MENU

おんな城主 直虎 6話ネタバレ,あらすじ「初恋の別れ道」

おんな城主 直虎6話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎6話「初恋の別れ道」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主・直虎ネタバレ・あらすじを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

 

 

おんな城主 直虎第5話のネタバレ・あらすじで、亀之丞(三浦春馬)が戻ってきて、おとわ(柴咲コウ)に還俗してもらい、かならず夫婦になると言います。

 

 

 

 

その言葉をうれしく思い、胸が熱くなるおとわでありました。「おんな城主 直虎」の第6話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。タイトルは「初恋の別れ道」になります。

 

 

 

しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第6話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ6話

 

 

井伊家において、亀之丞の元服の儀式が行われようとしています。そして、本日から亀之丞は直親と名を改めるよう直盛(杉本哲太)から正式に言われます。

 

 

 

元服式が終わると、井伊家のみなで宴が催されます。これで、井伊家の世継ぎも安心だとみな口々に話しています。直平(前田吟)も10年待ったうえの元服に喜びもひとしおでした。

 

 

 

しかも、直親が離反人の子であるにもかかわらず逃がしてくれたことに対するお礼を言うとともに、一度亡くしたような命であるため全身全霊で井伊家のために働くと宣言する姿に直平の感動は最高潮に達し思わず泣いています。

 

 

 

そして、直盛は直親に奥山孫一郎と小野玄蕃(井上芳雄)を紹介します。一緒にこれからの井伊家を盛り立てていってほしい。そういわれる直親。すると、直親は直盛に次郎法師はいつ還俗できますかと質問します。

 

 

 

直盛は、答えにこまります。直平が助け船をだしておとわのことも考えねばのというのですが、はぐらかされているような態度を直親はどこか違和感を感じていました。そこに、小野正次(高橋一生)が口をはさんできます。

 

 

 

直親が戻ってきたことの許しを得るのがまずは先決ではないか。次郎法師の還俗はその後にするべきではないか。そんな話をします。その言葉に佐馬助(苅谷俊介)も同意します。

 

 

 

直親は、事情がよくわからなかったので納得がいかなかったが、ただうなずくしかなかったのです。一方の次郎法師は、畑仕事をしていますが頭の中は直親のことでいっぱいです。夫婦になるつもりと言われても、普通の女子に戻れるのか。

 

 

 

そんな不安が次郎法師の中にはありました。そこに、元服式を終えた直親がやってきます。その姿に次郎法師はみとれます。そして、一緒に直親の父である直滿(宇梶剛士)のお墓に元服の知らせをしにいきました。

 

 

おとわの出家が本領安堵の条件

 

 

墓参りを終えた直親は、おとわに聞きます。直盛におとわの還俗のことをきいたのだが、まずは自分が戻ってきたことの許しを得ることが先だと言われたことを話します。同時にすればいいのになぜかとおとわに確認します。

 

 

 

すると、おとわが自分の出家が今川との本領安堵の条件となっていることを伝えます。なぜそのようなことになっているのかと眉間にしわをよせる直親。おとわは、直親が帰参を許してもらうだけで大変なので、自分の還俗まで願いでるのは難しいと思う。

 

 

 

そう本音で伝えます。しかし、それでも直親はなにか策はあるというのでした。くれぐれも無理はしないように言うおとわに無茶はしないと約束する直親。その晩、井伊家では佐馬助と直盛、直平で次郎法師の還俗について話あわれます。

 

 

 

10年も前のこと覚えていないだろうという直平。今更、うかがいをたてることでやぶ蛇になるのではないか。そんなことを直盛も思っています。しかし、佐馬助だけは決まり事には細かくきっちりしているのでもしわかったら大変だといいます。

 

 

 

そして、佐馬助と直平は立場の違いから思わず激しい言い争いになります。なんとかその間に直盛が入り、佐馬助に今川家の様子をさぐってきてほしいとお願いします。一方の次郎は、還俗のことについて思い悩んでいました。

 

 

 

そこに、南渓和尚(小林薫)がやってきて昔、道威という王がいて、その下に2人の大臣がいた。その二人の大臣の道威力は2つの饅頭を渡した。一人は二つの饅頭を一つ食べもう一つを子供にあげた。

 

 

 

もう一人も一つの饅頭は食べ、もう一つは大事にとっておいてカビをはえさせてしまった。その後、道威はどちらに大臣に残ってもらったのか問題をだします。次郎法師は、即座にこどもに饅頭をあげた方ではと答えます。

 

 

 

しかし、道威は饅頭をカビさせた方を選んだといいます。それはなぜかという問題を次郎にだす南渓。次郎がそれを考えている間に南渓和尚はその場からいなくなります。

 

 

 

佐馬助は、直盛の命を受け今川家に様子を探りにきました。すると、今川に従う小県の国衆がたくさんすわっています。その席の一人に佐馬助は声をかけられます。そのものの話では、今の今川家に何か願いでると兵を出せといわれるといいます。

 

 

 

尾張の織田を攻めがどんどんうまくいき進出しているために、兵が足りない状況なんだという。そのことで、次郎法師の還俗どころではないと一気に暗い気持ちになる左馬助だったのでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

小野政次は直親に何を思う?

 

 

一方、小野家では兄弟で碁を打ちながら直親の話をしていました。頭領になるためにうまれてきたような人だと直親のことを評するのは弟の玄蕃です。10年も隠れていたので、人がいいだけではないそういうのです。

 

 

 

そこに、十年も留守にしていたからという理由で領地を見回っているのです。そのために、小野家の近くを通りかかった直親がやってきたのです。直親は、政次にまだ嫁をもらっていないのかと聞くと、玄蕃が奥山に縁談を断られましてといいます。

 

 

 

直親は、わからないことがおおいからよろしく頼むなと言ってかえっていきました。直親が井伊家に戻ると、井伊家では今川が今願い事をお願いすると軍を出すように言われると直盛が佐馬助から説明されています。

 

 

 

直親の戻ってきたことについては願いでるが、次郎法師の還俗については諦めて欲しいと直盛に言われるのでした。直親は、自分が帰参するだけでもありがたいとこれ以上、おとわのことを申さないと約束をしたのです。

 

 

 

その一部始終を千賀(財前直見)がおとわに伝え直盛も恨まないでほしいと謝ります。おとわは、自分のまいた種なので仕方ないことですと笑ったのでした。千賀は、無理に笑顔をつくる次郎法師が不憫でならない思いでいっぱいでした。

 

 

 

その話を傍らできいていた南渓が直親はどのような反応だったのか確認します。すると、もう二度とおとわのことを申し出ないと約束をしたというと・・・隣にいた次郎法師の顔が大きくゆがみました。

 

 

 

次郎が席を外した後に、千賀はあの子にばかり背負わせて申し訳ない気持ちでいっぱいの様子です。しかし、南渓が納得いかないのは直盛がそんなに簡単に還俗をあきらめたことです。

 

 

 

次郎法師は死ぬ?

 

 

井戸を見ていた次郎は、結局直親にも策はなかったかとため息をつきます。そこに、直親がやってきます。還俗の話は聞いたかとおとわに確認する直親。そして、かくなる上は死ぬしかないと本気で話します。

 

 

 

しかも、死ぬのはおとわだけです。おとわが井伊家の総領娘だから一緒になれない。そうれであれば、死んだことにすればいいというのです。名前を変え別人として、直親と一緒になれば大丈夫だと話すのです。

 

 

 

しかし、さすがのおとわもすぐにうんとは言えない。直親は、おとわが隠れるのは川名の隠れ里がいいといいます。しかも、それは直平が一番ばれないと教えてくれたというではありませんか。そう直平は、直親に力を貸すと協力してくれているのです。

 

 

 

おとわは、直盛や千賀にも会えなくなることや死ぬことで大騒ぎになることを心配します。直親は最後に笑えばいいではないかと計画を実行しようとおとわを説得します。すると、おとわも決心するのでした。

 

 

 

その様子を南渓に言われて、傑山(市原隼人)がみていました。南渓はおろかなことをといいながらも、最終的には次郎法師が決めることだというのでした。おとわは直親が書いた遺書を手に、幼いころに飛び込んだ淵を眺めます。

 

 

 

もうあとは、実行あるのみの状況になります。そして、井伊家の館をみて涙ぐむおとわに千賀が外出してきて声をかけます。なんでもないと話しでかけたおとわ。これまで、お世話になった場所を様々訪れお世話になりましたと言い別れを告げます。

 

 

 

千賀は家に戻った後に、直盛にそのことを話ます。直親に側室をとらせて、後におとわが正室になるという形でいいのではないか。娘の異変に気付いていた千賀は一生懸命になって直盛に気持ちを伝えます。

 

 


Sponsored Link

 

 

饅頭の答えが直親への回答に

 

 

その頃、おとわは遺書を部屋で書いていました。しかし、南渓に言われた女子にこそあれ次郎法師という言葉が頭に浮かびます。そして、予定通りの時間に直親の待つ場所に行きます。

 

 

 

しかし、おとわは息をのみ込み直親に死ねぬわというのでした。なぜか聞く直親に、おとわは南渓に問題を出されたまんじゅうの話をします。二つの饅頭を一時に食べたり、人に与えてしまってはなくなってしまう。

 

 

 

せやけど、もう一つ残しておけば本当に困ったときにもう一度食べ与えることができる。情に流され二つとも食ってしまうのは愚か者のすることだというのです。

 

 

 

直親は、それをきいて還俗するのは直親になにかがあったときでありたいということかとおとわに聞きます。おとわは、井伊のために死んだりすることはできぬ。ただそういうのでした。

 

 

 

直親はなおも懸命におとわのことを説得するのですが、おとわの決意は固い。それではな。そういってその場を去ろうとするおとわ。それを直親が後ろから抱きしめます。しかし、そのひと時も終わりお互いが涙して別れます。

 

 

 

朝早く、龍潭寺にはおとわのところに千賀の姿がありました。千賀は、直盛が時間がかかっても必ず還俗を取り付ける約束をしてくれたといいます。そして、千賀はおとわ我慢ばかりさせたことを謝ります。

 

 

 

次郎法師は、もうよいのです。今のままがいいのですというのでした。一方の直親には、直盛が説明します。しかし、直親はたとえ待ったとしても次郎法師は誰よりも井伊家のことを想っているがゆえに一緒にはなってくれないと答えます。

 

 

井伊直親としのが祝言

 

 

井伊家の評定では、次郎の還俗の話は今川にはもっていかずに直親が帰参したことについてするとまとまります。小野政次は、本当にそれでいいのかと直親の方を見るがまっすぐ前を向いて直親の顔にもう迷いはありません。

 

 

 

そこに、奥山朝利(でんでん)が以前、自分の娘・しの(貫地谷しほり)と小野政次との婚礼の話がありましたがそれが壊れたので直親とどうでしょうかと提案します。すると、直親は次郎以外であればだれでもいいとばかりにその申し出を受けたのでした。

 

 

 

評定が終わり、笛を吹き終わった直親に政次が聞きます。奥山朝利の突然の申し出に腹を立てなかったのか。そういわれた直親ですが、政次もそろそろ身を固めたらどうかというのです。おとわは待っていても政次のものにはならないと付け加えます。

 

 

 

そのことに、ムッとする政次。二人で話をしている所を直親は呼ばれ、その場を去ります。その後、近日にしのと直親の祝言が行われました。おんな城主直虎第6話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎7話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 7話ネタバレ,あらすじ「検地がやってきた」

 

おんな城主直虎 5話ネタバレ,あらすじ「亀之丞帰る」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ