MENU

おんな城主 直虎 13話「城主はつらいよ」感想!

おんな城主直虎13話感想

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の13話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の12話で、遂に井伊直虎(柴咲コウ)が虎松の後見人となり女城主になります。

 

 

 

「おんな城主 直虎」の第13話はその続きからスタートします。13話を簡単にまとめると、直虎が領主として奮闘するという回でした。しかし、直虎も初めてのことなのでなかなかうまくいかない。

 

 

 

村に対して、徳政令を出す約束をしましたが後からそれはできないと話すなど、井伊は混乱に陥ります。その「おんな城主 直虎」の13話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎13話の感想

 

おんな城主直虎13話の感想を一言で表すと、領主として直虎が苦労をする回でした。女だからということで、直之(矢本悠馬)に批判されまくっていましたね。

 

 

 

だから女子は・・・と言われてしまいます。なので、直虎としてはなんとか自分で領主として民に認めてもらいたいと思って徳政令を約束したんでしょうね。

 

 

 

しかし、それが逆に裏目にでましたね。徳政令を出すと、井伊そのものが潰れてしまう。そういった内情を知らずして徳政令を出す約束したのはちょっと判断を急ぎすぎていましたね。

 

 

 

そして、瀬戸方久(ムロツヨシ)が以前に泊めてもらったあの奴だったのは、ちょっと驚きましたね。お金をどんどん大きくしていったところは賢いなあって思いました。

 

 

 

まさにわらしべ長者みたいな男ですよね。ただ、方久を家臣にって話はさすがにほかの重臣たちに反対されてしまいましたね。いい案なんでしょうけど、新しく家臣にするだけでなく村を2つ渡すってことが納得できなかったんでしょう。

 

 

 

結局、方久はなんの挨拶もできないまま家臣たちはいなくなってしまいまいしたね。今後、どうもこの瀬戸方久がポイントになりそうな予感がしますね。

 

 

 

ただ、村人たちが徳政令を出すように今川家にかけあったところで、直虎は一気にピンチに陥りそうなきがします。小野政次(高橋一生)が裏でかかわってるんでしょう。

 

 

 

 

おんな城主 直虎13話のMVP

 

そんな「おんな城主直虎13話」のMVPはというと、ちょっと気持ちわるかった瀬戸方久を演じたムロツヨシさんをおしたいと思います。この男の手を借りないと直虎はピンチを脱することはできないでしょう。

 

 

 

そのため、今後のキーマンになるでしょう。また、13話の中でも異質な存在感を放っていました。ただ、バカっていうわけではなく計算できてそのうえ、直虎が話を聞いてくれるようにもっていくのがうまい。

 

 

 

しかも、銭は力で、銭を生み出すようになれば直之たちの考えもかわるというのでした。それがなんとも力強かったんですね。どんどん商人としてなりあがってきただけのことはあります。

 

 

 

MVPを迷ったもう一人は直之でしたね。直之の存在感もよかったんですけどね。直虎との対立がなんともよかったです。ああいえばこういうという言葉合戦がいいんです。

 

 

 

小野政次との戦いとは異なるどこか可愛げのある戦いとでもいいましょうか。本当は仲がよさそうというか・・・どこか直虎に期待したい思いはきっと直之にはあるんでしょうね。ただ、あまりにも知識がない。

 

 

 

直虎が突拍子もないことをするので喧嘩になってしまいますよね。瀬戸方久と同じぐらい13話では引き立っていました。今後は、この2人の男がポイントになりそうですね。

 

 

 

あと、小野政次の動きも気になります。瀬戸村などの村人たちが徳政令を出す約束を破ったことを利用して、今川にかけあうように裏で操っているのではないかなと思います。

 

 

 

そうなると、直虎が一気にピンチになります。今後どのようになっていくのか。ハラハラドキドキで楽しみですね。おんな城主直虎13話の感想はここまで。おんな城主直虎14話の感想につづく。

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ