MENU

真田丸第5話のネタバレ・あらすじ「窮地」!!

城

 

 

このページは、NHKの大河ドラマ「真田丸」の第5話ネタバレあらすじを書いてんねんな。

 

真田丸第5話「窮地」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人は今すぐこのページを閉じてな。見たい人だけ続きはみてんね。

 

 

 

第4話で、真田昌幸(草刈正雄)が見事に織田信長(吉田鋼太郎)の家臣になることができてんね。その織田信長の緊張感ときたら、もう半端あれへんねんな。せやから、昌幸と信繁(堺雅人)は緊張しながら織田家に向かってんね。

 

 

 

第5話は、その続きからスタートするねんな。いよいよ下記から、第5話のネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。ネタバレを見たくあれへん人はみいひんようにしてや。真田丸第5話ネタバレ・あらすじ「窮地」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

1582(天正10)年6月2日、京都の本能寺で明智光秀(岩下尚史)の謀反により、織田信長がまさか殺されるねんな。世にいう「本能寺の変」やねんな。

 

 

真田昌幸が織田家の家臣になってから、わずか数日余りの出来事やねんな。また、信長の跡を継ぐ信忠(玉置玲央)は明智軍と戦って自ら腹を切ってんねんね。

 

 

 

信長の死で家康もピンチに!?

 

 

その頃、徳川家康(内野聖陽)は穴山梅雪(榎木孝明)とともに京都に向かってはってんけど、明智光秀が謀反をおこしはったことから、信長はもういてへんちゃうかと予測しててんね。

 

 

 

また、京都は明智光秀が猛威をふるってはるはずやねんから、家康は逃げるしかあれへんねんな。せやけど、なかなか道が決まれへんねんな。

 

 

 

どのみちを通っても危険が多すぎるからやねん。まだ、当時の家康に明智光秀と戦えるだけの力はあれへんやってんな。せやから、選択肢は逃げることしかあれへんやってんね。

 

 

 

信長の死で慌ててた家康だったが、次第に落ち着いてきてんね。冷静に逃げる道を考えて普通なら通れへんような山道を選択してんな。それが、家康にとっての唯一、この戦国時代を生き残る方法やってんな。

 

 

 

松(木村佳乃)を織田家の人質に連れてきてはる信繁(堺雅人)は、大混乱に落ちてはった商人たちに聞いてみるも、状況が判断できひん。松の安全を小山田茂誠(高木渉)に任せ、京都に向かうことにしててんね。

 

 

 

一方、本能寺の変のことについてまだ、情報が伝わってへん真田家では、きり(長澤まさみ)の結婚相手のことを高梨内記(中原丈雄)が話をしてんねんな。真田家に奉公に出すように、昌幸に相談をしてんねんな。仕事は奥の仕事。

 

 

 

内記としては、信繁と結婚してくれはったらと思ってのことやねんな。せやけど、信繁は梅(黒木華)がスキやんね。そのことを知ってはるきりとしては、複雑な気持ちやんな。

 

 

 

徳川家康の一行は、伊賀の厳しい山道をなんとか急いでてんね。せやけど、梅雪は腰痛を理由にとうとう別行動をすることになってんね。せやけど、結果としてそれが梅雪の運命となってしまうねんな。

 

 

 

その後、しばらくして梅雪は命を落とすねんな。家康と別れたために襲われて切られてんね。家康も明智の兵に襲われたりしかけてんけど、なんとか命からがら岡崎城にたどりついてんね。

 

 

真田昌幸が織田信長の死に動揺?

 

 

そして、昌幸と信幸(大泉洋)のもとにも京都から戻ってきた薬売りの情報によって、信長の死を知ってんね。昌幸は、正直なところあの信長がそんな簡単にやられるのかと思っててんね。

 

 

 

そのタイミングに、明智光秀から書状が届いてんね。その使者は、ほかの国衆の分ももってはる。せやから、それを半ば強引に奪いとってんな。文の内容は、信長を退治してんからわしの味方につけという内容やってんね。

 

 

 

他の国衆に対する手紙も同様の内容になってんねんな。せやから、真田家以外に届いた書状以外はすべて燃やして捨ててんね。そして、取り急ぎ国衆を集めてんねんな。

 

 

 

滝川一益(段田安則)が国衆たちを集めるために真田のもとから去ると、昌幸はいつになく弱気になってんね。それだけ、昌幸は信長にかけててんね。昌幸は信幸にどうすればいいか聞くなどと普段は行わないようなことを行ってはる。

 

 

 

しかし、しばらく時間が立つといつもの昌幸に戻ってんね。大体不敵に面白くなってきたと笑いだしてんな。せやけど、一つ気がかりなのは松についてやねんな。松は安土城に織田の人質のためにいてるねんな。

 

 

 

そこに明智がせめてきて人質にとられたら、明智の下につくしか選択肢があれへんなる。安土城がどうなってるのか、すぐに確認するように佐助(藤井隆)に命じてんね。そして、それは本能寺にたってた信繁も感じてんね。松が危ない。

 

 


Sponsored Link

 

 

小国の国衆で作戦会議

 

 

真田家に国衆が集まると早速に室賀正武(西村雅彦)は昌幸の責任を追及するねんな。せやけど、昌幸は手紙を届いたのは真田だけ。真田のことは明智にもと知ってると胸を張ってんねんな。

 

 

 

そこで、ほかの国衆に対する手紙をすべて破ってたのが功をそうしてんね。昌幸は、まだ明智に書状の返事をせずにいることを伝え、そして、我々は上杉につくことを宣言するねんな。

 

 

 

せやけど、そこでも正武が言うねんな。織田が黙ってはるわけがないと。せやから、昌幸は先手を打って上杉家をつかって織田を追い出すと話すねんな。

 

 

その準備として、既に信尹(栗原英雄)が上杉景勝(遠藤憲一)と交渉をしてはる最中やと話すねんな。上杉謙信の跡を継いだ景勝は、状に厚く小国の事情を知るやいなや後ろ盾になることを約束してんね。

 

 

 

せやけど、織田家を追い払うのは断られてんね。織田家は信長が打たれて失速してんね。その相手に追い打ちをかけはるんは、家訓に反するのだというねんな。

 

 

 

その旨の書状が信尹から届くと、昌幸は違う見方をしててんね。これまで、上杉は信長に責められていて、信長が死んだことで救われてんね。せやから、今の上杉は戦どころではあれへんというのが本音になると感じてん。

 

 

 

これまで、何も口をはさんでこなかった信幸が昌幸に、織田家の家臣としてその道をまっとうするべきじゃないかと意見をすんねんな。せやけど、昌幸は信幸の話をまったく相手にしいへんねんな。

 

 

 

信繁の活躍で松が明智に人質にされへん?

 

 

一方の信繁は、松を助けるために織田家の混乱を利用して安土城に入ってんね。信繁、三十郎(迫田孝也)、茂誠は松を発見してんねんな。織田家の見張りのものも逃げてるねんな。

 

 

 

せやから、明智軍がくる前に逃げることを話すねんけど、松がなんとそこにいる他のおなご衆や子供と一緒でないと逃げへんとひかへんねんな。信繁は、安土城を見た時に、井戸が抜け道だと感じてんね。

 

 

 

せやから、井戸の蓋を開けてみてんね。案の上、抜け道があってんね。信繁たちはどうにか、こうにか明智軍から逃げることができてんね。第6話につづく。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第6話のネタバレ・あらすじ「窮地 」!!

 

真田丸第5話「窮地」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸第4話のネタバレ・あらすじ「決断 」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真田丸第5話のネタバレ・あらすじ「窮地」記事一覧

このページは「真田丸」5話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸5話タイトルは「窮地」やねんね。真田丸の5話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、翌週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えます。本サイトをこれまでずっとを見ていただいてたあなたはご存知やと...

このページの先頭へ