MENU

武田信玄 17話のあらすじ・ネタバレ「虎との出会い」

虎

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のあらすじ・ネタバレ第17話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第17話のタイトルは「虎との出会い」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第17話あらすじ・ネタバレ「虎との出会い」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみないでくださいね。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ17話

 

 

武田信玄16話のあらすじ・ネタバレで晴信(中井貴一)は、村上義清(上條恒彦)を打ち倒し信濃を平定します。武田信玄17話はその続きからはじまっていきます。越後の虎・長尾景虎(柴田恭兵)が戦支度をしているといいます。

 

 

 

軍勢は3000人で、300の鉄砲をもっているといいます。早ければ明日の夕方には、武田軍とぶつかる。そう予想します。越後のことについて詳しく調べるように指示する晴信。そこに山本勘助(西田敏行)がやってきて、今夜にはやってくるといいます。

 

 

 

勘助の話では、軍勢は6000といいます。用心するようにアドバイスする勘助。初めての相手は甘く見てはならんと用心深く迎え撃つように晴信は各重臣に命じます。長尾景虎なかなかやりそうじゃな。そう晴信は警戒します。

 

 

 

原虎胤(宍戸錠)は、晴信の命を受け飯富虎昌(児玉清)に兵を退くように伝えます。しかし、飯富は若虎・太郎(堤真一)の初陣である今回は引くわけにはいかない。なんとかとお願いするも、原はその申し出を断ってんね。

 

 

 

太郎も戦うといいますけど、逆臣になると原は早急に陣を引くように命じてんね。武田の軍勢の親方は晴信だというねん。兵を引いたところに、長尾景虎もなかなかだと晴信の戦の腕を認めます。

 

 

 

夜が明けたら、すべての兵で葛尾城を攻め翌日には落ちます。しかし、それを聞き葛尾城は失ったが兵を引いて兵がなくなることを最小限に抑えた晴信。帰途の途中で湖衣姫(南陽子)のところを訪ねます。

 

 


Sponsored Link

 

 

湖衣姫が結核にかかる

 

 

すると、なんと湖衣姫は労咳にかかっておってんな。そして、四郎に会い湖衣姫のことを頼むとお願いする晴信。また、湖衣姫に具合を確認する晴信ですが結核のため、近寄ることはできないと湖衣姫が話します。

 

 

 

しかし、晴信は湖衣姫の部屋に入ります。湖衣姫は労咳なので、近づかないようにお願いしますといいます。それでも、晴信は湖衣姫のことを抱きしめます。そして、その病をわしが引き受けるという晴信。

 

 

 

湖衣姫は、自分はもう長くないので四郎を自分と思ってくださいとお願いします。晴信は、固い糸で結ばれているから湖衣姫は死ねないと話ます。そのように、言いながらも抱きしめあいます。

 

 

 

一方、八重(小川真由美)が話があると飯富虎昌を寺に呼び出します。八重は、太郎の初陣をなぜ武勇で語れるようにしなかったのかと問います。飯富虎昌は晴信に従ったのみだといいます。八重は、飯富だけが太郎の味方だ。

 

 

 

今後も太郎のことをお願いするといいます。八重は、太郎が後を継いだ後は武田家家臣筆頭にして大いなる所領をさし与えると三条の方(紺野美沙子)と話して決めていると言います。そして、八重は飯富の近くに行き誘惑します。

 

 

 

なんと、二人は結ばれてしまいます。それから2月後に真一文字にのろしが走ったのです。白ののろしは敵に動きがあった証だといいます。晴信は、2000の兵を集めるように命じます。武田信繁(若松武)は、そこに太郎を連れていくことをお願いします。

 

 

 

川中島での合戦

 

 

初陣を飾れなかった太郎を先陣をしかせることを晴信は、了承します。晴信は、再び北に向かっていきます。村上義清がいるとのうわさに北に向かったのですが、川中島には越後の虎・長尾景虎がいたのです。

 

 

 

太郎に、越後の長尾景虎の軍勢であることをよくみておくことだと話します。あの軍勢は強い。わしが死ぬようなことがあれば、太郎があのような軍と戦う必要がある。そういって隊に戻るように命じます。そこに、晴信のもとに湖衣姫が悪いことが伝えられます。

 

 

 

晴信は、湖衣姫許せ。今は戻れぬと戦が始まります。長尾景虎の軍勢も備えよ。そういって一番槍がやってきて戦が始まります。長尾景虎と晴信は12年にもわたり川中島での5回も戦をするのです。それについては後々ゆっくり物語たいと思います。

 

 

 

湖衣姫の状態が思わしくありません。湖衣姫は、晴信さまはやく。晴信さまはやくといいます。武田信玄17話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄18話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 16話のあらすじ・ネタバレ「信濃征服」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ