MENU

おんな城主直虎 16話「綿毛の糸」感想!

植物

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の16話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の15話で、井伊直虎(柴咲コウ)は寿桂尼(浅丘ルリ子)に井伊の領主になることを許されます。

 

 

 

小野政次(高橋一生)を上回った直虎。そのため、寿桂尼に見てみたいと思わせたのです。「おんな城主 直虎」の第16話はその続きからスタートします。

 

 

 

16話を簡単にまとめると、瀬戸方久(ムロツヨシ)がもってきた話の木綿の糸を井伊でつくってはどうかということで、直虎が実現するように動きまわります。しかし、百姓の手が足りないのでそれに奔走しているのです。

 

 

 

政次の手は借りたくないという直虎ですが、皮肉にもその政次の意見が功を奏して井伊に百姓が集まり始めました。その「おんな城主 直虎」の16話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎16話の感想

 

おんな城主直虎16話の感想を一言でいうと、瀬戸方久を演じるムロツヨシさんが目立っていましたね。木綿の糸を井伊に作るというのはとってもいいアイデアですよね。

 

 

 

しかも、そのキャラクターがすごく濃いですね。銭の犬ってのがぴったりです。なんか、そんなムロツヨシさんを見ているとなんか、芸人のザキヤマさんを思い出します。なんかかぶるんです。

 

 

 

あのハチャメチャな感じも含めて。相変わらず、小野政次の雰囲気が怖いですよね。中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)よりもずっと貫禄があります。

 

 

 

政次が味方になれば強いんですけどね。なかなか直虎には、対立姿勢が強いです。それにしても、直虎は鉄砲玉のような領主ですね。なんか、思い立ったらすぐに飛び出す。

 

 

 

下のものが止めるのもお構いなし。人を借りに走る直虎をもっと、理由を細かく伝えて止める必要があったのでしょうね。とにかくできるかもって思ってやる直虎の性格を家臣は把握してないといけないかなと。

 

 

 

政次のアイデアで、噂を広めたらいいというのは直虎からしたらないアイデアだったので自信をなくしてしまいました。あと、柳楽優也さんが演じたなぞの男も印象的な人物でした。

 

 

 

人を買えばいいとのアイデアをもらいましたが・・・なんか、わけのわからん感じの登場で本当になにをやっているのかわからない感じでした。水筒を忘れていったので、また何かの関係がでてくる予感ですな。

 

 

 

百姓が井伊に集まってきたので、今後の収穫が井伊を潤していくのかもしれませんね。瀬戸方久の活躍も含めて楽しみな展開になってきました。

 

 

 

 

おんな城主直虎16話のMVP

 

おんな城主直虎16話のMVPについてですが、16話については瀬戸方久を演じるムロツヨシさん以外にはいないかなって思います。もちろん、謎の男の柳楽優也さんもよかったんですけどね。

 

 

 

ただ、話の流れではまだ柳楽優也さんは本筋ではないので、瀬戸方久役のムロツヨシさんを選出しました。なんか、どこかイラッとするというか気持ち悪いところがあるんです。

 

 

 

それが、余計に際立って見えるのです。なので、俳優としてはかなりはまっているなって思います。はまり役と言えば、小野政次も本当にはまっていますよね。

 

 

 

すっと後ろにやってきて、噂を流せばといったシーンなどは本当にゾッとしました。なんでここにおるんやろ?そんなことを直虎は思ったでしょうね。直虎としては、政次の意見だったので葛藤してましたね。

 

 

 

直之や方久の二人がうわさを流すために芝居をしているところに、直虎も加わりました。それが人を集めるのに大きく役立ちました。直虎としては、そのことで余計に自信を失うことになるんですけどね。

 

 

 

南渓和尚(小林薫)のいうように、政次の知恵を借りるっていうのが井伊のためにはいいのかもしれませんね。そして、もう一つ気になったのが最後に寿桂尼が倒れたことです。

 

 

 

直虎が領主になるのを認めてくれた寿桂尼が死んでしまえば、また小野政次が力をつけてしまいそうな気がします。今後このあたりのところについても注目ですね。

 

 

 

綿糸が今後、井伊家にどのようなうるおいをもたらすのか。また、寿桂尼の状態も気にしていきたいとおもいました。おんな城主直虎16話感想はここまで。おんな城主直虎17話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ