MENU

おんな城主 直虎 7話ネタバレ,あらすじ「検地がやってきた」

おんな城主直虎7話

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎7話「検地がやってきた」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

 

おんな城主 直虎第6話のネタバレ・あらすじで、亀之丞(三浦春馬)が元服して直親に命名を変更します。そして、おとわ(柴咲コウ)とあの手この手で夫婦になろうとしますが、おとわが断ります。

 

おんな城主 直虎7話の感想はコチラ

 

 

 

おとわは、南渓和尚(小林薫)の饅頭の話に例えて井伊家のために二人が一つにならない方がいいと名前を捨てることをやめます。お互いが好きだけど夫婦にはなることができない。

 

 

 

その結果、直親はしの(貫地谷しほり)と結婚することになります。「おんな城主 直虎」の第7話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。タイトルは「検地がやってきた」になります。

 

 

 

しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第7話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ7話

 

 

次郎法師は、今日も竜宮小僧の仕事をしています。そこに、井伊の館から笛の音が聞こえてきます。直親の吹く笛です。それにあわせて、太鼓をたたく音も聞こえてきます。昔、自分が直親の父・直満(宇梶剛士)に太鼓をもらったことを思い出します。

 

 

 

そんなことを考えながら再び里へと歩きだします。一方、今川の屋敷では直親の帰参を認めて欲しいと小野政次(高橋一生)と佐馬助(苅谷俊介)がかけあっています。今川義元(春風亭昇太)は、井伊の娘であるおとわと夫婦になるのかと確認します。

 

 

 

しかし、二人は夫婦にはならないことを知った今川義元は井伊家の検地をおこなうと話します。そのことを、井伊家の評定で話す佐馬助。そのことに奥山朝利(でんでん)と井伊直盛(杉本哲太)はおとがめがなかったとあっさりと納得します。

 

 

 

せやけど、曾祖父の直平(前田吟)は検地があることに怒ります。それに、中野直由(筧利夫)も川名を検地することになるのであれば血の雨が降ると怒り心頭です。直盛が直平のことは説得するということでその日の評定は終わります。

 

 

 

そこには、直親が考え込む姿がありました。直親はなぜ直平がそこまで検地を嫌がるのか、直盛に確認します。すると、直盛は川名には隠し里があるということを告げられたのでした。直親は、その隠れ里を見たいといい見に行くと直盛にいったのでした。

 

 

 

検地は、龍潭寺にも伝えられ土地の台帳などについては見せるように今川家から下知があったのです。そのため、次郎法師もその手伝いをしています。井伊家も忙しいだろうと考えた次郎法師だけど、直親がいる井伊家の館にはいけるはずもない。

 

 

 

隠し里を隠し通す決意の直親

 

 

直平は直親を川名の隠れ里に案内します。そこは、馬では入れないような勾配でもしもの時に井伊家の民が逃げ込むためにつくられています。過去に、今川家に攻め込まれた時もわからないように隠れていたことがあったといいます。

 

 

 

直平は、ここが最後の砦だとこの隠れ里はどんなことがあるかわからないため備えておくべきだと考えているといいます。そして、井伊家に戻った直親は驚く発言を直盛と佐馬助にします。

 

 

 

それは、隠し里をなかったものとして案内してはどうかというものでした。これまで、検地をされたことがないし絵図にも元々のっていない。そのため、わざわざ今川家の役人をそこに案内しなければいいのではないかというのが直親の意見なのです。

 

 

 

自分が帰参したことがきっかけで井伊家の最後の砦を失いたくない。そんな思いも直親にはあるのです。そのため、川名の隠し里については自分にまかせてほしい。そう直盛に願いでたのです。

 

 

 

その後、直親は龍潭寺にいる次郎法師のもとを訪ねます。川名の隠し里を隠しとおすので協力してほしいとお願いしにきたのです。直親の願いは、井伊家に検地にくる者の好みや弱みを知りたいという内容でした。

 

 

 

直親は、子供の頃から知っているものが今川家にいるという次郎法師に情報を集めて欲しいとお願いしたのです。それは瀬名(菜々緒)のことですが、次郎は瀬名が今川の内部のことをどこまでくわしいのかわからない。

 

 

 

それでも、やれることだけやってみると直親と約束する次郎法師。直親が家に戻ると、しのが声をかけます。直親が次郎法師に頼み事をしてきたという言葉に寂しそうな顔をするしの。

 

 

 

その後、直親は明日から直平のところに行くと伝えられますます寂しい気持ちになるのでした。翌日から直親と直平は川名の隠れ里の隠蔽工作を始めます。一方、他の土地でも検地の準備が行われており中野直由が小野政次に土地台帳をもってきます。

 

 

 

しかし、その台帳をみると村が半分ないようなものになっています。政次はすべて完璧にするようには言わないですが、これだけひどいともう一度、小野家に検地をするように命じられてしまいます。

 

 

 

そうなると、小野家がさらに強い力をもつことになってしまいますよと正直に直由に伝えます。そのことに、直由は今川にしっぽをふりおってと捨て台詞をはいてかえっていくのでした。

 

 

 

また、政次が不安に思っていたのもやはり川名のことでした。弟の玄蕃(井上芳雄)に確認すると、まだ書類ができていないと言われます。その晩、直親は次郎法師に今川から返事が来たか確認しますがまだ返事はきていません。

 

 

 

次郎法師は、直親にこの話を政次にしているのかと確認します。しかし、直親は政次は父の政直(吹越満)のようにはしないと思っていると笑います。直親と同じような思いをもっているであろうと思うのでそこに賭ける。

 

 

 

そう直親の話す言葉に、一抹の不安を感じながらも次郎法師は自分も同じ気持ちだというのでした。その後、直親は政次の屋敷に向かい川名の指出をもっていきます。

 

 


Sponsored Link

 

 

政次に川名の隠し里を託す直親

 

 

隠し里のことは別帳簿にしている。そのことを政次が突っ込むと、直親は川名の隠し里はないことにしてしまいたい。しかし、鶴は今川の目付け役を申し受けているので見逃すわけにはいかないという立場もあるだろう。

 

 

 

なので、鶴が隠すことに加担したくないなら両方を貼り付けて今川に渡せばいいし、ひと肌ぬいでくれるのであればそのまま破りすててくれと直親がいいかえっていきます。幼名で呼ぶあたりがこの二人の関係の強さをうかがわせます。

 

 

 

それを傍でみていた玄蕃は小野のことをここまで考えてくれたことはないと感動します。ただ、政次は逆でありました。先回りされたことに腹を立てたのです。なんやわからんけど、無性に腹が立つ。そう政次は怒ったのです。

 

 

 

玄蕃は、なぜ怒るのかわからないと思い竹馬の友とはいいものですなというのでした。しかし、政次はそんな弟の言葉とは裏腹に2つに別れた台帳を見つめるのでした。

 

 

 

翌日、政次が井伊家の館にやってきます。検地で今川家に提出する書類をもってきたのです。直親はおそるおそる川名の隠し里を見るとそこには、隠し里の台帳はなかったのです。政次は、昨日のうちに破りすてたといいます。

 

 

 

そして、いよいよ今川家からの検地が始まります。その前に、政次が龍潭寺の井戸の近くにやってきています。政次は、自分の思うように進むように神頼みにやってきたと次郎法師に話します。

 

 

 

その胸の中にはなぜか、捨てられたはずの隠し里の台帳が入っています。今川から検地にきた岩松は無愛想でみるからに堅物でした。そんな岩松に土地台帳を差し出す直盛。

 

 

 

岩松は差し出されたすべての領地を見て回るといい、直親は内心焦っています。しかし、案内役を務める直親が休む間はありません。すぐに、村を歩きまわる岩松の傍にいます。田の大きさもロープでしっかりと図ります。

 

 

 

几帳面で細かい岩松に直親は苦労しそうな予感を感じるのでした。その晩、岩松らをもてなすために井伊家の館では宴が用意されています。しかし、しのや千賀(財前直見)が酒をつごうとしても明日は朝一番に川名に行くので酒は飲まないというのです。

 

 

 

そのことに、直親は焦り遠いけども川名にいくのかと岩松に確認します。しかし、すぐさま行くとの返事が返ってくるだけです。その後に、直親は次郎法師のところに行き手紙の返事はまだ来ていないかと確認します。

 

 

 

しかし、次郎法師はまだ来ていないといいます。そして、次郎法師はずっと気になっていた朝、政次がお参りにきていたことを直親にはなします。「俺のおもうよう」にうまく運ぶように祈願していると話していた政次のことがずっと気になる次郎法師。

 

 

 

そのことを直親にいいます。その話を聞いたとたんに直親の顔が急変します。隠し里は報告しないと政次は言ってくれたという直親だが、じっと何かを考えています。

 

 

小野家に頭を下げる次郎法師

 

 

一方、小野家では政次が川名の隠し里の台帳に目をやっています。そこに、なんと次郎法師が夜遅くやってきます。次郎法師は政次にこの通りじゃと頭を下げます。直親に協力してやってほしい。そのように願いでたのです。

 

 

 

しかし、政次は直親に頼まれてきたのかと冷たく言い放ちます。次郎は、違う。勝手に自分で来たと言います。政次はそれでも、還俗して俺と一緒になるか。政次は、直親のせいでおとわとの結婚。直親が帰ったことでしのとの結婚のチャンスも失った。

 

 

 

もう、俺はもう失敗は許されないのだというのです。政次は、一緒になる覚悟がないなら寺に戻ってお経でも読んでおれと違う部屋に行きます。それでも、次郎法師はずっとそこで政次と話しをできることを待っています。

 

 

 

それでも、政次は一晩ずっと相手にしません。翌朝、政次が出立する馬の声で起き、次郎法師は急ぎ井伊家の館に向かいます。そこで、南渓和尚から今川家からの文が届いていると渡されます。それをもって、急ぎ川名にうまを走らせます。

 

 

 

その様子を見たしのは涙でボロボロです。それを見た千賀がどうしたのかというと、直親は龍潭寺に行ってばかりだし今度は次郎法師が川名に向かうことで、元許嫁とそんなに用があるのかとしのは泣いていたのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

政次の知恵が井伊家を救う

 

 

その頃、川名では直平立ち合いのもとで検地が行われています。一通り見終わった、岩谷は隠し里の入り口に気が付きます。直親がそこは違うとなにもないと慌てていうも、岩松はどんどん進んでいきます。

 

 

 

そこに、次郎法師もやってきて一番後ろでみています。そして、岩松の家臣たちがその隠し里を発見し今川をだまそうとしたのかと直親を問い詰めます。まさに今川家と一触即発の状況に陥ります。

 

 

 

もうここまでと、政次が懐の台帳を出そうとすると、直親がここは井伊家ではないと岩松に言います。その証拠に台帳には載っていなかっただろうというのです。では、どこのものだと岩松は強くいいます。

 

 

 

しかし、直親は帰参したばかりでわからないが台帳を政次にもっていったときもなにも言ってなかったというのです。政次は自分のせいにするのかと頭でかっとなります。

 

 

 

それでも、岩松に理路整然と昔、皇子が住んでいたことから井伊家の領土でありながら井伊領でないという扱いになっている。そう言ってなんとか切り抜けるのです。そして、岩松は次郎法師に気付きこの者は何者かと直親に聞きます。

 

 

 

直親は龍潭寺の僧だと言います。なぜ龍潭寺の僧がいるのか聞かれた次郎法師は、瀬名から聞き岩松の奥様の月命日なのでお経をあげたい。そう話したのでした。

 

 

 

次郎法師は、瀬名からの手紙に書かれていた岩松がこよなく愛するものは、数、算術、そして亡くなった奥様の内容を上手に活用したのでした。そのお経のことを深く喜ぶ岩松。

 

 

 

翌日、政次が直親に隠し里の台帳を渡します。これをどうするつもりだったのかと直親に聞かれた政次は、それは直親様が決めてくださいといって去ろうとします。すると政次に、直親は井伊を守るのはおとわのためだと思ってもらえないかと言います。

 

 

 

井伊家のためにすべてを捨てたおとわのために一緒に井伊をまもってくれないかと政次に訴える直親。しかし、政次はお前のそういうところが嫌いだと言ってその場をさっていくのでした。

 

 

直親と次郎法師の距離をつくる千賀

 

 

その夜、直親は千賀と直親に呼ばれ、山一つ離れたところに住むように命じられます。直親はすぐにピンときます。直親はおとわとは何もないといいますが、男女の仲ではなくても強い絆がある。

 

 

 

だから、しののためにも早く子をつくれと直盛に言われる直親でした。引越しのことは、翌日、次郎に直盛から報告がいきます。そのことで妙に寂しくなる次郎法師なのです。そして、ほどなくして政次の弟の玄蕃にしのの妹が嫁入りすることになります。

 

 

 

そこには、直盛の小野とのつながりを強める狙いがありました。それと同じころに、今川の方でも婚姻の話がありました。瀬名と竹千代から元服を終え松平元信になった二人の縁組が行われたのです。

 

 

 

そのことを喜ぶ寿桂尼(浅岡ルリ子)と義元。この正信が今川と井伊の命運を握る存在になるとはこの時、まだ誰も知る由もなかったのです。おんな城主直虎7話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎8話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎 8話ネタバレ,あらすじ「赤ちゃんはまだか」

 

おんな城主直虎 6話ネタバレ,あらすじ「初恋の別れ道」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

 

 


おんな城主 直虎 7話ネタバレ,あらすじ「検地がやってきた」記事一覧

このページは、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第7話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の6話で直親(三浦春馬)と次郎法師(柴咲コウ)が別々の道を歩むことになりました。「おんな城主 直虎」の第7話はその続きからスタートします。7話の内容を簡単にまとめると、直親の帰参の許しを得るために今川家に願いでると検地がやってきたことで小野政次(高橋一生)といろいろありつつもなんとか切り抜ける...

このページの先頭へ