MENU

真田丸第7話のネタバレ・あらすじ「奪回」!!

城

 

このページは、NHKの大河ドラマ「真田丸第7話ネタバレあらすじを書いていってるやんな。

 

真田丸第7話「奪回」の動画・感想はコチラ

 

真田丸ネタバレを見たくあれへん人は今すぐこのページを閉じてな。見たい人だけ続きはみてんね。

 

 

 

第6話で、誰にもつかずにこの混乱を乗り切ることを決めた真田昌幸(草刈正雄)。また、岩櫃城と沼田城も現在は、織田家の滝川一益(段田安則)が支配してんねんけど、元々は真田の城。その城を取り返すと真田一族で決意してんね。

 

 

 

第7話は、その続きからスタートするねんな。いよいよ下記から、第7話のネタバレ・あらすじをスタートすんねんな。ネタバレを見たくあれへん人はページとじてや。真田丸第7話ネタバレ・あらすじ「奪回」スタート!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


Sponsored Link

 

 

北条軍と滝川軍は、上野の神流川で激突してんね。せやけど、滝川軍は北条の大軍の前になずすべがあれへんねな。滝川一益は、箕輪城に逃げてんねね。

 

 

 

真田は、領地を取り戻すのに絶好のチャンスとばかりに沼田城を簡単に取り戻してんね。せやけど、人質のとり(草笛光子)がいてへん。

 

 

 

一益が箕輪城に引いたさいに、人質のとりも連れていってんね。沼田城は矢沢頼綱(綾田俊樹)に任せて、岩櫃城についても、真田信幸(大泉洋)に任せて、こちらも簡単にとりもどしてんな。

 

 

 

昌幸は人質のとりのいる箕輪城に行くことにしてんな。北条に攻められて、負け戦の中、沼田城と岩櫃城を奪い返してるとはきづかへんって読んでんな。

 

 

勘違いされた真田昌幸!

 

 

案の上、真田昌幸と真田信繁(堺雅人)箕輪城に行くと真田の援軍が来たと一益は思ってんねんな。一益は、これ以上の戦はやめ伊勢に戻ると話すねんな。また、滝川軍が無事に信濃を抜けはるまでは、人質のとりを預かっておきたいと話すねんな。

 

 

 

昌幸も戦では、普通のことやねんからそれを断ることはできひんねんな。そして、昌幸と一益は酒を飲みかわしてんね。信繁と三十郎(迫田孝也)がその間にとりの居場所を確認してんね。

 

 

 

そして、とりときりに会って、必ず助け出すと約束をしてんね。昌幸は、酒を飲みかわしならがらいつ2つの城のことがばれぬやともひやひやの状況やってんね。

 

 

 

せやけど、そのタイミングで一益は、沼田城と岩櫃城を昌幸に戻すと話をするねんな。さすがに、そこまで言われると昌幸はうしろめたくなんねんな。その後、酒を飲み終えると信繁にその話をしてんな。

 

 

 

昌幸は、一益がすでに城を攻め入ってはると知ると怒り狂うと感じてんな。せやから、信繁にそれまでに人質のとりをなんとしても助けださへんとあかんねんな。

 

 


Sponsored Link

 

 

一益にみつかった信繁!

 

 

一益が翌朝、箕輪城をでて小諸城に一泊するから、そこで助けだすように命じられんねんな。信繁は、必ず助け出すというねんな。そして、昌幸は真田の家に戻るねんな。

 

 

 

ちょうど、その頃やんな。一益はが家臣から真田家がすでに2つの城を落としてたこと、昌幸がうそをついてはったことを知ってんな。

 

 

 

そして、一益らは小諸城に入ってんな。小諸城には、一益の兵と小諸城の兵とが入り混じってんねんな。せやから、信繁はそこに混じって入ってくねんな。

 

 

 

その晩、城に堂々と入っていった信繁と三十郎。小諸城の兵に対しては一益の家臣を装い、一益の家臣には小諸城の兵をよそおってなんとか、とりの居場所を発見してんねんな。

 

 

 

そして、二人を連れ出そうとしたときに、きりが忘れ物をしたと言って、信繁からもらった櫛を取りに戻ってんね。その間に小諸城の兵、一益の家臣両方が信繁のところにやってきてんね。

 

 

 

しかも、奥から一益もやってきてんな。一益は、すでに真田のことをまったく信じてへんねんな。せやから、信濃の木曽義昌(石井愃一)がなぜか一益を通さないと話てんねんな。

 

 

 

せやから、一益は木曽義昌に人質となった信繁、とり、きりを引き渡しはったことで木曽の領土を通ることを許されてんね。一益は、なんとか信濃に抜けてんけども肝心かなめの清須会議に参加することはできへんやってんね。

 

 

 

義昌の城に贈られたとりたち。そこには、信繁もいんねんな。せやけど、もともと、武田家の家臣だった木曽義昌が、とりの顔をみたときに顔が固まってんねな。とりは、子供のころから義昌をしっててんね。

 

 

 

そして、武田軍を裏切ったことを怒ってんねんな。そして、人質を解放するように言うねんな。せやけど、さすがにとりの一声で人質がいなくなるなんてことはあれへんねんな。とりは、それなら信繁だけでも解放するように言うねんな。

 

 

 

せやから、義昌は信繁を解放してんねんな。信繁は、またしても人質を連れて帰ることができひんかったことで、相当落ち込んでんねんな。信幸は、その落ち込みぶりにかける言葉が見当たれへんねな。

 

 

真田昌幸の狙いは北条家なの?

 

 

一方、昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に会いに行き、上杉の下につくことを約束するねんな。そして、上杉景勝も真田の領地は上杉が守ると約束してんね。そして、別室に信尹(栗原英雄)が控えててんね。

 

 

 

昌幸の策略が成功するかどうかはこの信尹にかかってんねんな。昌幸は、真田家にもどり信繁をしかってんな。信繁は、行動をカンに頼りすぎるねんと怒られんねん。もう少し、堅実な信幸を見習うように言ってんね。

 

 

 

そして、昌幸は信繁に密命を与えてんね。上杉家に仕える春日信達を北条に寝返るようにする厳しい任務やんな。真田が北条につく際の土産だというねんな。

 

 

 

昌幸は表向きは上杉にすり寄ってはるのに、裏では北条につこうとしてんねんな。北条には、国衆がすでにたくさんついてるから、真田がほかの国衆より格上の扱いされるために手土産が必要やんな。

 

 

 

そこで昌幸が目をつけたのが信達やってんね。せやけど、その話を聞いて信繁はびっくりしてんね。信繁は、真田は誰にもつかへんと言っていたからやんね。

 

 

 

昌幸は、まだ先があるんで、時が来たら信繁にも話すと約束して、大勝負に向かう真田家やってんな。第8話に続く。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第8話のネタバレ・あらすじ「調略 」!!

 

真田丸第6話のネタバレ・あらすじ「迷走」!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸の視聴率速報と推移!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真田丸第7話のネタバレ・あらすじ「奪回」記事一覧

このページは「真田丸」7話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸7話タイトルは「奪回」やねんね。真田丸の7話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。NHKの大河ドラマを見逃した場合は、毎週その週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいてたあな...

このページの先頭へ