい、家来に国境までいかせたのでした。

 

 

 

政直は、直盛にお礼をいいますが直盛はいいます。直満の領土の半分は諦めよ。そういい、もしあきらめないなら切るとさえいいます。そのことで、所領は半分が小野政直のものに半分が井伊直盛のものになったのです。

 

 

 

翌日、直盛は佐馬助になぜ政直を助けたのか聞かれます。直盛は、鶴丸から父を奪いたくなかったのだというのでした。その後、おとわは亀之丞の竜宮小僧になるために修行を続けます。

 

 

 

しかし、亀之丞からはなんの便りもありません。もはや亀之丞の生死すらわからないまま時は9年も経過していたのです。おんな城主直虎第4話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎第5話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 5話ネタバレ,あらすじ「亀之丞帰る」

 

おんな城主直虎第3話 ネタバレ・あらすじ「おとわ危機一髪」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

 

 

 


おんな城主 直虎4話ネタバレ,あらすじ「女子にこそあれ次郎法師」記事一覧

このページは、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第4話の感想をお伝えしていきます。「おんな城主 直虎」の3話のあらすじの最後におとわ(新井美羽)がなんとか今川の人質を免れることができました。「おんな城主 直虎」の第4話はその続きからスタートします。4話の内容を簡単にまとめると、おとわが出家し次郎法師となります。しかし、出家して僧になることが大変でおとわは泣き出してしまう。そんな回でした。...

このページの先頭へ