MENU

真田丸第47話 ネタバレ・あらすじ「反撃」

反撃

 

このページは、大河ドラマ「真田丸47話「反撃」のネタバレあらすじを書いてんねんな。

 

真田丸第47話の動画・感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人はこのページを今すぐ閉じてな。続きは見たい人だけみてんね。

 

 

 

 

真田丸46話のネタバレ・あらすじの最後に、徳川家康(内野聖陽)の軍に大阪城の天守閣に砲弾され、天井が落ちたくさんの待女が死ぬという状況に陥ってるんやんね。それは、豊臣方が和睦をするかどうかの判断を決める大事なときやってんね。

 

 

 

和睦をすすめる大蔵卿や有楽斎(井上順)らと、戦を継続するという真田幸村(堺雅人)の意見がぶつかった後のことやってん。最終的には幸村が茶々(竹内結子)に頼み戦を継続する方向で話が進んでいる最中の出来事やってん。

 

 

 

その続きとなる真田丸第47話のネタバレ・あらすじになるんやんね。タイトルは「反撃」になります。ネタバレを見たくあれへん人は今すぐページとじてや。真田丸第47話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 


Sponsored Link

 

 

真田丸ネタバレ・あらすじ47話

 

 

徳川軍の中で、片桐且元(小林隆)が家康に抗議してんね。片桐且元は、茶々をさけて攻撃するために、居室の場所を教えたにもかかわらず家康がその茶々がいる居室を狙ったからやってんな。

 

 

 

片桐且元は、この自分がとった行動がいかに軽率だったかと自らをせめこの半年後に自ら命をたってんやんね。一方、茶々は今回の砲撃によってこれまで幸村が言っていたように戦を続けるべきだと思っていたのが和睦の方向に一気に傾くねんな。

 

 

 

幸村は、これぐらいの脅しに屈したらならぬというねんけど、肝心の秀頼(中川大志)はもう自分ではどうすればいいのかわからないとさじを大野治長(今井朋彦)に投げてんやんね。

 

 

 

大野治長は、和睦の案を作りそれで双方の落としどころをさぐっていくということになるねんな。幸村は、そのことで考えてんね。徳川家康だったら何を考えるだろうかと。おそらく大阪城の牢人をいなくすること。

 

 

 

その後に、大阪城の攻撃をしてくるだろう。そう考えてん。なので、幸村は徳川家康の意のままにするのではなく少しでも、豊臣方になるように手をつくすことを考えてん。そして、幸村は軍議が行われる秀頼の居室を訪れてん。

 

 

 

大野治長や有楽斎もそこにはいてたんやんな。幸村は、牢人たちを豊臣の家臣として認められるような和睦の内容にしてほしいとお願いしてんねな。しかし、大蔵卿はそのことに反対するんやんな。ただ、秀頼は前回の牢人の活躍を知っててんな。

 

 

 

せやから、できる限りのことをしてあげたいと話してん。有楽斎は、おそらく和睦になると茶々を人質に出すこと。そして、秀頼を大阪城から出ることを条件にされるだろうというねんな。秀頼は、自分が城を出ることを決意しててんね。

 

 

 

そのことで、平和な世の中が戻るのであれば秀頼は城をでよう。そう不利な和睦も受け入れる構えを見せてんね。豊臣方は、家康に和睦の書状を送ってんね。そこには、牢人を養うために領地を増やしてほしい。

 

 

 

その代わりに、秀頼は大阪城をおり四国の2国をもらいたいという内容やってんな。秀忠(星野源)は、和睦というのに不満をもっててんな。本多正信(近藤正臣)は和睦とみせかけて総攻めする作戦を考えているというねん。

 

 


Sponsored Link

 

 

交渉役は茶々の妹の初

 

 

そこで、家康は国を大阪ではなく関東にすることとの内容を送ってきてんな。秀頼は、関東に国替えすることに抵抗があってんな。関東は家康のひざ元。しかも、秀頼からは遠く離れてしまう。幸村はそれが家康の策であることを読んでてん。

 

 

 

家康は、あえて出来ぬ相談をしてこちらの出方をうかがっていると話してん。有楽斎が、交渉に出向いてきたいというんやんな。せやけど、有楽斎はかなり怪しい人物だと幸村は感じててんな。

 

 

 

せやから、有楽斎が交渉役をすると、策士の本多正信が出てくるからやっかいだという理由をつけて、交渉役をさせないいようにしてんね。ここは、おたがい女子がいいと、茶々の妹の初(はいだしょうこ)がいいと幸村が提案してんね。

 

 

 

その人選に大蔵卿局(峯村リエ)はもちろん嫌そうな顔をしてんな。徳川方は、阿茶局(斉藤由貴)を交渉役に指名してんね。初は、自分がそのような大役をして大丈夫なのか。不安でならない様子やってん。

 

大蔵卿局は無能で裏切りものって本当なの?

 

 

 

初は、阿茶局がどのような人なのか確認してんけど、茶々は知らないというので、かわりにきり(長澤まさみ)が答えてんね。きりは、なかなかの曲者だと伝えてん。その時に、幸村がひらめいてんね。きりを初の付き添いとしていかせることを。

 

 

 

茶々が了承し、きりが初と大蔵卿と一緒についていくことになってん。幸村は、きりに雲行きが怪しくなったらとにかくかき回せ。流れを変えろ。きりにしかできないことだといってお願いしてんな。それに対し、きりはしぶしぶ引き受けてん。

 

 

 

秀頼は、今更ながら幸村のしぶとさに感心してんね。物事がうまくいかなくても次々といろんなことを考える幸村の姿勢を喜ぶねん。幸村は、望みを捨てぬものだけに道は開けるのだというねんな。その言葉に秀頼は奮い立つような気持ちやってんな。

 

 


Sponsored Link

 

 

きりが初のお供をすることに

 

 

慶長19年(1614)12月18日、おんなたちによる和睦交渉が始まってんな。取り仕切りは、阿茶局。阿茶局は、茶々を人質にはしないから安心するようにというねんな。秀頼についても、領地を安堵。大阪城を明け渡すこともしないというねん。

 

 

 

牢人たちの処罰をすることもせず、あとはおいおいというねん。初は、裏があるような気がしていたが気おくれして口を出せないでいてんな。そこで、きりが流れを変えるために足をつったといって、その場をかき乱してん。

 

 

 

すると、初は牢人の処遇について確認してん。牢人たちのために領地を増やしてほしいという話を決めないと牢人たちが困ってしまうと初が行っても、阿茶局はすっと話題をすり替えてしまうねんな。

 

 

 

そして、阿茶局は大蔵卿が牢人たちが大阪城にいることを不満に思っているのを利用してんな。阿茶局は、真田丸を取り壊し塀を埋めればいくらなんでも牢人たちは出ていくしかないだろう。

 

 

 

そう大蔵卿に言うと、その言葉に賛成した大蔵卿と阿茶局で和睦の内容をほとんど決めてしまうねんな。しばらくして、その和睦は成立してんね。豊臣の領土の安堵など豊臣方に有利な内容の和睦になってることに、幸村は一抹の不安を感じててん。

 

 

 

それは、大野治長も同じでほかにも大蔵卿と阿茶局の間で決めてしまったことがあるのではないか。幸村がきりに確かめてん。きりは、真田丸の取り壊しと塀の埋め立てが記されてないと幸村に伝えるんやんね。

 

 

 

そのことについて、幸村が確認している間に真田丸の撤去が始まってしまってんな。治長と幸村、そして秀頼も一緒に大蔵卿に確認してんね。なぜ、そのような取り決めをしたのか。

 

 

 

諦めない牢人たち

 

 

大蔵卿は、もう戦は終わったので真田丸は不要なので取り壊しを約束したというねん。幸村は、なぜ家康の狙いがそこにあることがわからないのか。と厳しく問い詰めるねん。

 

 

 

せやけど、大蔵卿はすべては豊臣のためだといい、有楽斎もまたこれでよかったのだと呟いてん。大阪城の塀は、徳川の兵によりどんどん壊されていくねんな。それを、徳川家康は高笑いしながら眺めてるねんな。

 

 

 

そして、秀忠にこれが城攻めだと誇らしげにいうんやんな。一方、幸村はもうこの戦で勝ちはなくなったと思ってん。そのため、牢人たちに頭を下げてんな。そして、幸村は部屋に戻ってんな。

 

 

 

すると、そこに後藤又兵衛(哀川翔)らがやってきてん。策を立てて欲しい。幸村は、勝つためにここにやってきたのだろうと励ますねん。そこに、秀頼と治長もやってきてん。秀頼は、望みを捨てぬものだけに、道が開けるのではなかったのか。

 

 

 

秀頼はまだ捨ててないと幸村の手を握ってんな。幸村が涙ながらにうなずき、又兵衛が大声で叫んでんな。真田丸47話のネタバレ・あらすじはここまで。真田丸48話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第48話 ネタバレ・あらすじ「発火」

 

真田丸第47話の動画・感想はコチラ!

 

大蔵卿局は無能で裏切りものって本当なの?

 

真田丸第46話 ネタバレ・あらすじ「砲弾」

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

大阪冬の陣での真田幸村の活躍はどんなものだったの?

 

大阪夏の陣で真田信繁(幸村)は活躍してない?その真実を暴露!

 

真田信繁には子孫は現在もいるの?

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


真田丸第47話 ネタバレ・あらすじ「反撃」記事一覧

このページは「真田丸」47話の再放送動画と感想についてお伝えしてんねな。真田丸47話タイトルは「反撃」やねんね。真田丸の47話の個人的な感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、その週の土曜日の13:05〜再放送動画がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。こちらのサイトをこれまでを...

このページの先頭へ