MENU

真田丸第1話のネタバレ・あらすじ「船出」!!

船出

 

 

このページは、1月10日からスタートするNHKの大河ドラマ「真田丸」のネタバレ・あらすじの第1話をお伝えすんねんな。2016年の記念すべき第1話のタイトルは「船出」になってんねんな。

 

真田丸第1話の動画・感想はコチラ

 

 

 

三谷幸喜監督作品はいつも楽しいので、ネタバレ・あらすじをお楽しみいただけたらと思うねんな。以下から、ネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。ネタバレを見たくあれへん人はみいひんようにしてや。

 

 

真田丸第1話ネタバレ・あらすじ「船出」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

時は、1615年(元和1)年。豊臣家を滅亡においやった「大阪夏の陣」で、あの徳川家康(内野聖陽)を自殺寸前にまで追い込んだ一人の武将がいててんね。後に日本の歴史の中で、「日本一の兵」と言われてる真田信繁(堺雅人)やねんな。

 

 

 

この戦から33年ほどさかのぼると、戦国時代まっただ中やねん。信繁は16歳の若武者やってん。甲斐の名将・武田信玄が死後息子の武田勝頼(平岳大)が家を継いでんねんな。

 

 

 

武田勝頼は、東に北条、西に織田、南に徳川、北に上杉がいるという大名に囲まれてんけど、勢力拡大を狙っててんね。せやけど、1582(天正10)年に勝頼の義理の弟である木曽義昌(石井愃一)が織田信長(吉田鋼太郎)に寝返ってんね。

 

 

 

せやから、武田の領土の西側が丸裸の状況に陥ってんね。そして、そのことで信長は西側の領土に一気に兵をすすめてんな。最大の危機を迎えた勝頼は、上原城で軍議を開いてんね。せやけど、そこでびっくりさらなる離反があってんね。

 

 

 

その軍議で、勝頼の目にとまった人物が真田昌幸(草刈正雄)やねんな。昌幸は、いったん引き力をためて待つという意見をすんねんね。勝頼もその意見の採用してんな。このとき、後に名将と言われる真田昌幸もまだ武田家の一家臣にすぎなかってんな。

 

 

 

武田家の重役の軍議が終わり、廊下にでると昌幸の長男の真田信幸(大泉洋)が昌幸を待っててんね。昌幸は、信幸に先に新府に戻るように命じるねんな。西も大事やが南の徳川家康(内野聖陽)が駿河口に兵をすすめてくることを心配しててんね。

 

 

 

信幸は、さっそく徳川家康の様子をさぐるために急いで新府にもどってん。その頃、信繁も甲斐の国境あたりに布陣する敵情を偵察しててんね。すると、徳川家康の兵がやってきてんね。

 

 

 

信繁は家来の矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)の静止を無視して深追いしたさかい敵兵に見つかってんね。せやけど、危機一髪でなんとか逃げてきてんね。そして、信繁は徳川軍が国境付近までやっていること兄の信幸に伝えてんね。

 

 

 

織田の動きを待って、一気に攻め込むつもりだというねんな。せやけど、信幸はもっと慎重になれと信繁をしかんねん。武田家存亡の危機に落ち追ってはる中、信幸は軽率な行動をとらないようにきつく言うねんね。

 

 

 

せやけど、皆が織田のことを気にしてはるから南が心配になったと父の昌幸とまった同じことを言って釈明する信繁。緊迫の状況が続いててんから、昌幸が真田家に戻るのは約1月ぶり。久しぶりに戻ったが妻の薫(高畑淳子)の顔は暗いねんね。

 

 


Sponsored Link

 

 

武田の家がこれからいったいどうなるのか不安になっていてんね。昌幸は薫には、安心するようにいうねんな。この真田昌幸がいれば安泰やと。せやけど、内心は違っててんね。

 

 

 

居室に信幸と信繁を呼び、武田家は滅びると話すねんな。そして、真田の城「新府城」を捨てると話すねんな。織田の勢力は強大になってて、長くもてへんと判断してんね。そのため、真田家も武田家とあわせて滅びる危機やねん。

 

 

 

だからこそ、真田家一丸となってどんなことをしても乗り切ると昌幸は話てんな。昌幸の奇をてらう行動は、定石をふむ信幸は、困惑するねんな。逆に信繁は、父の昌幸についていけばなんとかなると楽観視してはるところがあんねんな。

 

 

 

2人は、このように大きな性格の違いがあんねんね。しばらくして、武田勝頼も新府城に戻るが、元気をなくしてしまうねんな。自分が父の信玄が築き上げた国を滅ぼしてしまうんやないかと不安になってんね。

 

 

 

昌幸は、我々がいますと励ますねんな。せやけど、またもや離反がおこるねんな。なんと、梅雪(榎木孝明)が織田に寝返ってんね。実は、梅雪は以前から織田・徳川とつながっててんね。

 

 

 

しかも人質となってる家族をひそかに脱出させた用意周到の裏切りやってんね。梅雪は、武田家の兵力や軍略などの一切のことを知る立場にあってんね、せやから、織田家にそれが筒抜けになってんな。

 

 

 

勝頼は、新府城に昌幸、小山田信茂(温水洋一)や、跡部勝資(稲荷卓央)を招集し軍議を開いてんね。跡部は籠城を主張し、信茂が華々しく討ち死にしようとすんねんな。せやけど、昌幸はまだこの戦は負けとは決まってへん。

 

 

 

勝頼を真田家の岩櫃城へくるようにお願いしてんねんな。そこなら、東は沼田城は弟の信尹(栗原英雄)、西は戸石城は信幸に守らせるねんから、信濃と上野を結ぶ道筋に巨大な要害となんねん。

 

 

 

せやから、岩櫃で力を蓄えもう一度、再起を図るように勝頼にはなすねんな。せやけど、この作戦は本拠地であった甲斐から離れることを意味するねんな。

 

 

その軍議の際には、昌幸の熱意に岩櫃に行くと話すねんけど、ほかの家臣に言われたこともあり、すぐに信幸に言うねんな。勝頼は岩櫃にはいかれへんと。ただし、お前たちは岩櫃に迎えというねんな。

 

 

 

さらに勝頼は、翌日、小山田信茂のいる岩殿城に向かうと話すねんな。勝頼が帰ろうとしはるその時、信繁はいてもたってもいられへんようになって、立場を忘れて言ってんね。「お考えなおしください。岩櫃へ参りましょう」

 

 

 

しかし、勝頼の気持はかわれへん。そこの信幸が今いる真田の家臣100名あまりを勝頼にが岩殿城に行くのにつけると話すねんな。自分たちは兄弟だけになるやんね。

 

 

勝頼に心配されてんけど、信繁はわれら真田兄弟はそうやすやすとは討たれへんと話すプライドを持ってんね。昌幸の妻である薫ととり(草笛光子)を連れて岩櫃に向かうねんな。護衛の兵はおれへんねんな。

 

 

 

勝頼が岩櫃に行かないことを、先に向かってはった昌幸に知らせるために佐助(藤井隆)に信幸は書状を送ってんね。その後、勝頼軍は岩殿城に行くまでの間に兵がどんどん離脱してくねんな。それは、どんどん落城や敗北のしらせが届くためやねんな。

 

 

 

岩殿城につくころには、600人以上いはった兵が100人を切るほどに減っててんね。そして、やっと岩殿城についたその時やんね。小山田信茂は織田家に寝返ってんな。

 

 

それを聞いた勝頼はそこで逃げんねんな。それは、武田家の滅亡がすぐそこにきてはったことを意味しててんな。真田家は、武田家滅亡のこの戦国時代の動乱の中で、生き残りをかけた戦いに挑むことにならはるねんな。

 

 

 

その際の活躍が、信繁が真田幸村と広く知られることにならはるんやんな。せやけど、まだ今は兄の信幸とともに盗賊から母や姉を守りながら逃げてるとこやんな。

 

 

 

真田丸という小舟は今、こぎだしてねんな。それは、それは波乱万丈の船出やってんな。2話に続く。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第2話のネタバレ・あらすじ「決断 」!!

 

真田丸第3話のネタバレ・あらすじ「策略 」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 


真田丸第1話のネタバレ・あらすじ「船出」記事一覧

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第1話の動画・感想をおつたえしてくねんな。いよいよ始まった、大河ドラマ。2016年は、人気武将で有名な真田幸村のストーリーになっています。真田丸の1話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、翌週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらか...

このページの先頭へ