MENU

真田丸第11話 ネタバレ「祝言」!!

結婚

 

このページは、大河ドラマ「真田丸11話ネタバレあらすじを書いてんねんな。

 

真田丸第11話「祝言」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてな。続きは見たい人だけみてんね。

 

 

 

真田丸の第10話の終わりに徳川家の重臣・本多正信(近藤正臣)が真田昌幸(草刈正雄)には死んでもらうというところで終わってんねな。

 

 

 

また、信繁(堺雅人)が梅(黒木華)に結婚を申し込むんやんな。そして、徳川家康(内野聖陽)は、室賀正武(西村雅彦)を呼び出してんねな。

 

 

 

第11話は、その続きからスタートするねんな。いよいよ下記から、第11話のネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。ネタバレを見たくあれへん人はページとじてや。真田丸第11話ネタバレ・あらすじ「祝言」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

家康が室賀正武を呼び出した理由は、真田から城についてどんな説明を受けてはるかの確認をするためやねんね。室賀正武は、徳川様が小国と手を携え上杉を抑えるための城だときちんと話をすんねな。

 

 

 

すると、家康は室賀正武に証文を見せんねんな。そこには、真田のみの名前があるだけやねんな。室賀の名前も小県衆の名もどこにもあれへんねな。室賀はそう言われてだまされたと感じてんやんな。

 

 

 

家康は、室賀正武の怒りを増長させるように話すんやんな。そして、本多正信が室賀に真田昌幸を亡き者にするようにもちかけんねな。室賀正武が小県の代表になるようにもちかけてん。

 

 

 

信繁は、梅と結婚を決めてんけどそれはあくまで側室やねんね。武士の婚姻は、身分の低い梅は側室になってしまうねんな。通常、側室に祝言はあげへんねけど、信繁は祝言をあげると話すんやんな。

 

 


Sponsored Link

 

 

母・薫の反対!

 

 

信繁の悩みは、母の薫(高畑淳子)の承諾をいかにとりつけるかやねんね。翌日、信繁は昌幸と信幸(大泉洋)に梅との結婚について話をしてんね。すると、二人とも大いに喜んでくれてんね。祝言のことも二つ返事で了承されてんね。

 

 

 

ただ、内記(中原丈雄)ときり(長澤まさみ)は落胆してんねな。ただ、結婚するだけでなくやや子までいてんからやんな。そして、信繁の予想通り薫は大反対やってんねな。

 

 

 

ちょっとした、テクニックを使ってんけどそれも逆効果になってしまってん。しかし、信繁が困ってるのをみかねた昌幸が胸をたたいて薫の説得に乗り出してんやんね。

 

 

昌幸は、薫を説得して自分の納得いく相手を正室にしたらよいではないかというねんね。薫も目を見開き、そのことで納得すんねな。せやけど、祝言は出ないというねんな。

 

 

 

せやけど、昌幸は側室なので祝言はするわけがないと言うねん。そこが昌幸の落としどころだと感じてんねんな。しかし、信繁への申し訳なさがあるため、あとのことについては信幸に投げてんねな。

 

 

 

仕方なく信幸は、そのことを信繁に伝えにいってんな。せやけど、そのことに約束が違うと信繁は納得できない。なので、薫に話に行くといった信繁を梅がとめてんねな。祝言などしなくても信繁と夫婦になれるだけでいいと言うんやんな。

 

 


Sponsored Link

 

 

室賀正武が昌幸を暗殺!?

 

 

その後、上田平で城が完成してんねな。真田の拠点となる城やんね。その落成に室賀正武がやってきてねんな。これは誰のための城じゃと聞く室賀正武。昌幸は、もちろん国衆のためのものだと答えるねんね。

 

 

 

しかし、昌幸は室賀正武のことを疑っててんね。信伊(栗原英雄)の話だと浜松城で、家康と室賀正武が密談したと報告を受けてんねん。せやから、やましいことがなければその話をするだろうと考えててんね。

 

 

 

しかし、その話をしいひん室賀。信幸は、そのことを知ってて浜松のうなぎの話をしてんねな。せやけど、それでも室賀は浜松には10年以上行ったことがないと行って帰っていったんやんな。

 

 

 

そして、もう一度、浜松城に行ってんやんな。そして、本多正信に自分には真田昌幸は殺せないと話すんやんな。しかし、本多正信は家康にもう言ってしまってて家康も深く喜んでると言い、助太刀を2人加えるとまでいうねんね。

 

 

 

そして、後ろ盾には徳川がなるからと約束をすんねな。こうして室賀正武は徳川に縛られた状況に追い込まれててんね。室賀正武が、再び浜松城を訪れたことを知って、昌幸、信幸、内記、昌相が話合いをするのですね。

 

 

 

そこで、思いつくのは暗殺。家康にたきつけられてるんやろう。ここに、信繁がいないことを考え、昌幸は室賀正武にも祝言の案内を出すと話すねんね。もし、暗殺しようと思うなら室賀正武は食いついてくるだろうと話すねんね。

 

 

 

信繁の祝言を利用!

 

 

信幸は、祝言にそんなことを確かめるのはと言って反対してんけど、昌幸は命を狙いにくるか確かめるだけだと言って押し切るねんね。信繁は、母の薫がこない祝言をやることになってんな。その当日がやってきてんね。

 

 

 

近親者の他に、室賀正武も客人としてきてはる。その後、室賀正武を囲碁に誘ってんな。昌幸は、これまで勝ったことはなかったが、最近力をつけたと言って誘うねんね。昌相と内記は、隠れ部屋に入ってずっと見てるんやんね。

 

 

 

室賀正武の家臣という名目できてはった刺客は、すでに昌相が切り殺してんね。囲碁が佳境に入り昌幸が「隙を見てわしを殺し、徳川からこの城をもらうつもりだったのか」といい、一手を打った。

 

 

 

おぬしの負けじゃ。わしの家来になれば許すと言うと、室賀正武は、わしの勝ちじゃと言って、小刀をつかんだ瞬間、昌相が出てきて背中を刺し、信幸が正面からきりつけ、内記が背後から完全に切り付けた。

 

 

 

その近くにたまたまいた、きり(長澤まさみ)はびっくりして信繁を呼びに行った。ただ事ではないことに気付いた信繁は、すぐに昌幸の居室にかけつけてんね。昌相が宣言するように言ってん。

 

 

 

室賀正武が徳川家にそそのかされ、殿を暗殺しようとしたところ返り討ちにしたと。昌幸は一言ご苦労とだけ言ってんな。信繁は、それでなざ祝言が行われたかということを知ってんねな。

 

 

 

信繁は、祝言を利用されたことよりも、昌幸の策に気付けなかったことが悔しかったんやんね。真田丸の11話のネタバレはここまで。真田丸ネタバレ12話につづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第12話 ネタバレ「人質」!!

 

真田丸第11話「祝言」の動画・感想はコチラ!

 

真田信繁と徳川家康の本当の関係を暴露します!!

 

真田丸第10話 ネタバレ「妙手」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 

 


真田丸第11話 ネタバレ「祝言」記事一覧

このページは「真田丸」11話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸11話タイトルは「祝言」やねんね。真田丸の11話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、毎週その週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいて...

このページの先頭へ