MENU

おんな城主直虎 10話「走れ竜宮小僧」感想

森

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第10話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の9話で、井伊直盛(杉本哲太)ら井伊の武将の多数が桶狭間の戦いで亡くなるという回でした。

 

 

 

また、直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)の間に赤ちゃんんが出来た回でもありました。そして、最後に小野政直(高橋一生)が奥山朝利(でんでん)を斬ってしまいそのことを次郎法師(柴咲コウ)に相談しました。

 

 

 

「おんな城主 直虎」の第10話はその続きからスタートします。10話を簡単にまとめると、なんとか小野政直を助けるために次郎が竜宮小僧として動き回りました。

 

 

 

そして、直親としのの間に長男・虎松が誕生しましたねその「おんな城主 直虎」の10話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎10話「走れ竜宮小僧」感想

 

 

おんな城主直虎10話を見てまず思ったのは、小野政直は何も処分されないって次郎法師と直親と幼なじみだったことが大きかったのだと感じました。

 

 

 

どんなに、いろんな申し立てをしても問答無用で斬られるのが戦国時代のことです。なので、2人がなんとか助けようとしたからこそのことですよね。

 

 

 

これで、検地の時の貸しを返したという直親の言葉が印象的でしたね。また、直親に嫡男が出来たのは本当によかったですよね。女子じゃなくて本当によかった・・・。

 

 

 

また、そこに政直は手土産として領土を返還したというのが何よりも小野が直親に仕えるという証拠なのでしょうね。なんか3人の関係がうまくいくようになると嬉しくなってきました。

 

 

 

すっと、幼いころから仲の良かった三人がどこかで歯車が狂い始めていましたよね。その関係がうまく修復して、合致し始めたと感じずにいられませんでした。

 

 

 

それにしても、次郎法師はどこまでもおせっかいですよね。瀬名(菜々緒)のために、そこまでに必死になるとは思わなかったです。小野政直のためにはずっと関係がありますけどね。

 

 

 

瀬名とは、ほとんど手紙のやり取りしかないのに、そんなにしなくてもって思いましたね。しかし、歴史に詳しくないので知らなったのですけど、徳川家康(阿部サダヲ)って今川に人質にいて桶狭間以後に織田についた。

 

 

 

そのことを初めて知りました。ただ、徳川家康はどうなんですかね。人質を残して、裏切るってのは戦国時代らしいですね。そこまで、瀬名のことを想ってなかったのかなって思ってしまいます。

 

 

 

 

おんな城主 直虎 10話のMVP

 

 

おんな城主 直虎 10話については、小野政直のこともあったり盛りだくさんでしたね。特によかったのが寿桂尼を演じる浅丘ルリ子さんが良かったです。瀬名役の菜々緒さんもよかったんですけどね。

 

 

 

それ以上に、寿桂尼の険しい感じがなによりも印象的でした。なので、MVPは浅丘ルリ子さんを選びたいと思います。寿桂尼に本当にぴったりの女優ですよね。浅丘ルリ子さんは・・・。

 

 

 

それにしても、次郎法師は鉄砲玉のように飛び出していきますので周囲は冷や冷やです。特に、南渓和尚(小林薫)にきつくいうシーンなどは勝気やなって思いました。

 

 

 

本当に情に厚いですよね。瀬名に対してなんとか生きるように言うところもとても力強かったです。瀬名は諦めかけていたので、次郎がいてなければ瀬名は・・・。

 

 

 

そんな次郎法師の活躍があったとしても、それ以上にその寿桂尼の存在感が次郎を上回っていました。この2人の関係が今後どのようになっていくのか。なにかありそうな予感がしますよね。

 

 

 

瀬名と一緒に次郎法師がなにか巻き込まれなければいいんですけどね。南渓和尚もやってきていますので、大丈夫かもしれません。でも、どうしても寿桂尼がこのまま次郎法師を返すような気がしない。

 

 

 

瀬名が今後どうなってしまうのか。それと同時に、次郎がどうなっていくのか。おんな城主直虎11話が楽しみになりますね。今川の館が次の回で焼け落ちるのか。

 

 

 

今川家と井伊家の関係におおきな傷がつかなければよいのですが、いったいどうなってしまうのか。おんな城主直虎の10話の感想についてはここまでです。おんな城主直虎11話の感想につづく。

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ