MENU

おんな城主直虎 15話「おんな城主対おんな大名」感想!

うみ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の15話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の14話で、徳政令について井伊直虎(柴咲コウ)が発布しないまま、民たちを納得させます。

 

 

 

しかし、農民たちをなっとくさせることができてももう一つ大きな問題がありました。それが、今川の下知に背いたということです。「おんな城主 直虎」の第15話はその続きからスタートします。

 

 

 

15話を簡単にまとめると、直虎が駿府の寿桂尼(浅丘ルリ子)に会いに行くというかいでした。直虎が民に認められていることを知った寿桂尼は、直虎を虎松(寺田心)の後見人になることを認めました。

 

 

 

直虎は、その場で民を潤すことを寿桂尼と約束しました。その「おんな城主 直虎」の15話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎15話の感想

 

おんな城主直虎の15話については、小野政次(高橋一生)がぎゃふんと言わせてやりましたね。それがどこか、すがすがしい気分になりました。

 

 

 

直虎と寿桂尼の対決については、本当に緊迫していましたね。見ているこっちが緊張してしまうぐらいでした。それでも、そこをなんとか切り抜けることができるのが直虎の強みですね。

 

 

 

民に人気があったことが大きな力となりました。駿府に行くまでの時点でかなり危ないところはありましたけどね。特に蛇ににらまれたり何者かに襲われたりと・・・

 

 

 

直虎が、小野政次に後見を譲るといった時にはもう万事休すかなっておもってしまったほどです。それすらも策だったというのがすごいですね。

 

 

 

小野政次の裏をかいたところがすごかったですが、小野政次もしの(貫地谷しほり)の直虎を後見と認めないとの一筆をもらって準備していました。

 

 

 

ただ、直虎を信頼している民の声はそれ以上の力がありました。それがなければ寿桂尼も直虎を後見に認めることがなかったでしょう。

 

 

 

自分も女大名だったので寿桂尼は見てみたいと思ったのかもしれません。すべてをはねのけて処罰することもできた寿桂尼が直虎に罰を与えなかった。

 

 

 

それが、おんな城主直虎15話のすべてだったように思います。小細工で勝つ小野政次よりも民の信頼を自らの手で勝ち取った直虎。ここの違いが大きかったですね。

 

 

 

 

おんな城主直虎15話のMVP

 

おんな城主直虎15話のMVPについては、中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)で迷ったのですが、民の声を届けてくれた六左衛門を演じた田中美央さんを選出したいと思います。

 

 

 

直之もすごくよかったんですけどね。なんといっても、直虎と喧嘩別れした後にやってきて、次々と直虎を襲ってくる敵をやっつける姿は本当にかっこよかったです。

 

 

 

なので、直之にしたいところでした。また、寿桂尼もよかったです。MVPにしてもおかしくないような役でした。他の役者たちとは貫禄が違うんです。寿桂尼を演じる浅丘ルリ子さん。

 

 

 

ひときわ目立っていましたね。そんな中でも、私がMVPに選んだのは六左衛門を演じる田中美央さんです。なぜ、六左衛門なのかというと六左衛門が手紙を届けなければ直虎は助からなかった。

 

 

 

間違いなく、小野政次が領主になっていたところでした。そう考えると、六左衛門がMVPに一番よかったかなっておもいました。六左衛門の少し弱いくて頼りないけど、私はそこが好きなんです。

 

 

 

安心できるっていうか、戦国時代にもこんな武将がいるんやなってなんか人間味を見ることができるので大好きですね。なので、今回のMVPは田中美央さんに決定です。

 

 

 

いろんな意見はあるとは思いますが、あくまで私の独断と偏見で選んでいますのでご了承くださいね。おんな城主直虎15話の感想はここまで。おんな城主直虎16話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ