MENU

武田信玄 7話のあらすじ・ネタバレ「風林火山」

旗

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のネタバレ・あらすじの第7話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第7話のタイトルは「風林火山」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、あらすじ・ネタバレをお楽しみいただけたらと思います。以下から、・あらすじ・ネタバレを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第7話あらすじ・ネタバレ「風林火山」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんといてな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄あらすじ・ネタバレ7話

 

 

武田信玄6話のあらすじ・ネタバレで、諏訪頼重(坂東八十助)との戦に武田家は勝利したものの、湖衣姫(南暘子)の行方はいまだわからずの状態やってんね。武田信玄7話のあらすじ・ネタバレはその続きから始まります。

 

 

 

晴信(中井貴一)を大井夫人(若尾文子)に禰々(山下容莉枝)を預けてんな。信虎(平幹二朗)は、晴信が諏訪を攻めたことについて不満を漏らしてんな。妾のらん(宮崎萬純)は晴信は大したものだといます。

 

 

 

信虎にも成し遂げれなかった諏訪を1年足らずで攻め滅ぼした。大したものですといいます。しかし、信虎は実の娘がいなかったら1日で滅ぼしていると言います。

 

 

 

今川義元(中村勘九郎)の使者が晴信のところにやってきてます。信虎の様子を話、北条家のことについても話します。北条家とそろそろ和睦したらどうかといいますが、縁続きゆえに難しいという今川の使者。

 

 

 

今川の使者が戻ったあと、急ぎ晴信のところに味方がやってきます。なんと、高遠頼継(三ツ木清隆)が諏訪に入り桑原城に火を放ち攻め入ってきたと言います。板垣(菅原文太)に諏訪に入るように命じます。晴信は兵を整えてから向かうと言います。

 

 

 

板垣は、このたびの高遠頼継の諏訪攻めは親戚同士のいざこざなので、本家の後押しするという名目で、禰々と頼重の子供・虎王を擁立すればどうかとアドバイスします。虎王の顔を見れば、諏訪の者も力を発揮すると言います。

 

 

 

そうすれば、諏訪は甲斐を敵と思わず、高遠勢のみを敵とすると話します。その話を大井夫人にお願いに行くと、それはならぬと言います。舌の根の乾かぬ内にそのようなことをするのではないと大井夫人は話します。

 

 

 

しかし、そこに禰々がやってきて一時も早く諏訪に戻りたいと話します。虎王は諏訪の水でなければ育たないと主張する禰々。虎王にはなんの罪もありません。虎王の命だけはお守りください。そういって、禰々は何度も頭を下げます。

 

 

 

自分の命と引き換えにでも虎王を助けてください。そう何度もお願いする禰々。晴信は禰々の命を奪おうなどと誰が思うか。そういって、禰々と虎王を諏訪に戻すことを決定します。

 

 


Sponsored Link

 

 

風林火山の旗印

 

 

家臣の前で、晴信は甲斐のために戦い、甲斐のために生まれたと宣言します。そして、戦を命じます。虎王を諏訪に戻し旗印にすると言います。我が軍勢の旗印は何かないか。武田家の旗印ではなく軍勢全体の旗印がほしいという晴信に黙り込む重臣。

 

 

 

晴信は、孫子の長い言葉を旗印にしようとしますが、少し長すぎると家臣がら意見がでますが、最終的には林のごとく、風のごとく、火のごとく、山のごとくの字をすべて入れます。世にいう「風林火山」の旗印が出来上がったのです。

 

 

 

そして、晴信は高遠頼継を追い払います。高遠頼継は晴信の軍勢に追われ引き上げていきます。晴信は、虎王を晴信が抱きかかえます。今、このときから諏訪の領主は、この虎王だというと、諏訪家の家臣は喜びます。

 

 

 

軍代を板垣に置くからいかなることでも相談するようにいう晴信。禰々が諏訪に栄あれというと、家臣たちが同じように唱和し始めます。そして、この諏訪と武田の関係をより強固にするため湖衣姫を晴信の側室にするとみなの前で宣言します。

 

 

 

しかし、板垣はじめほかの家臣はみな反対します。頼重を殺した晴信は、湖衣姫に恨まれている。そのような女子を側室にて裏方に置くのは危険すぎる。そして、居場所もわからない。だからみな一同に反対します。

 

 

湖衣姫の居場所がわかる

 

 

そのような話を晴信はまったく聞き入れてないのですね。重臣たちが湖衣姫の話をしているところに、山本勘助(西田敏行)がやってきます。重臣たちは、山本勘助の動きに不信なところがあると言いどこで何をしていたか問いただします。

 

 

 

勘助は湖衣姫を探すように晴信に命じられ、探してきたと言います。そして、晴信がどこにいるか確認してそこに向かう勘助。勘助は湖衣姫のことを晴信に話ます。

 

 

乳母らと一緒に、頼重の家臣が死を覚悟して湖衣姫を守っていると言います。しかし、板垣は晴信が向かうのを身をていして止めます。それでも、晴信は止まりません。板垣が通さねば切るという晴信に、板垣は切りなされと覚悟を決めます。

 

 

 

重臣たちが一斉にやってきて、みなで湖衣姫のところに行くことを止めます。そこに山本勘助が板垣らに膝をつき湖衣姫が側室にくるのはめでたいことだと言います。

 

 

 

家臣たちは、勘助を今川のまわしものだと切りかかりますが、刀を取って話をきくようにお願いします。勘助は、虎王だけでは諏訪との結びつきが弱すぎる。湖衣姫と晴信が結び付き、もし嫡男誕生すれば諏訪との関係は盤石になる。

 

 

 

そのようなことは板垣もわかっておると言います。もし、湖衣姫が他国と結びつけば諏訪を失うことになる可能性が高い。そうなれば、甲斐は北の出口をなくすことになると力説します。

 

 

 

その話で、重臣たちは納得させられます。そして、晴信は山本勘助らと一緒に少人数で湖衣姫の居場所に進みます。平蔵(渡辺正行)らの攻撃で見張りを突破し、湖衣姫のいる中にはいる晴信。

 

 

 

しかし、湖衣姫は裏口から逃げます。晴信が追いかけていった先には・・・?武田信玄7話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄8話のあらすじ・ネタバレへつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 8話のあらすじ・ネタバレ「湖衣姫」

 

武田信玄 6話のあらすじ・ネタバレ「諏訪攻め」

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ