MENU

真田丸第13話 ネタバレ「決戦」!!

戦

 

このページは、大河ドラマ「真田丸13話ネタバレあらすじを書いてんねんな。

 

真田丸第13話「決戦」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてな。続きは見たい人だけみてんね。

 

 

 

真田丸の12話では、真田昌幸(草刈正雄)が上杉景勝と手を組んだんやんね。いよいよ徳川家康(内野聖陽)が真田家を滅ぼすことを決意するんねんね。第13話は、その続きからスタートするねんな。

 

 

 

いよいよ下記から、第13話のネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。タイトルは、「決戦」です。ネタバレを見たくあれへん人はページとじてや。真田丸第13話ネタバレ・あらすじ「決戦」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

家康の家臣・鳥居元忠を総大将に据え大久保忠世、平岩親吉の3人で真田家を倒す気できてんねな。家康も本多正信(近藤正臣)も、この戦を甘く考えていてんねな。まずは、降伏を促す書状を送ってんやんね。

 

 

 

昌幸がその書状を読むと、沼田城だけ譲れば兵を引くと書いてるねんね。せやけど、昌幸は興味なさげにその書状を投げ捨ててんねんな。本丸の一室には、とり(草笛光子)、きり(長澤まさみ)、薫(高畑淳子)、こう(長野里美)がいてんねな。

 

 

 

そこに梅(黒木華)がやってきて、慌ててすえに乳をあげんねんな。その姿を見た薫がかんしんすんねな。そのため、身分など関係なくなってんねな。

 

 

 

昌幸たちは軍議をひらいててんね。そこに信繁が戻ってくんねな。駒がちょうど一つ足らないと感じてたところだったのだ。そして、各人に役割を昌幸が割り当ててんねな。

 

 

 

信繁は軍議が終わると、薫たちのいる部屋に行ってんねな。初めて、娘のすえをだき抱える信繁。信幸(大泉洋)は、別動隊を率いて、上田城の東の隣接する戸石城に入って開戦を待つことになってはるねんね。

 

 

 

信繁と信幸はお互いの無事を近い別れてんねな。信繁は梅からのお守りをきりからもらうねんね。信繁は、きりに嬉しそうに6文銭について説明すんねな。

 

 

 

6文銭は三途の川の渡し賃。悔いないようにこころおきなく戦えということだと得意げにきりに説明すんねな。

 

 

 

大勝になった徳川軍との戦い!

 

 


Sponsored Link

 

 

いよいよ開戦。昌幸は、上田城の本丸で徳川の陣をみつめてんねな。そして、始めるかと言うねんね。この戦のカギを握るのは、信繁で夜が明けて徳川勢を挑発する役割になってんやんな。

 

 

 

佐助(藤井隆)が走ってきて、開戦の合図やってんねな。徳川勢は、信繁の挑発に全軍を押し出すねんね。信繁と三十郎は、適度に攻撃して反撃をかわしながら徳川勢を予定通り城下までおびき寄せてんねな。

 

 

 

信繁は誘い込むように城下町に駆け込んでんな。入口には、柵が施されてんねな。そして、入口を超えた徳川勢は乱杭が打たれた大通りに進むねんね。

 

 

 

そこに、隠れていた作兵衛(藤本隆宏)や農民たちが杭の隙間から槍でつき、石つぶてを投げて、徳川勢を横から攻撃してんねな。徳川勢は、杭が邪魔で身動きがとれんねんな。足並みが崩れてはるから、門の前には二列縦隊になってるんやんね。

 

 

 

そして、その門の前には先回りしてはる信繁らが待ってはるやんな。信繁の率いる部隊は人員こそ少ないが縦長なになってるから徳川勢と互角以上に戦ってるんやんね。

 

 

 

そして開門と信繁が叫ぶと門が開くねんね。信繁は、二の丸に逃げ込み徳川勢はまるで迷路に入ったような状況やんな。鉄砲や矢が飛んできて、徳川勢は混乱状態になってるんやんね。

 

 

 

この時に、梅は二の丸から本丸に入る脇門にいてんけど授乳と戦の準備にかけまわるうちに本丸に戻れなくなってしまってんねな。信繁が梅の危険を感じて助けようと走ると、そこに佐助がやってきて本丸の中に梅を引き入れてんねな。

 

 

 

その後、騎馬に乗った昌幸の部隊がやってきて、真田軍が一丸となって徳川勢を追い詰めるねんね。徳川勢は、撤退を余儀なくされるねん。

 

 

 

退却していった徳川勢には、信幸が待ち構え猛攻撃をするねんね。大勝利をし勝どきをあげる真田の兵。せやけど、徳川家康がこのままおわるとも思えへん。昌幸はそう感じてんねんな。

 

 

 

梅の死に涙する信繁!

 

 

信繁は、城下町を見回るねんね。北側の路地の柵が壊れてるのを見て不安がよぎってんねな。その先の廃寺を向かうと、徳川の兵だけでなく、村の人たちの死体も多数あってんねな。

 

 

 

作兵衛も傷だらけになってんやんな。ここに梅がいてへんかったのが幸いしたと話すねんね。梅が本丸に入る姿は信繁がはっきり見てんねな。その後ろで赤ちゃんの泣き声がしてんねな。その赤ちゃんこそが信繁の娘・すえやんね。

 

 

 

すえを抱いていたのは、梅ではなくきり。本丸で梅と一緒だったと話すきりだが、柵が壊されてから心配になって廃寺の方に梅が向かったと話すねんね。だから、心配でやってきたと話すねん。

 

 

 

すると、近くに亡くなった梅の姿が・・・。きりは、すえは私が育てます。この子は私がと涙ながらに話すんやんな。この戦の死者は、徳川勢は1300人を超え、真田軍はわずか50人に満たなかった大勝やってんやんね。真田丸の14話につづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第14話 ネタバレ「大坂」!!

 

真田丸第13話「決戦」の動画・感想はコチラ!

 

第一次上田合戦が起こったその背景の真実とは?

 

真田信繁と徳川家康の本当の関係を暴露します!!

 

真田丸第12話 ネタバレ「人質」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 

 


真田丸第13話 ネタバレ「決戦」記事一覧

このページは「真田丸」13話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸13話タイトルは「決戦」やねんね。真田丸の13話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、毎週その週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいて...

このページの先頭へ