MENU

武田信玄 6話のあらすじ・ネタバレ「諏訪攻め」

戦争

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「武田信玄」のネタバレ・あらすじの第6話をお伝えします。大河ドラマアンコールの第6話のタイトルは「諏訪攻め」になります。

 

 

 

大河ドラマ「武田信玄」は伝説的な作品になっていますので、ネタバレ・あらすじをお楽しみいただけたらと思います。以下から、ネタバレ・あらすじを始めます。ネタバレを見たくない人は見ないようにしてくださいね。

 

 

 

ここから武田信玄第6話ネタバレ・あらすじ「諏訪攻め」がいよいよスタートします!かなり詳細になりますので、しつこいようですがネタバレはあかんってひとはみいひんとってな。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田信玄ネタバレ・あらすじ6話

 

 

武田信玄5話のネタバレ・あらすじで、晴信(中井貴一)の母である、大井夫人(若尾文子)が御仏に仕えることになり武田家を去ります。その代わりに三条の方(紺野美沙子)は裏方に入ります。そして、諏訪頼重(坂東八十助)をせめます。

 

 

 

武田信玄6話のあらすじ・ネタバレはその続きからスタートします。晴信は、諏訪頼重を攻めるにあたりいくつかの策をうっていました。山本勘助(西田敏行)を高遠頼継(三ツ木清隆)を裏切るように仕掛けていたのです。

 

 

 

諏訪頼重のところに、高遠頼継勢が裏切ってやってきていることを知ります。諏訪頼重は裏切りなど恐れるなと気合いを入れます。晴信のところに、農民が弓矢で撃ち落とした鳥をもっていきます。それをうまいという晴信。

 

 

 

甘利虎泰(本郷功次郎)が晴信に申し上げます。もっと急いで諏訪を攻めた方がいいのではないかと言います。しかし、晴信は急ぐことはないと言います。高遠、金刺(須永慶)がいるので諏訪が籠城になるように攻めるのが得策だと言います。

 

 

 

戦わずして勝つ工夫だと言います。そう急ぐなそう晴信は甘利に言います。晴信がいてないところで、信虎(平幹二朗)ならもう諏訪を攻め落としていると言います。しかし、板垣(菅原文太)は信虎ならそうかもしれないが、死者もかなり出ている。

 

 

 

そういって、しばらく様子を見るように言います。その夜、諏訪では高遠勢が安国寺に火をかけ諏訪に攻め入ります。晴信も攻めると言い、動きだします。晴信は、妹の禰々(山下容莉枝)をなんとか助け出したいと言います。

 

 

 

諏訪頼重は、高遠頼継の首をはねると言っていきりたちます。しかし、諏訪頼重は家臣に高遠頼継の暗殺を命じ籠城します。そして、より堅固な桑原城に移動します。

 

 

 

高遠頼継と和睦でもめる晴信

 

 

高遠頼継が晴信のところに来ています。晴信が和睦するということに、話が違うと怒るんですね。今や諏訪頼重は死んだも同然なのだから攻め滅ぼすべきだと言います。金刺も高遠とおなじ気持ちだと言います。

 

 

 

しかし、晴信はそれはできんと言います。高遠と金刺で桑原城を落とすと言います。しかし、晴信はもし。高遠らが桑原城を攻めるならその後に武田家と戦になると脅すんですね。晴信が和睦じゃと決めます。

 

 

 

一方、板垣は晴信の言葉として和睦の交渉を諏訪頼重としています。その和睦の条件は、桑原城を明け渡すこと。頼重、禰々、湖衣姫(南暘子)を甲斐に連れてくることが条件だと言います。

 

 

 

湖衣姫はいないと頼重がいいますが、板垣は湖衣姫をこことで見たものがおると言います。そこに、禰々が怒って板垣に消えるように言います。信虎を追いやり、妹のいる諏訪を攻めるように兄に指導したのか。

 

 

 

甲斐は敵だから消えよ。そういって、扇子を板垣に投げつける禰々。頼重は、禰々がそのように言っていたことを伝えるように板垣に言います。この城に立てこもり最後まで戦うと言います。板垣は、なんとか和睦するように説得します。

 

 

 

諏訪家が断絶しないように、和睦するように説得します。そして、頼重は禰々に諏訪の再興のために生きてくれとお願いします。晴信は、戦に勝ちはしましたが心が晴れませんでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

もやもやが残る晴信の気持ち

 

 

禰々の気持ちが晴れるどころか、湖衣姫の姿が見えることはなかったのです。晴信たちが勝って武田家に戻ると、甘利が酔っぱらっています。こたびの戦は、ひやひやしたと言います。そして、甘利とみのが言い合いになります。

 

 

 

晴信は、禰々と話をします。禰々は、信虎を追い出し我が諏訪を追い出し兄とは思えん。汚らわしい。そう晴信を攻める禰々。なぜ頼重を東光寺に預けた。あの方を返せ。そういって禰々が泣きます。

 

 

 

板垣は頼重のところにやってきます。頼重は、行方知れずだと言います。しかし、桑原城からの出された書状を見せて湖衣姫の居場所を言うように伝えます。甲府に来るだけでいいから、お願いしますとなんとか交渉する板垣。

 

 

 

諏訪頼重は、晴信に湖衣姫は渡さん。そういって、頼重は拒否をするんですね。一方、晴信のところに使者の山本勘助がやってきています。高遠頼継のことを聞く晴信。そして、高遠頼継と戦になると言います。

 

 

 

今川義元(中村勘九郎)に協力してもらわねばならん。そういって、山本勘助に諏訪に言って湖衣姫を探すように言います。そこに、板垣が戻ってきます。板垣は、頼重が書いた書状を晴信に見せます。

 

 

諏訪頼重を切る晴信

 

 

怒り狂う晴信。板垣は、諏訪頼重は死を決しているといいます。なので、切腹を申し付けるように晴信に言います。しかし、湖衣姫のことは何一つわからぬままなので、今すぐ会いにいくと晴信が馬を出すように命じます。

 

 

 

しかし、板垣が諏訪頼重は死を決している。女子一人のことで国主が行くのは血迷っていると言います。静かなる死をさせてあげるのが武士の情けなので、湖衣姫は諦めくださいませと晴信にお願いします。

 

 

 

晴信は、それでもあきらめんときっぱりと言います。そして、兵を出して晴信は諏訪頼重のところに向かいます。裏方では、三条の方が晴信はまだかと八重(小川真由美)に確認しています。

 

 

 

晴信が頼重のところに行くと、湖衣姫らしき女子が歩いています。しかし、その被り物をのけたその本当の姿は、諏訪頼重だったのです。頼重は、晴信に湖衣姫は生涯手に入らんと言います。

 

 

 

頼重は湖衣姫を渡してまで、生きながらえようとは思わん。そして、一閃お互いが刀を振りかざします。頼重が片膝をつきゆっくり倒れていきます。武田信玄6話のあらすじ・ネタバレはここまで。武田信玄7話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

武田信玄 7話のあらすじ・ネタバレ「風林火山」

 

武田信玄第5話のネタバレ・あらすじ「湖水伝説」

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


このページの先頭へ