MENU

真田丸第6話のネタバレ・あらすじ「迷走」!!

迷走

 

このページは、NHK大河ドラマ「真田丸」の第6話ネタバレあらすじを書いてんねん。

 

真田丸6話「迷走」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人は今すぐこのページを閉じてな。見たい人だけ続きはみてんね。

 

 

 

第5話で、織田信長(吉田鋼太郎)が死んでしまったことで真田昌幸(草刈正雄)は上杉景勝(遠藤憲一)につくことにしようとしてんね。

 

 

 

また、真田信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)をなんとか安土城から助けだすことができてんね。信繁が、安土城を見回ってたことが功をそうしてんね。なんとか明智軍に見つかる前に逃げきることができてんね。

 

 

 

第6話は、その続きからスタートするねんな。いよいよ下記から、第6話のネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。ネタバレを見たくあれへん人はページとじてや。真田丸第6話ネタバレ・あらすじ「迷走」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

信繁らが安土城から脱出してんけども、安土城の付近には明智軍がうようよといてんねんな。信繁らは、農具小屋に隠れててんけど、一緒に逃げた子供が泣き出してんね。

 

 

 

せやから、明智勢に気づかれてしもてん。信繁たちは懸命に戦うが人質が追い詰められんねんな。ついには、松(木村佳乃)は身を投げ出して崖から落ちてしまってんな。信繁と佐助(藤井隆)が、やってきた時には一瞬おそかってんな。

 

 

 

小山田茂誠(高木渉)は、松がいなくなったことから、まるで抜け殻のようになっててんな。信繁がなんとか励ますも、松のそばにいたいというねんから、茂誠を残し、信濃へと歩を進めるねんな。

 

 

 

北条と滝川一益を天秤にかける?

 

一方、真田家のほうでは大きく動きがあってんな。滝川一益(段田安則)が織田信長の死を知ってんね。真田昌幸は、当然、呼び出されるねんね。いよいよ、身の振り方に昌幸は悩んでるねんな。どうするべきなのか。

 

 

 

せやから、改めて真田信幸(大泉洋)の意見をきくねんな。信幸は、織田家に仕え、信長の敵をうつべきだと話すねんな。それは、信幸らしい誠実な回答やってんな。

 

 

 

それを聞いてから、昌幸は一益のもとへいってんな。一益は、信長がいなくなったことから、近隣諸国からの反旗を翻した国衆に手を焼いててんね。せやから、力のある真田についても同様になりはると思ってみてんねんな。

 

 

 

そのため、一益は昌幸に人質を要求するねんな。昌幸は、人質について了承し、明智を討つには滝川一益のほかにはいてへんと話すねんな。そして、昌幸は、国衆を集め今後の方針を話してんねんな。

 

 

 

それは、一益を盛り立ててくことねんな。せやけど、今回は多くの国衆が反対してんね。室賀正武(西村雅彦)が話をはじめ、一益らの織田勢を追い払おうと言うねんな。

 

 

 

そして、北条に使えるという意見で一致してんね。昌幸も北条に仕えることでよいと話すようになるねんね。信幸は、昌幸の変わり身の早さに開いた口がふさがれへんねな。昌幸は信幸に言ってんね。

 

 

 

国衆が帰ったあとに、織田と北条の天秤でしばらく行くねんと。せやから、一益が明智を討つまでは北条とことを構えてもらっては困るねんな。そこで、信尹(栗原英雄)が北条に顔がきくので北条氏政(高嶋政伸)に会うように命じてんねんな。

 

 

 

北条は、信長の死は織田家から上野の領土を取り返す二度とあれへんチャンスだと思ってんね。せやから信尹の仕事はなかなか難しい。信尹は、一益が明智を討つ戦にでるからしばらく待ってほしいというねんね。

 

 

 

氏政は、信尹に笑いながら戦をしいひんように約束をするねんな。しかし、氏政は氏直(細田善彦)に戦の用意をするように命じてんね。明智討ちが終わり次第、上野に攻め込むつもりやねんな。

 

 

家康は本腰を上げず

 

 

徳川家康(内野聖陽)は、伊賀越えで疲労困憊の状況やねんな。とても明智光秀をうてるような状況やあれへん。織田家へは形だけ協力するような素振りをみせてんねな。

 

 

 

そこへ、一益から北条との戦に備えた援軍の申し出があってんな。家康は断らず、兵を出すといってのらりクらりという作戦にしてんね。それは、本多正信(近藤正臣)のアドバイスからそうしてんね。

 

 

 

信繁が真田家に戻ってんね。信繁は昌幸と信幸に松の死を謝ってんね。昌幸や信幸は信繁をねぎらったが、母の薫(高畑淳子)は悲痛な思いをしてんねんな。

 

 

 

そして、信繁は信幸に聞かはってんな。今後、真田家はどうなってくのかということを。信幸は、正直に答えてんな。今後はわからへんけど、今、北条がせめてきたら真田は終わると。信幸の顔がとても厳しい表情やってんね。

 

 


Sponsored Link

 

 

きりの悲しい別れ

 

信繁が松を死なせてしまったことを考えたくあれへんのに、きり(長澤まさみ)は、憎まれ口をたたいてしまうねんな。どうしても素直に慰めることができひんねんな。性格的に。信繁の表情も自然と険しくなんねな。

 

 

 

せやけど、梅(黒木華)のところに行くと、信繁はうまく励ましてくれんねな。話を聞いてくれる梅にどんどんひかれてく信繁やってんな。一益への人質を誰にするべきか、昌幸は迷っててんね。

 

 

 

最終的には、とり(草笛光代)にすることにしてん。そのとりの世話として、きりも沼田城に向かうことになってんな。きりは、信繁に会いにいってんけども、梅と仲良く農作業をしてはる姿を見て、寂しくなってんね。

 

 

その翌日、とりときりは沼田城に向かってんねんな。数日後に、明智光秀が羽柴秀吉(小日向文世)に討たれてんね。世にいう「山崎の戦い」やんな。秀吉は、毛利との戦からすぐに引き返して明智を討ったんやんな。

 

 

 

昌幸は、一益のところへ行ってんね。一益は、かたき討ちができへんかったことについてはすでに吹っ切れててんね。昌幸に秀吉のことを最も天下人に近い人と話しをしてんな。

 

 

 

真田昌幸は、これで一益に下につくという選択肢はあれへんようになってんな。再度、だれにつくべきなのか策を練りなおしていてんね。

 

 

真田昌幸の大ばくち

 

 

秀吉が光秀を討ったのちに、北条は上野への侵略を開始してんね。北条の軍勢5万人やねんな。一方の一益の軍勢は、2万人にも満たない。せやから、真田にも援軍の要請がきててんね。せやけど、昌幸はまったく動こうとしいへん。

 

 

 

信幸と信繁は、じりじりとしててんね。その原因は昌幸が一益にもつかず、北条にもつかへんからやねんな。北条は一益を攻め落とした後には、北条は必ず信濃のほうへ向かってくるねんな。

 

 

 

せやけど、昌幸は誰にもつかへんと話すねん。そして、北条と一益が戦をして手薄になってる岩櫃城や沼田城を取り戻すと語ってんね。昌幸の大ばくちが始まりやんな。この昌幸の勢いに信幸や信繁の胸は高鳴ってんな。第7話に続く。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第7話のネタバレ・あらすじ「奪回」!!

 

真田丸6話「迷走」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸第5話のネタバレ・あらすじ「窮地 」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 


真田丸第6話のネタバレ・あらすじ「迷走」記事一覧

このページは「真田丸」6話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸6話タイトルは「迷走」やねんね。真田丸の6話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、毎週その週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいてたあな...

このページの先頭へ