MENU

武田信玄第3話のあらすじ・ネタバレ「別れ」

家族

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のネタバレ・あらすじの第3話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第3話のタイトルは「別れ」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、ネタバレ・あらすじをお楽しみいただけたらと思います。以下から、ネタバレ・あらすじを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第3話ネタバレ・あらすじ「別れ」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄ネタバレ・あらすじ3話

 

 

武田信玄2話のネタバレ・あらすじで、父・信虎(平幹二朗)を今川義元(中村勘九郎)のところに追放することを決めた晴信(中井貴一)。逆に、信虎も晴信のことを今川義元のところに追放しようと考えています。

 

 

 

武田信玄3話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。信虎と晴信のいさかいは世間にあからさまになっていました。そんな頃に小県で戦という状況になっています。この戦は、諏訪と村上と武田が協力して小県を攻めるという戦でした。

 

 

 

諏訪が先陣を切って、城を落としたという知らせが信虎のもとに入ります。そして、晴信にうま酒を持ってくるように命じます。板垣信方(菅原文太)のところに、晴信が見張られているとの一方があります。

 

 

 

板垣は、信虎も今川に手を打っておるかもしれん。しかし、今は大きく動くことができないので今川義元がどちらを選ぶか待つのみだといいます。

 

 

一方、三条の方(紺野美沙子)のところに、大井夫人(若尾文子)がやってきます。三条の方は、京に返してほしいと泣きながら懇願します。晴信に見捨てられたといいます。

 

 

八重の牙

 

 

八重(小川真由美)が、晴信の廃嫡を聞いてから床に伏せていると言います。大井夫人は、そのようなことは誰が話したと聞きます。八重は、晴信自らが申しておると言います。そして、家臣のみなも廃嫡の話をしていると話します。

 

 

 

大井夫人は、私はそのようなことを聞いていない。私が聞かずしてそのようなことにはならないと話します。八重は、大変うれしく思いますが手紙で記してほしいといいます。大井夫人は、私の言葉が信用できないのか失礼だと厳しく怒ります。

 

 

 

八重は、もし廃嫡した場合は大井夫人のことを恨み申し上げると対抗するんですね。そして、大井夫人は怒り八重に下がるように命じます。

 

 

一方、雨を眺めている晴信に家臣がそろそろ休むように言われます。その言葉に晴信は、休むといいます。しかし、何が起こるかわからん。油断してはならぬと家臣に命じる晴信。寝る前に、信虎の部屋の近くを通る晴信。

 

 

 

信虎は、今川からの使者が来た場合はいかなる時でも起こすように命じて寝る信虎。その話を聞いていた晴信。そのことを家臣に伝え、板垣に今川から信虎への使者が来るから、そのものを必ずとらえるように命じます。

 

 


Sponsored Link

 

 

信虎を助ける晴信

 

 

晴信が廊下を歩いているところに弓矢が飛んできます。何者かが、せめて来てます。晴信が切りますが、そのものたちは信虎の元へも向かいます。晴信は、信虎を守り敵将を切りこます。

 

 

 

あれらは何者かと問う信虎。晴信はわからないと正直に言います。信虎は、わしが死ねば甲斐は晴信のものじゃ。なぜ、助けた。そう問う信虎に、晴信は父上の命は甲斐一国に変えられないと答える晴信。

 

 

 

そして、信虎は今夜はようやったと晴信をほめます。これをやったのは、実は一緒に小県をせめておった諏訪と村上のものたちだったのです。一方、今川義元のところでは書状を武田晴信のところに届けるように山本勘助(西田敏行)が命じられます。

 

 

 

今川義元は、山本勘助にその書状をもって晴信のところに行って晴信の家臣になるように命じられます。そして、表は武田の家臣となり裏では今川の間者になるようにいわれます。

 

 

 

今川義元は、晴信の方が危険なので信虎を受け取るよりも晴信を受け取るといいます。それは、武田が小県から引いたときだといいます。諏訪と村上は、戦を終え素早く信虎の元から去っていきます。

 

 

 

晴信は、弟の信繁(若松武)が話をします。信繁は、晴信を超えて自分が家督を継ぐことはないといいます。だから、信虎と話しをきちんとしてほしいといいます。しかし、晴信はその時期はもうすぎた。もうそれでは解決しないと信繁に伝えます。

 

 

 

そして、晴信は信虎を追放すると信繁に伝えます。腹を割って晴信は信繁に話ます。信虎は、信繁の父でもある。だから信繁にも伝えた。信虎にも言いたかったら言ってもいいと話します。

 

 

信虎を追放へ

 

 

小県との戦が終わり、いよいよ信虎の策略によって晴信が追放されそうなところ、板垣は今川から信虎に来る使者を必ず捕まえるように家臣に命じます。

 

 

山本勘助が書状をもって、晴信のところにやってきます。いつ、どこで信虎を迎えると申さなかったのかと確認しても、いえという山本勘助。そして、わが家臣となって励むように山本勘助にいう晴信。

 

 

 

板垣の家臣が今川から信虎に対する使者をとらえます。その書状には、韮崎にて晴信を引き取るとされてます。板垣は、この書状を信虎に届けるようにしてそこで信虎を引き取ってもらうように策略をうちます。

 

 

 

翌日、韮崎で今川家家臣が晴信に信虎にお目通しされたいとやってきます。晴信は、いかなる用かと言います。直接話すという今川家の使者。すると、その者をは今川義元の命を受け晴信を迎えにやってきたといいます。

 

 

 

晴信は、迎えに来たのは信虎ではないか。そう何度も聞き返します。しかし、晴信を迎えに来たというので、裏切り者だといい今川の兵を晴信の家臣が切り殺します。

 

 

信虎と一緒に、いた板垣がサインを出し家臣たちに信虎をとらえるように命じます。信虎は、謀反じゃあ。これは謀反じゃあと叫ぶ信虎。重臣たちの名前を呼ぶ信虎だが誰も反応しません。

 

 

 

板垣は、信虎を引き渡すといいます。しかし、今川兵たちがざわついていたので晴信は山本勘助に命じ今川兵に信虎を引き取るようにします。そして信虎はついに追放されます。

 

 

 

そこには、晴信の涙と信繁の涙がありました。武田信玄3話のネタバレ・あらすじはここまで。武田信玄4話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄第4話のネタバレ・あらすじ「運命の出会い」

 

武田信玄第2話のネタバレ・あらすじ「決意の時」

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ