MENU

武田信玄 16話のあらすじ・ネタバレ「信濃征服」

戦争

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第16話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第16話のタイトルは「信濃征服」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第16話あらすじ・ネタバレ「信濃征服」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみないでくださいね。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ16話

 

 

武田信玄15話のあらすじ・ネタバレで、晴信の母・大井夫人(若尾文子)が亡くなります。そして、嫡男・太郎が今川家の息女・つねと祝言をあげます。

 

 

武田信玄16話のあらすじ・ネタバレはその続きから始まります。山本勘助(西田敏行)が晴信(中井貴一)のもとにやってきています。晴信は、勘助に越後の様子を聞きます。

 

 

 

長尾景虎(柴田恭兵)の動きまわっていると、鉄砲を多数調達します。現在は、北条と戦になっています。村上義清(上條恒彦)が長尾景虎に泣きついたといいます。

 

 

長尾景虎がどんな人物か確認する晴信。山本勘助は、戦は天才的だといいます。そして、信仰深く女性も寄せ付けない。そんな人物で、武田が戦をしても負けるかもしれない。そう勘助は話ます。

 

 

長尾景虎に泣きつく村上義清

 

 

一方、村上義清は長尾景虎のところに行っています。長尾景虎は、武田晴信はどんな人物だと聞かれます。村上義清は悪役無道で悪の限りだといいます。一緒にいた上杉憲政(滝田裕介)は村上の言葉は曇っている。

 

 

 

戦に負けしものはみな相手のことをそのように言うと話します。村上義清は武田に負けているわけではなく、越後に危害を及ぼす前にこうして助けをえに来たのだと言います。長尾景虎は、村上の願いようわかった。心配するなと言います。

 

 

 

長尾景虎が、上杉憲政に武田晴信はどんな人物かと確認します。すると、憲政は戦に強いだけでなく国造りをよくよく考えている。家臣領民に責務を与えて、晴信自身がその責務を守るというのがあの男だと話します。

 

 

 

晴信は、義によって動いているので手ごわいと伝えます。一方、晴信は軍議を開いています。村上義清の葛尾城を落とすと宣言します。軍勢が近づくのが丸見え。のぼり道は一つのみ。馬で登のは無理だと報告されます。

 

 

 

真田幸隆(橋爪功)は、金が一番だといいます。あとはラッパで逃げ出すのを待てばいい。真田幸隆に任せていただければ、あのあたりの豪族を寝返らせるといいます。なかなか、策が決まりません。

 

 

 

しかし、そんな今回の戦で太郎の初陣にするといいます。飯富虎昌(児玉清)はそのことを喜びます。太郎は、鎧を着て裏方にいます。その様子を涙ながらに喜ぶ三条の方(紺野美沙子)。一緒にいる八重(小川真由美)も一緒に泣きます。

 

 

 

飯富虎昌隊が太郎を命にかえて守ると言います。太郎は、三条やつねに任せておけと力強く話します。一方、信虎(平幹二朗)は寿桂尼(岸田今日子)に甲斐に返せてもらえるように頼んでいます。しかし、それもうまくいっていません。

 

 


Sponsored Link

 

 

次郎が僧になることで波乱

 

 

一方の晴信は、出陣を前に家族一同をかえしています。晴信は、次郎と話しをします。どのようになりたいかと聞く晴信。次郎は、わからないと言います。

 

 

 

次郎は、病で目が見えない。武士にはなれないので、晴信は、長禅寺の僧にならないかと次郎にいいます。あとで苦しまないように、今、決心せねば後で苦しむことになる。僧になれといわれ、はいと返事し僧になることを決心する次郎。

 

 

 

そのことを聞いた太郎は、晴信に僧になるのをやめてほしい。太郎は、次郎の杖になると約束したので、どうか僧になるのを辞めて欲しいというのです。そこに三条の方もやってきて、僧になることを反対します。

 

 

 

晴信は次郎は、決心しているのだ。次郎の心を乱すな。太郎は、次郎はそのような決心をしていない。次郎もうせ。そういう太郎に対し、晴信は太郎の顔を平手うちします。わしの命に従えばよいのだ。

 

 

 

わしの命に従わずして、武田家家督は継げぬぞ。そういって、止めに入る三条の方にも厳しくいう晴信。そこに和尚が笑いながら入ってきます。次郎に心配するな。

 

 

 

僧の道は自らを自由にする道だ。殺しあうことも、憎みあうこともなく静かに野の声、山の音に接することだ。なかなか捨てがたき道だといいます。わしとともに進んでまいろう。次郎は、よろしゅうお願い申し上げますると坊主に頭を下げます。

 

 

村上義清に勝利する武田晴信

 

 

そして、いよいよ村上義清と戦うために出陣したのです。村上義清は、軍議を開いています。武田勢の来る予定のルートでないところを通っており、今回は籠城の作戦をとるしかないと重臣たちははなします。

 

 

 

籠城戦をしながら、長尾景虎(柴田恭兵)が応援に来るのを待つしかないと作戦をたてます。晴信のところに真田幸隆がやってきます。村上義清の重臣・大須賀久兵衛(山本紀彦)を寝返らせたと報告をしにきます。

 

 

 

そして、真田幸隆が策をろうします。村上義清は、大須賀久兵衛をまだ信じており支持をだします。晴信は、次々と小県の城を落としていきます。そして、残るは村上義清のいる葛尾城のみになります。

 

 

 

その後、村上義清の重臣はみな武田軍に寝返ります。そのことで、村上義清葛尾城から追い出したのです。そのことで、晴信はついに信濃を平定したのです。そして太郎に戦はどうかと確認します。

 

 

 

太郎は、面白うございますと晴信に言います。そうかと言いながら、晴信は川中島を見つめていたのです。武田信玄16話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄17話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 15話のあらすじ・ネタバレ「母と子」

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


このページの先頭へ