MENU

武田信玄第5話のあらすじ・ネタバレ「湖水伝説」

太鼓

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のネタバレ・あらすじの第5話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第5話のタイトルは「湖水伝説」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、ネタバレ・あらすじをお楽しみいただけたらと思います。以下から、ネタバレ・あらすじを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第5話ネタバレ・あらすじ「湖水伝説」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄ネタバレ・あらすじ5話

 

 

武田信玄4話のネタバレ・あらすじで諏訪の人質の中におここ(南暘子)にそっくりな湖衣姫がいてたんです。晴信(中井貴一)はなんとか、湖衣姫をものにしたいと考えていました。

 

 

 

しかし、湖衣姫が泊まっていた屋敷が荒らされていて湖衣姫はいなくなっていたのです。武田信玄5話のネタバレ・あらすじはその続きから始まります。

 

 

 

信虎(平幹二朗)を追放してから1年、諏訪頼重(坂東八十助)が豪族の小笠原や村上と三国同盟を結び甲斐の存在を脅かすほどになっていました。

 

 

晴信は、甲斐のことをなにもかも決めなければなりません。政に、一つ一つを決めなければなりません。大井夫人(若尾文子)のところに、武田信廉(長尾豪二郎)が来て、絵を描いています。そこに晴信が入ってくると、動いたと言って怒る信廉。

 

 

 

そして、晴信は信廉に大井夫人を天女のように描くように言われてん。晴信が廊下を歩いていると、里美(大地真央)が挨拶をします。何かお世話することはないかとしつこく聞く里美。しかし、晴信はなにもないと言います。

 

 

 

里美は裏方では何もすることがないといいます。馬に乗ることを許してくださいという里美に、倉科に戻ったらどうだと話す晴信。晴信のところに百姓が数名やってきます。そして、その腕を見せます。晴信は頼もしく見ています。

 

 

湖衣姫を探す諏訪頼重

 

 

役に立ちそうだと言って武田で面倒を見るようになります。晴信は、湖衣姫の行方を家臣に探させていますがどこにいるかも現状わからへん状況です。一方、諏訪頼重(坂東八十助)も湖衣姫を探しています。

 

 

 

まだ、甲斐にいてるので、それをなんとか連れ戻したらいつでも甲斐を攻めれる。武田家では、晴信が石和甚三郎(丹波義隆)と話しをしています。韮崎の際には、信虎の家臣として仕事をしていたが、それをとがめることはないと言います。

 

 

 

そして、甲斐にとどまって働くように命じます。板垣(菅原文太)と甘利(本郷功次郎)だと言います。晴信は、甲斐の川の説明を聞いています。洪水をなんとか止めないと、何年かかろうとも作らなければならない。

 

 

 

そう晴信は川を見つめています。そして、信虎の時に奉行衆だった今井(森田順平)、鎌田(坂部文昭)に会います。晴信は、他の国を見てきて甲斐に足らないものをさぐってきてほしいと命じます。

 

 


Sponsored Link

 

 

三条の方は裏方に入りたがる

 

 

晴信が座っているところに、三条の方(紺野美沙子)がやってきます。そして、大裏方に入るのは国主の妻の自分だと言います。里美が先に裏方に入ったことを三条の方が許せなかったのです。

 

 

 

しかし、晴信は里美は大井夫人の世話をするために入れただけだというんです。晴信が家来を呼んで、三条の方を返そうとすると陣痛がやってきて男の子が生まれます。そのことを喜ぶ晴信。太郎(長男)を馬に乗せ、ここはそのうちお前が親方様になる。

 

 

 

弟も生まれた。親方様としてしっかりしなければならないと説明をします。そして、太郎のもり役になって欲しいと飯富虎昌(児玉清)にお願いする晴信。膝をついて命に代えて太郎のもり役を受ける石和甚三郎。

 

 

 

子供を産んだ三条の方のところに行くと、三条の方は裏方に済ませて欲しいと寝ながらも晴信にお願いします。晴信は、それほどまでに裏方にうつりたいのか。そういい、晴信は母の大井夫人のところに行くんですね。

 

 

御仏に入る大井夫人

 

 

すると、大井夫人は御仏に入るから心配いらんと言われます。大井夫人は、これからは晴信の時代だから思う存分この国をつくるように言われます。この国とこの国の民を大事にするように言われる晴信。

 

 

 

そして、ついに大井夫人が御仏に行くと武田家の館を出ていく時がやってきます。晴信は、危険なのでついていくといいますが、甲斐の主にそのようなことはさせれない。

 

 

 

そう言って、御仏に向かって歩いていく大井夫人。そして、晴信は信虎を奪ったことをお許しくださいませ。そういって大粒の涙を流します。こうして、三条の方は子供と八重と一緒に裏方にはいります。そこに里美がお目通りしたく入ってきます。

 

 

 

里美は、なんなりと御用を申し付けくださいませというと、八重がよいこころがけじゃと言って気に入ります。そして、大井夫人が御仏に入り1年が過ぎます。武田家では軍議が行われようとしています。板垣が仕切り、軍議が始まります。

 

 

 

いろんな意見が出てきます。豪族も軍議に参加させるべきなど様々な意見が出てきます。その中で、今年も凶作なのでそんな状態で戦できるのか。そんなことが議論されます。晴信は、諏訪に危険を感じています。

 

 

 

なので、諏訪を攻めるのは今を置いてないと言います。出陣は明日の夜明けに行う。男衆は、一人残らず出陣をする。乱すものがいれば厳罰に処すると言います。そして、翌日、豪族たちが晴信のところに集まっています。

 

 

 

晴信は、この諏訪との戦を2つのために行っています。一つは、豪族を武田と一つにすること、そして、もう一つは湖衣姫に会うことです。武田信玄5話のネタバレ・あらすじはここまで。武田信玄6話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 6話のあらすじ・ネタバレ「諏訪攻め」

 

武田信玄第4話のネタバレ・あらすじ「運命の出会い」

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 


このページの先頭へ