MENU

おんな城主直虎 12話「おんな城主直虎」の感想はコチラ

夕日

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の12話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の11話で、直親(三浦春馬)が今川に申し開きをしに行こうとするところを何者かに囲まれてしまいます。

 

 

 

「おんな城主 直虎」の第12話はその続きからスタートします。12話を簡単にまとめると、直親が囲まれた相手に殺されてしまいます。そして、直平(前田吟)も中野直由(筧利夫)も新野左馬之助(苅谷俊介)も戦地で亡くなってしまいます。

 

 

 

そんな状況を見て小野政次(高橋一生)が井伊谷に戻ってきます。しかし、虎松の後見には次郎法師が井伊直虎(柴咲コウ)になりおんな城主となります。その「おんな城主 直虎」の12話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎12話の感想

 

 

おんな城主直虎12話の感想を一言で伝えると、小野政次がにくいってところでしょうか。最初のきっかけは、仕方なく裏切らなければならなかったのですが今川氏真(尾上松也)を裏で操っていましたね。

 

 

 

あそこまで、今川家のためにしなくてもいいのではないかなって思いました。千賀(財前直見)に虎松の後見人になると話した時にはなんて悪い顔をしているのだと感じました。

 

 

 

それにしても、直親が死体となって戻ってきた時は胸が張り裂けるような思いになってしまいました。しの(貫地谷しほり)に責められても、その通りと言っていた時には大丈夫かいなって思うほど落ち込みようでした。

 

 

 

自分が、今川に瀬名(菜々緒)の命乞いをしたことがきっかけですから仕方ないですよね。私が次郎だったとしても同じように後悔したと思います。

 

 

 

ほかにも直平や中野直由、新野左馬之助まで亡くなるのですからその想いは増すばかりの気持ちになったことでしょう。私は、11話もそうでしたが12話もおとわの気持ちを考えると涙があふれてきました。

 

 

 

それでも、そんなおとわが「おんな城主直虎」になったのは驚きでした。まだ、そこまでの元気はないだろうなって。確かに、小野政次に虎松の後見人をさせたくないというのもあったのでしょうけどね。

 

 

 

それでも、このタイミングで女城主になるのは本当にハートが強いですよね。いくら、南渓和尚(小林薫)のすすめがあったとしても私なら受けることはできなかったと思います。

 

 

 

 

おんな城主 直虎12話のMVP

 

 

そんな「おんな城主直虎」12話のMVPについては、私を最も腹立たせた小野政次を演じる高橋一生さんになります。ほかには、見当たらないというぐらい腹がたちました。

 

 

 

南渓和尚もよかったんですけどね。おなごであれこそ次郎って、南渓のことばがなければ、次郎法師が女城主になることはなかったでしょうからね。

 

 

 

次郎が槍が折れるまで、何度も土に刺すして泣き崩れるのも印象的ではありました。そこに、南渓がかけることばがなんとも言えませんでした。深くて感動的でした。

 

 

 

なので、小野政次を演じた高橋一生さんと南渓和尚を演じる小林薫さんとでMVPは迷いました。それでも、あの憎たらしさを見事に伝えていった政次が今回のMVPかなと。

 

 

 

小野政次が憎らしく思えるのは、高橋一生さんの演技によるところも大きいですしね。あの小野政次の顔をなんとかしてやりたい。そんなことを想ったのでMVPです。

 

 

 

いよいよ、女城主になった井伊直虎。今後、小野家に対してどんな厳しい対応をしていくのか。おなごなので、周囲をどのように納得させていくのかといったところも大事になるでしょう。

 

 

 

なかなか簡単にはいかないイバラの道ではありますが、だからこそ今後が楽しみになりますね。おんな城主直虎12話の感想はここまで。おんな城主直虎13話の感想につづく。

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ