MENU

真田丸第33話 ネタバレ・あらすじ「動乱」

山

 

このページは、大河ドラマ「真田丸33話ネタバレあらすじを書いてんねんな。

 

真田丸第33話「動乱」の感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてな。続きは見たい人だけみてんね。

 

 

 

 

真田丸32話のネタバレ・あらすじで、秀吉(小日向文世)亡き後に誰が国主になるのか。上杉景勝(遠藤憲一)らほかの老衆が婚礼で結びつきを強くしていく徳川家康(内野聖陽)に何も言えへんかってんね。

 

 

 

その続きとなる真田丸第33話のネタバレ・あらすじのタイトルは「動乱」やんね。ネタバレを見たくあれへん人はページとじてや。真田丸第33話ネタバレ・あらすじ「動乱」スタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

真田丸ネタバレ・あらすじ33話「動乱」

 

 

真田丸32話のネタバレ・あらすじの最後に、石田三成(山本耕史)は徳川家康を夜討ちすることを決めてんな。伏見城の石田三成の屋敷では、宇喜多秀家(高橋和也)と小早川秀明(浅利陽介)らに徳川襲撃の話を信繁(堺雅人)と4人でしてんやんな。

 

 

 

宇喜多秀家の屋敷が徳川家康の屋敷の隣にあるために、そこから橋をかける作戦を信繁が考えてんな。また、それを悟られないために別のところで騒ぎを起こすことを考えてん。石田三成もよい策であると、信繁の策に納得してんやんね。

 

 

 

しかし、その作戦を遂行する前に、中納言のもとにいると板部岡江雪斎(山西惇)のスパイ行動により本多正信(近藤正臣)に漏れてんな。徳川家康は逃げて帰るというねんけど、本多正信はこれをわざと大事にするように家康にアドバイスしてんねな。

 

 

 

そして、家康が諸大名に声をかけ、どの大名が徳川につくか見極める折だというんやんね。本多忠勝(藤岡弘)が陣をとり兵の指揮を高めてんやんな。その様相が、石田三成のところにも報告が入ってんな。

 

 

 

信繁は、いったんあきらめるべきだというねんけど、三成は秀頼から徳川征伐の許しをもらいに行くというんやんな。小早川秀明には、毛利の説得を信繁は上杉の説得をお願いされてんね。

 

 

 

信繁が、廊下を歩いていると小早川秀明が毛利を説き伏せるのは自分には荷が重いというねんな。信繁は、身内なのでというけど、小早川秀明はなんとも自信がなさげな様子やってん。信繁は上杉のもとに行くんやんな。

 

 

 

信繁は、上杉のところに行き直江兼次(村上新悟)と話しをしてんけど、上杉景勝(遠藤憲一)を巻き込まないでほしい。徳川とことを構えたくない。そう言って断られてんな。

 

 

 

なんとか説得しようとする信繁やねんけど、これ以上は時のムダだと言って話を終わらせられんねん。その後、信繁は大谷吉継(片岡愛之助)のところに向かった信繁。大谷吉継は、石田三成は少し焦りすぎたといってんな。

 

 

昌幸の動向はどうなる?

 

 

その後、信繁は真田屋敷に行くねん。真田のところに徳川家康から文が届いているというねんね。真田昌幸(草刈正雄)は、今さら徳川の味方はできないというんやんね。先日、徳川に刺客を放ったばかりだからというんやんね。

 

 

 

せやけど、信幸は稲(吉田羊)のつながりがあるため、顔を出すというんやんな。廊下で信繁と信幸が話をしてん。信幸は、敵味方に別れて戦うのだけは勘弁してほしいと言われてん。

 

 

 

そこに、きり(長澤まさみ)がやってきて、寧(鈴木京香)が呼んでいると信繁に伝えてん。信繁は急ぎ寧のところに行くねんね。寧は、まだ豊臣秀吉(小日向文世)が死んでからまだ1月もたたないうちにこの騒ぎは何事かと信繁をしかりつけてんね。

 

 

 

小早川秀明が寧に告げ口をしてんな。そして、寧は加藤清正(新井浩文)と福島正則(深水基樹)もここに悩んでやってきたというねん。寧は、その二人に徳川につくように助言したというんやんね。

 

 

 

石田三成はもうちょっと賢いと思っていたのだが・・・すぐに石田三成にやめさせるようにいうねん。信繁はきりにどう思うか聞くと、きりは石田三成はしまったと思っている。

 

 

 

しかし、男の人は一度振り上げたこぶしをなかなかひけない。特に自分から言い出したことになると引けないものだというんやんね。そのことに、信繁が妙に納得してんやんね。

 

 

 

信幸が徳川屋敷に向かうと、物々しい様子に驚いててんな。信幸は乗り気でないため端の方に静かに座っててんけど、本多忠勝に見つかって大々的に言われてしまうねんな。

 

 

 

石田三成が大阪城の秀頼の許しを得て、旗印になってもらうようにお願いしてんけど、前田利家にあきらめるように言われてしまうんやんな。一方の信幸のいる徳川屋敷では、伊達政宗(長谷川朝晴)など有力な大名が集まっててんな。

 

 

 

その中で、徳川家康を暗殺しようと襲ったのも石田三成の仕業だと広まっててんな。そのことを聞いた、加藤清正が怒り狂ってんな。そして、石田三成の屋敷にやってくるねん。信繁が対応すると、お前じゃ話にならないと言われてしまうねん。

 

 


Sponsored Link

 

 

加藤清正が石田三成に直談判

 

 

まだ大阪から戻ってきてへんかってんな。そこに石田三成が戻ってきてんな。加藤清正は石田三成に兵を引くように言うねん。出来ないという石田三成。そして、加藤清正になぜ徳川家康についたのだと言われてんな。

 

 

 

加藤清正は、秀吉の後を託されたのは徳川家康だからむやみに殺すわけにはいかんというねんね。石田三成はなぜ徳川家康の魂胆がわからんのか。そういっても、力づくいくのはお前らしくない、そう加藤清正はいうねんね。

 

 

 

よっぽど振り上げたこぶしをどうしたらいいか困っているんだろ。だったら、俺と腕相撲しようというねん。しかし、石田三成は加藤清正に徳川屋敷に戻るようにいうんやんな。加藤清正は、戦になったらお前のことを殺すぞというねん。

 

 

 

しかし、それでも石田三成は望むところだといってんな。軍議をしている石田三成と宇喜多秀家、信繁に小早川秀明。石田三成は毛利も上杉も動かないということに何をしてたんだと怒るねんな。

 

 

 

宇喜多秀家に秀頼はどうなったかと聞かれてんけど、それもダメだったと三成が答えるねんね。いったいどうするのか。宇喜多秀家が言うと、細川忠興を味方に引き入れようと石田三成は考えてんな。石田三成自身が細川屋敷にいってんな。

 

 

 

細川屋敷に、干し柿をもって挨拶に行った石田三成だが、加藤清正や福島正則が早々と徳川についた。その二人は大の苦手だというねん。しかし、それ以上に石田三成が嫌いだというねん。石田三成が来るまでどちらにつくか決めかねていた。

 

 

 

しかし、これより徳川屋敷に向かって家康につくというんやんね。信繁は、昌幸のところに行くねんな。すべては昌幸にかかっている。そう信繁が話すんやんな。しかも、信繁は昌幸に徳川につくように言うんやんね。

 

 

 

石田三成をあきらめさせるために、徳川につくようにお願いしてんねな。そして、昌幸は徳川屋敷に行くことを了承してんやんね。石田三成は大谷吉継のところに行くねん。体のことを心配してこれまで声をかけなかったが、最後に頼むのは友。

 

 

 

そうい石田三成に、大谷吉継は徳川屋敷に向かうというねん。石田三成は間違っている、徳川家康を中心に秀頼を守っていく。それ以外に豊臣の世を続けていく道はない。そう話す大谷吉継。

 

 

 

石田三成は、ここだけの話として秀吉が死を前にしたときに徳川家康を殺せと言われた。大谷吉継は、死を前にした老人の世迷いごとに振り回されるな。と強く石田三成に伝えてんな。石田三成は、今の言葉は例え大谷吉継でも許さん。

 

 

 

そう石田三成が言うも、徳川家康を殺した後どうするのか。そう大谷吉継はいうねんな。どれだけの大名が石田三成につくのか。そう大谷吉継は石田三成を諭すねんな。今、兵を引けばとがめられることはない。

 

 

 

それでも、石田三成は止められへんねな。そして、大谷吉継も徳川屋敷に入ってんな。大谷吉継に徳川家康が喜び話をすんねな。大谷吉継は、秀吉のつくった泰平の世を乱すものを許さん。大谷吉継は秀頼の家臣である。

 

 

 

そう話すねんな。そこに、真田昌幸もやってきてんな。こうなっては石田三成も、手も足もでまいと喜ぶ家康。昌幸は、軍議をひらきはじめてんな。昌幸が仕切ることに異論を申す加藤清正だが、大谷吉継が昌幸に任せようと話してん。

 

 

 

すると、ほかの大名がみな昌幸に任せてんな。最も、危ないのは正面だといい加藤清正、福島正則を正面に配置するようにいうねんな。一方の、石田三成は自分たちだけで徳川屋敷を襲うと出陣の準備をするように命じてんね。

 

 

上杉景勝が石田三成を止める

 

 

一方の上杉景勝は直江兼続に、石田三成のことについて確認してんねな。義のためなら命を捨てることができるのが石田三成だと直江兼続が言うねんな。

 

 

出陣の準備をしていた石田三成のもとに、大谷吉継の旗、真田昌幸の旗もたったと伝達があってんな。どういうことだと問い詰められる信繁。信繁は、ここまでだというねん。今ならまだ収まりがつくのでいうんやんな。

 

 

 

宇喜多秀家には、まだまだ老衆として、徳川家康の暴走を止めてもらわねければならないので、石田三成は自分の兵だけでいくと言い出してんね。すると、信繁がいけませぬと止めてんな。石田三成は、まだまだ生きなければならない。

 

 

 

そう必死で止めてんな。欲で動く徳川家康ではないもの。石田三成しかできないものがある。死んではなりません。そう必死で止めてる際に、上杉景勝がやってきてんな。上杉景勝はここまでにしておけ。徳川家康はわしが倒す。

 

 

 

直江兼続は、上杉景勝は本気になったというねん。秀吉の前で誓った義をないがしろにするものをわしは許さんといって、今は命をつなぎ時を待つのだ。そういい、石田三成を抱きしめてんな。

 

 

 

徳川家康は、石田三成が戦支度を解いたことでたいしたことないやつだと本多正信にいうんやんな。そして、わしの一声で豊臣の大名がこれだけ集まった。そういって、徳川家康が天下取りに動きだしてんやんな。

 

 

 

こうして、本多正信の狙い通りになってんやんな。真田丸33話のネタバレ・あらすじはここまで。真田丸34話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第34話 ネタバレ・あらすじ

 

真田丸第32話 ネタバレ・あらすじ「応酬」

 

第二次上田合戦についてはコチラ!!

 

真田信繁の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


真田丸第33話 ネタバレ・あらすじ「動乱」記事一覧

このページは「真田丸」33話の感想になるんやんな。真田丸33話タイトルは「動乱」やねんね。さっそくですが真田丸の33話の感想をお伝えしていくんやんな。真田丸32話のネタバレの最後に、石田三成(山本耕史)が徳川家康(内野聖陽)の襲撃をしようとしてんやんね。そのことに驚く真田信繁(堺雅人)。真田丸の33話を簡単にまとめると、石田三成が徳川屋敷の襲撃を実行しようとしますが、その情報が洩れてしまうんやんね...

このページの先頭へ