MENU

武田信玄 11話のあらすじ・ネタバレ「越後の虎」

虎

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第11話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第11話のタイトルは「越後の虎」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第11話あらすじ・ネタバレ「越後の虎」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ11話

 

 

武田信玄10話のあらすじ・ネタバレでは、攻め戦をどんどん行っていく晴信(中井貴一)。また、側室の湖衣姫(南陽子)に男の子が生まれてたんな。武田信玄11話のあらすじ・ネタバレはそのつづきから始まるねんね。

 

 

 

佐久勢を攻めると後ろ盾に村上義清(上條恒彦)が出てくるので板垣信方(菅原文太)は、今正面から戦えば負けるかもしれないぐらい力があると言います。真田幸隆(橋爪功)も決死の想いで来るから、武田勢は苦戦するかもしれないと言います。

 

 

 

晴信は、戦となれば皆が死にもの狂いだと言います。滋賀城での出来事があるので、相手はそうなりたくないと考え必死にくるのではないかと話します。

 

 

板垣は、一旦軍議して再度考えてはと申してんけど、晴信は今回は軍議を開かずにと出陣するから準備するように命令を下します。年が明け、佐久に戦をしかけていく晴信。

 

 

 

板垣の予想通り村上義清の軍2000兵が出陣してきてんな。晴信は、明日1日で倒すと意気揚々というねんけど、重臣・原昌俊(小林克也)が2日間の猶予をいたかでないかと申します。

 

 

戦を急ぐ晴信

 

 

晴信は、2日間も待てないというのですが、板垣も2日待つ方が相手の動きも見えるのでいいとアドバイスします。村上義清が上田河原で戦をすることを選んだには何か理由があるかもしれないと、重臣らはなんとか晴信を止めようとします。

 

 

 

しかし、それでも晴信は戦には勢いが大事だと強引に出発します。重臣たちは不安がります。今回の戦は正念場になりそうだと心配します。村上義清は、晴信の首を持ってくることが今回のたった一つの目的た。一日が勝負だと言います。

 

 

 

板垣は、晴信のために戦で死を覚悟しています。それぐらい今回の戦は勝敗がわからない戦いだったのです。板垣が先陣をきります。どんどん進む武田軍だが、村上義清軍がいません。

 

 

 

武田軍は村上義清の策にはまってしまい挟み撃ちにされてしまいます。そして、先陣を切った板垣は何本もの刀を刺され殺されてしまいます。また、甘利虎泰(本郷功次郎)も鉄砲で撃たれて討ち死にしてしまいます。

 

 

 

武田軍はこのことで一気にピンチに陥ります。そして、晴信は攻められ兵を引きことになります。村上義清は晴信の首を必死に狙います。敵兵は、晴信の本陣までやってきますがなんとか逃れます。

 

 

 

そして、晴信のクビがとれずいら立っている村上義清が兵を引く合図をします。村上義清軍も武田軍との戦で相当の痛手を追ったのです。晴信の本陣では、板垣と甘利の死体が並べられています。

 

 

 

晴信は、その2人を見て涙を流します。しかし、そのかたき討ちをしようと考えます。重臣たちが話あっています。なんとか晴信を止めなければ・・・引き時が肝心だと忠告するように言われる弟の信繁。

 

 


Sponsored Link

 

 

大井夫人が晴信をしかりつける

 

 

板垣と甘利が討ち死にしたことが、甲斐に知らせされます。そのことで、母の大井夫人(若尾文子)がいかなる理由があってもすぐに兵を引くように晴信に伝えるように申し付けます。

 

 

 

それでも、晴信は上田原に20日余りとどまり続けます。大井夫人は、戻ってきた晴信をしかりつけます。板垣と甘利が亡くなったのは晴信の責任であると言います。大井夫人は年に2度も出陣し数多くの兵を失ってきた。

 

 

 

そのことを知らしめるために、板垣と甘利は同時に死んだのではないかと伝えます。さもなくば、一日の戦いで2人とも命を落とすなどと考えられない・・・そう大井夫人は晴信をしかります。

 

 

 

国主は、苦しき道で自らを律することなくて国は立ち行かなくなると厳しく言われます。そのことを深く反省する晴信。

 

 

 

その頃、越後に荒武者が現れます。名前は、長尾景虎(柴田恭兵)。正義の戦だと自らの兄との戦をします。兄を滅ぼし、越後の春日山城に入ります。この長尾景虎こそ、後の上杉謙信になります。

 

 

 

戦をみだりにすることjは禁止し、戦は私利私欲があってはならず神の命により行うものとする長尾景虎。甲斐の武田晴信が信濃を荒らし、越後に来る気配があること。

 

 

 

今後、行い改めなければ天罰を下すと家臣にその決意表明をします。武田信玄11話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄12話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 12話のあらすじ・ネタバレ「海の北条」

 

武田信玄 10話のあらすじ・ネタバレ「国造り」

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


このページの先頭へ