MENU

武田信玄 15話のあらすじ・ネタバレ「母と子」

家族

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第15話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第15話のタイトルは「母と子」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第15話あらすじ・ネタバレ「母と子」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみないでくださいね。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ15話

 

 

武田信玄14話のあらすじ・ネタバレでは、武田軍は小笠原長時(新井康弘)を倒してんやんね。武田信玄15話のあらすじ・ネタバレはその続きから始まります。

 

 

2年前、今川義元(中村勘九郎)に嫁いだおとよが亡くなりましたが、今度は晴信(中井貴一)の母・大井夫人(若尾文子)が倒れて、床に伏します。

 

 

武田家の裏方にも、その情報が入ります。まずは、晴信の前に三条の方(紺野美沙子)がお見舞いに向かうと話してんね。一方、晴信は軍議を開いておってん。

 

 

信濃は、残り村上義清(上條恒彦)だがちと遠いので、まずは棒のようなまっすぐな道を作ると話します。秋には、その道を通り村上義清の葛尾城を落とすと言います。

 

 

すると、真田幸隆(橋爪功)がのろしも併せて使ってはどうかという提案をします。それを名案だと、すぐにあちこちにのろしをつくるように真田幸隆に命じる晴信。

 

 

大井夫人が倒れる知らせ

 

 

そこの武田信廉(篠塚勝)がやってきます。晴信に、大井夫人が倒れたことを伝えに参ったのです。それで、重いのかと確認すると武田信廉は、はいと答えます。

 

 

晴信は、できる限り早く戻るので武田信廉は、これより急ぎ戻り大井夫人を見守るように頼まれます。大井夫人が寝ているところに、太郎もやってきます。

 

 

三条は、大井夫人は太郎のことをいたくかわいがってくれたと話します。一方、武田家の裏方では八重(小川真由美)が飯富虎昌(児玉清)に対し、武田家の家督を湖衣姫(南陽子)が四郎に継がせようとしていると惑わします。

 

 

 

晴信は、湖衣姫に母が倒れたので明日の朝に立たねばならないと言います。そして、次は秋口になるまで来れないというとそのことを悲しむ湖衣姫。大井夫人は起きると不思議な夢をみます。その夢では、なぜか信虎(平幹二朗)が泣いています。

 

 

 

翌日、晴信は大井夫人のところに参るのです。大井夫人はただただ、眠り続けています。武田信繁(若松武)は昨日、信虎の名前を呼んでいたので一時だけでも信虎を呼び寄せてはならないかと聞きます。

 

 

 

しかし、晴信はそれはできないと言います。今、信虎を呼び戻すと大井夫人の心を乱しそしてまた信虎の心も乱す。しかも、たった一日だけ甲斐に戻すことが親孝行になるわけではないと言います。

 

 

 

信繁は、信虎に大井夫人を駿河につれて戻ってもらえばいいのではないかと話ます。晴信は、信繁は本当の信虎を知らないと伝えます。信虎を駿河に追いやったのは、国のためだと話します。

 

 

 

もし、信虎が戻ってきたら必ず力を盛り返す。信虎が横にいれば晴信自身も無視することができないからだと厳しく信繁と信廉に理由を話すのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

太郎の結婚を勝手に決めた三条の方

 

 

今川から使者が来ています。嫡男の太郎と今川の息女・つねの縁組についてどうかと来ています。しかし、そのことばかりは太郎の意見を聞かなければならないという晴信。

 

 

 

しかし、今川の使者は信虎からの手紙に三条の方が返事をした際に、太郎はご異存ないと申したといいます。晴信はそうであったかと、最近は忙しさにかまけて太郎に会うことも少ないと笑い会うんですね。

 

 

 

裏方に戻った晴信は、三条の方に厳しく追及します。太郎と今川家の息女の縁組についてなぜ黙っていたのだというのです。三条の方は、私は何一つ後ろめたきことございません。

 

 

 

そう申す三条の方に対し、晴信は信虎は追放の身だからそれを晴信に見せないのは隠し立てということだと怒るのです。まして、太郎の縁組を勝手に伝えるような軽々しいものではないと怒ります。

 

 

 

この縁組が、この甲斐にとってどれだけ大事かわからぬのか。三条の方の書状は、武田家の言葉となって今川家に伝わるのだ。なぜ、晴信に一言も申さなかったのか。

 

 

国と国との縁組は祝い事ではない。戦だ。その書状に大事な意味があるのだ。そういって厳しく叱責します。そして、太郎を部屋に呼べと言ってこさせます。晴信は、太郎に確認します。

 

 

 

三条の方に、今川家との縁組について聞かれたことはあるかと。太郎は、聞かれたことあり、喜んでお受けいたしますと返事をしたと言います。なぜ、晴信に言わなかったのかと聞かれます。

 

 

 

そして、晴信は飯富虎昌に確認します。そちは知っていたのか。飯富虎昌は、太郎から内々にということで知っていたといいます。晴信は、わしから話さなかったことをおかしいと思わなかったかと確認します。

 

 

 

飯富虎昌は晴信より改めて話があると思っていたと言います。晴信は、太郎にいかなることを教えているのか。そう厳しく怒ります。太郎は武だけ嫡男ぞ。縁組がいかなる大事なものか教えていないとはどういうことか。

 

 

 

飯富に罪はないという太郎に、怒る晴信。先ほど、駿河の使者から縁組整えたいと申してきた。すでに知っていた、なぜわしに相談せぬ。元服を過ぎれば一人前と思っているのか。太郎、少々傲慢だぞ、慎めと叱責します。

 

 

 

太郎は、改めてこたびの縁組を辞退することを三条の方より申し出ると言います。しかし、国と国とでいったん約束したことは破れない。太郎が辞退すれば、太郎は武田家家督を継げぬぞとはっきりと言います。

 

 

大井夫人の死

 

 

そして、その頃に大井夫人の容態がということで晴信が呼ばれます。大井夫人のところには、晴信、信繁、信廉の息子三人がそろっています。大井夫人は、そなたたちを残して旅だつことはできないと話します。

 

 

 

大井夫人は、晴信に弟たちのことを頼んだといい、信繁と信廉には晴信のことを助けるようにと言って目を閉じます。その後、大井夫人が目を開け、たとえいかなることがあっても西に向かってはなりません。

 

 

 

晴信が治めるのは、甲斐と信濃だと言います。決して西に向かってはなりませぬ。天下をとろうと都にのぼることを考えるのではない。そういい残し、死んでいきます。三兄弟は大井夫人が亡くなったことで泣きます。

 

 

 

大声をあげて泣きます。そして、この年の秋に武田太郎と今川の息女・つねとの祝言がとり行われます。武田信玄15話のあらすじ・ネタバレはここまでです。武田信玄16話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 16話のあらすじ・ネタバレ「信濃征服」

 

武田信玄 14話のあらすじ・ネタバレ「尾張の異端児」

 

 

 

 


このページの先頭へ