MENU

真田丸第4話「挑戦」の動画・感想!

危険

 

 

このページは、「真田丸」4話の動画・感想になるねんね。

 

 

真田丸4話のタイトルは「挑戦」になんねな。真田丸の4話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。

 

 

 

NHKの大河ドラマを見逃した場合は、翌週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えます。

 

 

 

本サイトをこれまでずっとを見ていただいてたあなたはご存知やと思うねんけど、これまではずっと無料で動画を再放送の代わりに配信してきてんねな。

 

 

 

せやけど、視聴者の数名からウイルスにかかったという声をいただきましたので、今後はこちらのより確実に安全・安心な動画のみをアップしていきます。まずは、登録してくださいね。

 

真田丸4話の再放送動画はコチラ

 

 

 

真田丸第3話の動画では、信幸(大泉洋)が上杉に持っていこうとした書状が昌幸(草刈正雄)の演技だったたんやんな。

 

 

 

それは、織田信長に真田昌幸の価値を高めるための演技やってんな。また、松(木村佳乃)の夫で小山田茂誠(高木渉)が戻ってきてんやんな。

 

 

 

昌幸に見つかれば腹を切るように命じられるであろうから、堀田作兵衛(藤本隆宏)がかくまっていてんねな。そして、真田丸4話の感想では真田昌幸と信繁(堺雅人)はいよいよ織田信長と会うことになってんやんな。

 

真田丸4話の再放送動画はコチラ

 

 

 

昌幸は信繁に決して下手に出てはならんというねんね。昌幸はすごいね。織田信長相手にようそんな強気なこと言えるなって・・・昌幸の心はどんなになってるんやろか?

 

 

 

せやけど、室賀正武(西村雅彦)とのやりとりは面白かってんな。実は、昌幸の方が上手いってるのにね。あの室賀正武の得意げな顔。

 

 

 

徳川家康の弓よりも真田家が上をいってる?

 

 

室賀が偉そうに言ってきたことがとても面白かったですね。なんとも言えんところがありましたね。昌幸が来ている時に、徳川家康(内野聖陽)も来ててんな。信繁は、織田の弓を見たいといって見ていたのは徳川の弓やねんな。

 

 

 

その話をしている相手はなんと徳川家康やねんね。信繁は家康が相手だとは知らずに、弓なら真田の方が上をいっているというねんね。せやけど、信繁は本当に怖いもの知らずなねんね。

 

 

 

知らんとはいえ、家康相手に真田の方が上をいっているなんてよく言えましたよね。織田家にいなかったら、本多忠勝(藤岡弘)に切られてたかも。そう思うような話ぶりでしたね。

 

 

 

信繁が家康だと知った時のあいの謝りぶりは・・・。それにしても、家康はたぬきやんな。昌幸もそやけど昌幸のい以前の名を言うて探りいれるあたりの駆け引きがなんとも面白ろかってんな。

 

 

 

松を問い詰める信幸!

 

一方、信幸は、昌幸たちの様子が気になって何もてにつかへんような状況になってんやんな。ただ依然として、梅(黒木華)たちが小山田茂誠(高木渉)をかくまっているねんね。

 

 

 

その様子を見て、信幸は松を問い詰めるねんね。せやけど、きり(長澤まさみ)が松と女だらけで女子会をしていると話を合わせてくれてんね。

 

 

 

信幸は、作兵衛に昌幸が戻るまでの間に茂誠を行き先を考えておくようにいうねんね。やっぱり猿芝居はさすがの信幸でも見抜いててんやんな。

 

 

 

随分と待たされてんけど、信長にあわせる前に信長の嫡男の信忠が昌幸に聞くねんね。うまく、作戦通りその難を逃れるねんね。せやけど、一緒にいてた家康はよう読んでてんやんな。

 

 

 

家康に見破られる昌幸!

 

 

家康が直江兼続(村上新悟)がいるから確認するって言われてもびくともしいひん、昌幸の気持ちがすごく伝わってきてんやんな。戦をしにきたという覚悟があったからこそ、難を乗り切れたんやんな。

 

 

 

私なら絶対に無理やねんね。家康のプレッシャーに絶えれへんわいね。ほんでまた、信長はしぶかったねえ。よき面構えじゃって一言だけであんな迫力があるとは本当に信長には風格があってんな。

 

 

 

せやけど、勝ち戦じゃあと誇った昌幸にちょっと辛い知らせが滝川一益(段田安則)からあった時の顔と言えば・・・やんな。沼田城と岩櫃城が自分の手から離れてんからそりゃあそうやんね。

 

 

 

しかし、信長は相当凶暴やんな。明智光秀は殺されるんちゃうかってぐらいやられてたやんな。信繁はどんな気持ちで信長が光秀を蹴倒したところを見てたのか気になりますね。本当に、殺しかねないと思ったのかもしれへんね。

 

 

 

松を説得するのに秘策が?

 

 

それぐらい凶暴やねんね信長は。信長の元に人質を出すことになった真田家ですが、人質には松がいいと信繁がいうんやんな。自ら説得するといった信繁には策があったからなんでしょうね。

 

 

 

自信を持って説得していた信繁には茂誠をまぎれこませることで、松は喜んでいくというねんね。せやけど、とり(草笛光子)が人質になりかけていた時には焦ってましたね〜。

 

 

 

松だけでなく、信繁、信幸も後押しすることで松が人質になってんやんな。この場面もコントを見てるようで面白かったなあ。さすが三谷作品って思いましたね。

 

 

 

そして、信繁は茂誠のことを松の近くで働けるように段取りしてんねな。もう本当に、松と茂誠は信繁に感謝しかないですよね。それだけいろんなことが、うまくいったんやから。

 

 

 

しかし、真田が家臣になってすぐのことですね。本能寺が起こってんやんな。これはヤバいやんな。もう少し、時を待ってた方が良かったかもしれへんね。

 

 

 

信長が死んだらなかなかうまいこといかへんで。どうしても、今後のことが気になるんやんね。真田丸4話の感想では、何よりも昌幸が良かったですね。なんか主役が昌幸かってぐらい独壇場やねんね。

 

 

 

徳川家康と対峙してもまったくひけをとれへんかったんは本気で凄かったですね。まだ、信繁にあんなことはできへんやろな。本当に肝がすわっていますね。

 

 

 

昌幸を演じる、草刈正雄さんが本当にいい演技してますよね。なんか、面白いところとマジなところが両方まざっているので、真田丸は面白いんでしょうね。真田丸4話の感想はここまで。真田丸5話の感想につづく。

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第5話「窮地」の感想!

 

真田丸第3話「策略 」の感想!!

 

真田丸4話の再放送動画はコチラ

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 


このページの先頭へ