MENU

武田信玄 12話のあらすじ・ネタバレ「海の北条」

うみ

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第12話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第12話のタイトルは「海の北条」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第12話あらすじ・ネタバレ「海の北条」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ12話

 

 

武田信玄11話のあらすじ・ネタバレでは、晴信(中井貴一)が周囲の反対を押し切りどんどん戦をしかけていったために、甘利虎泰(本郷功次郎)や板垣信方(菅原文太)が死んでしまいます。

 

 

 

そのことで、大井夫人(若尾文子)にしかりつけられる晴信。その続きから武田信玄12話のあらすじ・ネタバレが始まります。湖衣姫(南陽子)と晴信の息子・四郎の容態が思わしくありません。

 

 

 

湖衣姫は、四郎が死ねば自分も死ぬといいます。晴信は湖衣姫の慈愛があれば死にはしないと言います。湖衣姫はもしかして、父の怨念が四郎をこのような病気にしたのではないか。

 

 

 

そう話す湖衣姫。湖衣姫が諏訪を捨て、晴信の元におることを恨んでおるのかもしれない。そう晴信に真剣に伝えるんですね。これまでは、三条の方(紺野美沙子)を恨んだこともあった。

 

 

 

しかし、今はそんなことはない。だから、四郎を助けて欲しい。そう晴信の胸で泣きつく湖衣姫。そして、晴信のところに八重(小川真由美)がやってきて、次郎が高熱を出しているときます。

 

 

 

晴信は、三条の方のところに行き次郎に会います。次郎に寝るように伝える晴信。三条の方のいうことを聞かない次郎に、人の話を聞くことようにいう晴信。

 

 

太郎に説く甲斐の国主とは?

 

 

長男の太郎は、来年が元服なので厳しく飯富虎昌(児玉清)に剣の指導を受けています。戦にでるためにも、武術を鍛えなければならない。ただ、国主たるものは国の行く末を考えるのが一番大切だと言います。

 

 

 

国主は、片手に武術を。もう片手に仁・儀・礼・知・心の5つの徳目を持たなければならないと言います。今日は、これで終わりと指導を終わります。

 

 

 

甘利と板垣の死があってから1年経ちます。家臣たちは、そのことを早いと言って懐かしみます。家臣たちは、現状の武田家のことを考えています。そこに、諏訪から使者がやってきます。

 

 

 

周辺におかしい動きがあることを報告していきます。村上義清(上條恒彦)を倒せばというものがおれど、真田幸隆(橋爪功)その後ろには越後の虎・長尾景虎(柴田恭兵)がいてるといいます。

 

 


Sponsored Link

 

 

長尾景虎と北条の戦

 

 

一方、この東国の美しい流れを取り戻すため長尾景虎は北条氏康(杉良太郎)に天罰を加える。そう家臣に宣言します。その北条氏康は、海を見つめています。

 

 

この海の広さが宝だといいます。この無限の広さが、人間の有限を教えてくれると話します。そして、海の幸を食べます。そこに、使者から今川勢が動いているので城に戻るように言われます。

 

 

 

その今川義元(中村勘九郎)は、これからの時代は海だと言います。ただ、家臣は京に上るには陸路になるから織田信長(石橋凌)をなんとかしなければならないと言います。しかし、今川義元は織田信長は石ころだと話します。

 

 

 

そして、晴信もまた海を欲しいと思っているが信虎(平幹二朗)が預かっている貸しがあるので、今川義元は晴信は決して今川をせめて来ないと言います。ぶつかるなら北条氏康だと予想します。

 

 

 

一方、信虎はらん(宮崎萬純)に甲斐に行くように命じ、大事な話をしてくるようにお願いします。武田家では軍議が行われています。半月は動けないので、その後すぐに出陣できるようにみなものに伝えるように命じる晴信。

 

 

 

飯富虎昌は家臣の暮しを見るために太郎を自分の家につれます。太郎は、飯富には側室にいるのかと聞くねん。飯富は、国主は血筋を絶やすことがあってはならぬので、たくさんの側室を抱えるのだと言います。

 

 

 

しかし、太郎はそのことで三条の方が泣いている。女子を泣かせてなにが国主じゃと怒る太郎。一方、湖衣姫の子供である四郎のことで医者が家臣に相談をしています。まだ、晴信にも言っていないが、呪われている。

 

 

 

怨霊にとりつかれているような状況だと話ます。そのような病をみたことがあるのかと聞くと、医者は人を殺した怨霊に取りつかれたときとよく似ていると医者は話ます。

 

 

甚三郎の死

 

 

三条の方が招いた呪いをかけているものを石和甚三郎(丹波義隆)たちは心当たりがあったため探します。そして、呪いをかけているお堂の場所をつきつめた二人は、そのものを殺します。甚三郎たちが晴信にそのことを話します。

 

 

 

晴信はそのことを確認するために、裏方に参ると行きます。すると、甚三郎が三条の方の招いたものを殺したとなると、生きてはいけないと自ら腹を切ります。

 

 

 

晴信が戻ってきて、甚三郎に死んではならぬと言いますが、甚三郎は、これよりおここのところにこれから参り、守りますと言って死んでいきます。このことから、晴信は湖衣姫を諏訪に送るのです。

 

 

 

一方、北条と長尾景虎率いる上杉軍は上野を争い戦になります。また、晴信は佐久に再び攻め込むといいます。村上義清を命運は残りわずかじゃ。出陣じゃ。そう言って、佐久攻めを慣行する晴信。

 

 

 

裏方では、三条の方がなぜ呪いのものを呼んだのかと八重に確認します。八重は、村上義清を呪うためだと話しますが、そのことで湖衣姫が裏方からいなくなったので喜んでくださいといいます。

 

 

 

三条の方はそのせいでますます、晴信の心が離れたではないかと怒ります。八重は、それでも男心は波のようなものだというのです。

 

 

 

そして、三条の方らが裏方に戻った瞬間、三条の大きな悲鳴が響き渡ります。武田信玄第12話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄第13話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 13話のあらすじ・ネタバレ「川中島への道」

 

武田信玄 11話のあらすじ・ネタバレ「越後の虎」

 

 

 


このページの先頭へ