MENU

おんな城主直虎 14話「徳政令の行方」感想!

森

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の14話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の13話で、遂に井伊直虎(柴咲コウ)が女城主となり百姓に徳政令の発布を約束しました。

 

 

 

しかし、実際にはそれはできないということでその発言を撤回します。農民たちは、その話を今川家にもっていきます。「おんな城主 直虎」の第14話はその続きからスタートします。

 

 

 

15話を簡単にまとめると、直虎が瀬戸村の百姓の心をつかむべき奮闘をします。空回りしてなかなかうまくいきませんでした。しかも、農民たちは瀬戸方久(ムロツヨシ)を人質に徳政令を出すように脅迫してきます。

 

 

 

しかし、最終的には直虎が徳政令を出さずしてみなの心をつかむことができました。その「おんな城主 直虎」の14話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎14話の感想

 

瀬戸方久(ムロツヨシ)の話って、本当に説得力ありましたよね。民を利用した小野の乗っ取り。裏が本当によくよめています。そこは、本当は直虎が気付くべきところなんですけど・・・。

 

 

 

ただ、直虎は人の心をつかむのが本当にうまいですよね。本音でぶつかっていくからでしょうか。竜宮小僧を始めたころもそうでしたが、どうしても人を操るのがうまいなって思います。

 

 

 

小野政次(高橋一生)は、根回しは上手なんですけど本当の心の奥の部分では直虎のように信用をかちとることができないんです。そこが大きな違いかなって感じました。

 

 

 

そうはいっても、今川の下知に逆らったということもあるので直虎がどうするのか。その辺りが15話のポイントになるでしょう。それにしても、直之(矢本悠馬)は直虎とは本当にうまがあわないですね。

 

 

 

小野に虎松(寺田心)の後見人を任せるなんて本当にありえへん。いくら、小野がええように言ってもなんちゅうか・・・小野にのっとられることに気付いてないんかな?って思ってしまいます。

 

 

 

それとひきかえ、六左衛門(田中美央)についてはこれからの井伊という言葉から心がずっと揺らいでいた様子です。最終的には、田植えも手伝ってくれました。田んぼで転んだときはちょっと笑ってしましました。

 

 

 

あと、今回の1話を通しては亀の存在もおおきかったです。徳政令をださずにすんだのはあの亀のおかげなので、それが大事なターニングポイントになったのかなと感じました。

 

 

 

 

おんな城主直虎14話のMVP

 

おんな城主直虎14話については、MVPを選ぶのがとても難しい回でした。瀬戸方久もよかったですし、南渓和尚(小林薫)もよかった。そして、六左衛門もよかった。

 

 

 

大きく分けるとこの3人になるでしょうか。ただ、今回は直虎のことばを信じたいと思ってずっと行動を迷っていた六左衛門を演じた田中美央さんを選出したいと思います。

 

 

 

方久も百姓に襲われたり、縄でしばられたりとなかなか面白い役だったんです。せやけど、それ以上にこの直虎のことを信じたいって気持ち。揺れ動く気持ちが気になりました。

 

 

 

なので、おんな城主直虎14話のMVPは田中美央さんになります。六左衛門は、直之とは性格も異なり、その弱さというのが魅力の一つです。だからこそ、直虎にはいいのかもしれません。

 

 

 

直虎は、優しい気持ちをもっている人物なので六左衛門がそばにいることでさらに魅力がますのではないかと思います。なので、直虎をいろんな意味でサポートする役にはぴったりかなと思います。

 

 

 

あと、MVPとは関係がないですが直親(三浦春馬)の生まれ変わりのような亀も今回の全体を考えると大きな役割を果たしました。あの亀がいなかったら、徳政令を出すことになっていました。

 

 

 

なんとか、徳政令を出さずに済んだのは亀のおかでした。だから、亀も印象にのこりました。いずれにしても、村人の心はつかむことができました。あとは、今川。

 

 

 

寿桂尼(浅丘ルリ子)が駿府に来るように言ってきたことは、恐ろしいですね。亀の二の舞にならなければいいのですが・・・おんな城主直虎14話の感想はここまで。おんな城主直虎15話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ