MENU

武田信玄 14話のあらすじ・ネタバレ「尾張の異端児」

天下

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第14話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第14話のタイトルは「尾張の異端児」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第14話あらすじ・ネタバレ「尾張の異端児」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみないでくださいね。

 

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ14話

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ13話で、晴信(中井貴一)たちは平原城を落とし川中島までもう少しというところまできます。また、二男の次郎がはしかの後遺症で目が見えない状況を晴信が知ります。

 

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ14話はその続きから始まります。らん(宮崎萬純)が信虎(平幹二朗)からの書状と伝言を晴信に話ます。信虎は都に上れ、天下をとれ。との伝言を受け、その話は誰にもしないように晴信から厳しく言われます。

 

 

 

そして、晴信は甲斐が都だと思っておると信虎に伝えるようにらんに言います。そう伝えればわかると、らんに伝言します。信虎は、親不孝者がというんですね。

 

 

 

一方、長尾景虎(柴田恭兵)に打たれそうになったと山本勘助(西田敏行)が今川義元(中村勘九郎)に報告するんですね。本当に殺されるかと思ったという山本勘助。

 

 

 

今川義元は、長尾景虎のことを大きく笑います。そして、晴信の動きを見逃すのではないと言われます。そう高笑いして、山本勘助の前を去っていく今川義元。それから半年後、晴信は軍議をしています。

 

 

 

小笠原長時(新井康弘)、村上義清(上條恒彦)を滅ぼす計画を立てております。真田幸隆(橋爪功)が金を使って勝利すると戦わずして領地を手にできるので、その方法も一つだと言います。晴信は、今年は小笠原長時だけで精いっぱいだと話します。

 

 


Sponsored Link

 

 

今川との縁切れる

 

 

信虎の娘で、晴信の姉で今川義元の妻であるおとよが信虎の元亡くなってしまいます。信虎は、今川家と武田家のつながりがなくなるので死んではならぬといいますが、死んでいきます。その知らせが甲斐に届きます。

 

 

 

その知らせは、出陣の準備をしていた晴信のもとにも届きます。晴信は、小笠原への出陣は中止すると話します。今川義元は、小笠原と村上義清と組んで甲斐を攻め落とそうと考えています。

 

 

 

晴信は、こたびは先に動くのはまずい。新たに絆を結ぶなら駿河の今川が先に動くはずだといいます。そのおとよの死の知らせは、大井夫人(若尾文子)の元にも届きます。大井夫人はまだ若いのにと涙します。

 

 

 

このときの大雨で、川が荒れ果ててしまいます。堤防を乗り越え川が氾濫しはじめます。飯富虎昌(児玉清)がsの対応に追われます。そこに、次郎からの声が聞こえます。次郎が晴信を呼び竜王の土手が切れますると話します。

 

 

 

すると、晴信は急ぎ竜王の土地に向かいます。そして、晴信が向かった先の小屋に赤子がいてます。いつ崩れるかわからないから、誰もいかないように飯富虎昌が言います。しかし、次郎が見えぬ目のまま晴信に助けにいくように話した。

 

 

 

もし、ここで死ぬようなことがあれば神が自分を必要としていないだけだと言い、赤子を助けに小屋に入ります。そして、晴信は赤子を助けます。そのことを民たちが声を上げて喜びます。晴信は、この赤子は神が助けてくれたのだとみなに言います。

 

 


Sponsored Link

 

 

小笠原長時を滅ぼす武田勢

 

 

雨がやみ、今川家の使者がやってきます。そして、新たな絆を結びたく参上したと話します。そのことをうけて、晴信は小笠原長時の林城を攻め落とすと出陣します。まずは出城の犬居城をお金で豪族を裏切らせ落とします。

 

 

 

そのことで喜ぶ、晴信のところに山本勘助がやってきます。20丁の鉄砲をもってきます。それをすぐに使って、鉄砲を山に一斉に放てばその鉄砲の数何倍にも聞こえるとかちどきを上げます。

 

 

 

林城にいた小笠原長時は、その鉄砲の数と兵の数に恐れ林城から逃げさります。晴信は、兵を一つも失うことなく小笠原長時に勝利したのです。晴信は、信濃平定がもう間もなくやってきます。

 

 

 

一方、尾張ではうつけと言われる異端児・織田信長(石橋凌)が天下をとって見せると豪語しております。家臣は、今川義元が明日にでもせめてくるかもしれない。そういいますが、わしが城代になったからには、今川義元の息の根は止まったも同然だ。

 

 

 

伊豆国の北条、甲斐の武田ももはや都には登れないそう豪語しています。武田信玄あらすじ・ネタバレ14話はここまで。武田信玄あらすじ・ネタバレ15話につづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 15話のあらすじ・ネタバレ「母と子」

 

武田信玄 13話のあらすじ・ネタバレ「川中島への道」

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ