MENU

武田信玄第4話のあらすじ・ネタバレ「運命の出会い」

兜

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のネタバレ・あらすじの第4話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第4話のタイトルは「運命の出会い」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、ネタバレ・あらすじをお楽しみいただけたらと思います。以下から、ネタバレ・あらすじを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第4話ネタバレ・あらすじ「運命の出会い」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄ネタバレ・あらすじ4話

 

 

武田信玄3話のネタバレ・あらすじで、晴信(中井貴一)が父の信虎(平幹二朗)を今川家に追放しました。武田信玄4話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

大井夫人(若尾文子)に信虎が晴信の手で追放されたことを使者が知らされます。そして、晴信たちが武田家に戻ってきます。晴信は、「御旗盾なし」を用意させ家臣一同で「御旗盾なしご照覧あれ」と言わせます。

 

 

 

そして、板垣信方(菅原文太)が新しい親方様が誕生したことを伝えます。晴信は、甲斐は新しい時代を迎えた。そういって、御旗盾なしご照覧あれと晴信も一緒に唱和します。

 

 

 

一方の三条の方(紺野美沙子)を支える八重(小川眞由美)が思っていた通りになったと喜びます。子供が動いたと喜ぶ三条の方。晴信は、大井夫人に説明します。晴信も覚悟の上にしたので、言い訳はしませんと言います。

 

 

 

大井夫人は、信虎がどのようになるのかと晴信に聞きます。駿河で隠居になると話します。そして、大井夫人は今後どうするのか。どのようにでもすると晴信は言います。

 

 

甲斐の行く末だけ考える

 

 

大井夫人が信虎のところに行っても喜ばないから、髪を切って御仏につかえると晴信に話します。今後は、大井夫人のことを気にかけずともよい。晴信が気にかけるのは甲斐の国の行く末だけだと母から伝えられます。

 

 

 

晴信は、軍議を開いています。この先、甲斐の国をどのようにするのか。そういったことを伝えます。板垣は、今日は疲れているであろうから休むようにお願いします。しかし、晴信は疲れてないから仕事が先だといいます。

 

 

 

しかし、晴信がいなくてもすでに役どころをきちんと重臣たちでそれぞれの役目を決めていたのです。晴信は、三条の方のところに戻ります。子供に親方さまおかえりなさいませ。

 

 

 

子供に何度も言わす三条の方。外を見つめる晴信のもとに三条の方がやってきます。そして、お詫び申し上げますと謝る三条の方。晴信は、なんのわびじゃというと、三条の方はご廃嫡の時にうろたえたところが恥ずかしい。

 

 

 

ご廃嫡を申し上げたのは、信虎を欺くためだったのでしょう。おなごの浅知恵申し訳なくございます。しかし、晴信は信虎を追放したのには関係ない。こたびのことにお祝いなどない。そういって、三条の方に怒り怒る晴信。

 

 

 

晴信はが寝ているところに使者がやってきます。国境を超え、諏訪勢、小笠原勢が攻め込んで来たとの知らせがあります。すぐに対策を命じ、晴信が向かおうとすると何者かが晴信に切りかかってきます。

 

 

 

そこに山本勘助(西田敏行)もいます。山本勘助は敵の兵を切ります。山本勘助装束から見て、諏訪であると言います。晴信は諏訪頼重(坂東八十助)めえと怒ります。

 

 

 

晴信は、山本勘助は今川義元(中村勘九郎)のところに行って、このことを報告するように命じます。そして、信虎の状況も見てくるように命じます。そして、山本勘助を今川義元に殺すように命じられておったかと思った。

 

 

 

先ほどまでは。そういって、山本勘助をほめます。そして、晴信は諏訪勢を甲斐から追い払います。山本勘助は、今川義元のところにつきます。山本勘助は、甲斐に隙がないと今川義元に伝えます。

 

 


Sponsored Link

 

 

おこことの再会?

 

 

今川義元は、山本勘助に晴信のことを乱すように言います。甲斐は数年で、自分のものになると今川義元が言います。武田家に倉科三郎左衛門(浜村純)と里美(大地真央)がやってきます。

 

 

 

里美が晴信の側につき、身の回りの世話をしたいと言ってやってきます。二人して頭を下げてお願いします。その後、晴信は信虎の側室たちがたくさんいるところで今後は自由だといいます。

 

 

 

らん(宮崎萬純)はどうするかと聞くと、自分には里がないので信虎の元へ行きたいと話します。また、その側室の中に諏訪頼重の娘・湖衣姫(南暘子)と、乳母のたき(結城美栄子)がいたので、会ってみると晴信が驚きます。

 

 

 

なんと、湖衣姫はおこことそっくりだったのです。湖衣姫に、諏訪頼重は本来縁戚なので里に返すところなのだが、先日、諏訪頼重に甲斐が攻められたために返せなくなったと説明します。

 

 

 

そして、晴信は湖衣姫はおここの生まれ変わりだからなんとしてもモノにする。そういって、晴信は湖衣姫を囲おうとします。しかし、その湖衣姫が住んでいる屋敷を何者かが襲います。その結果、晴信が向かった頃には湖衣姫がいませんでした。

 

 

 

この先に湖衣姫とは、再会を果たしますが、晴信にとっては悲しい結末になるのであります。武田信玄4話のネタバレ・あらすじはここまで。武田信玄5話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄第5話のネタバレ・あらすじ「湖水伝説」

 

武田信玄第3話のネタバレ・あらすじ「別れ」

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


このページの先頭へ