MENU

おんな城主直虎 17話ネタバレ,あらすじ「消された種子島」

おんな城主直虎 17話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎17話「消された種子島」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎17話の感想はコチラ!

 

 

おんな城主 直虎第16話のネタバレ・あらすじで、瀬戸方久(ムロツヨシ)のアイデアで、綿の種をまき育てていったら大儲けするのではないか。

 

 

 

その話を受けて、井伊直虎(柴咲コウ)は井伊家を潤すために綿を育てようと人手をなんとか確保するために奔走しました。その続きに、おんな城主直虎17話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「消された種子島」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第17話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ17話

 

夏も近づいてきたあるひ、中野直之(矢本悠馬)と瀬戸方久が井伊の館にやってきます。2人がもってきたのは、大きな木箱になります。その中身は、種子島から運ばれた鉄砲でした。

 

 

 

直虎は、その種子島を初めてみたために驚いた顔をしています。実際に、使ってみるということで龍潭寺にみなで移動します。寺では、ちょうど虎松(寺田心)が手習いをしているところでした。

 

 

 

そこで、寺の裏で直之が種子島を使ってみせます。遠くにあったものを撃ち落としたことに驚いた直虎は、これは妖術かと驚きを隠せません。今の井伊には、このような武器が必要だと直之が直虎に訴えかけます。

 

 

 

しかし、直虎はそれは買えないといいます。なにせ、1本で10貫もするようなものは難しいというのです。綿を育てるために、新たに人を移住させてきているので井伊にはお金がなかったのです。

 

 

 

すると、方久が入用ならばお金を私が貸しますと言ってきます。直虎は、しばらく考えてこれを我々でつくることはできないものかと発案します。刀を頼んでいる井平にやらせてみてはどうか。

 

 

 

そのアイデアはいいと、直之が乗り出しますが方久は作られたら自分が儲けられなくなるので、作るのは難しいというのですが直虎はそんな言葉で引き下がりません。さっそく種子島をもって井平のところに出向くことを決めます。

 

 

 

鉄砲を作ろうと指示する直虎

 

それから数日後、三人は五平という刀をつくる人物を訪ねました。五平は種子島を見たことがないので、簡単にはできないと話しますが、やれるだけのことはやってみることになります。

 

 

 

このことは、以前に小野政次(高橋一生)にすぐに口を割った六左衛門(田中美央)には、教えないことを3人で話し合って決めます。その晩、政次が駿府から戻ってきたところに亥之助がやってきます。

 

 

 

亥之助は、鉄砲の鉛をもっておりそれを政次がかんづきます。直虎がまたなにか始めたのだろう。そう考えながら、珍しい鉄砲の玉を眺めていました。

 

 

 

翌日、直虎は南渓和尚(小林薫)を訪ねて龍潭寺にやってきたのですが、あいにく南渓は法事にために出かけていました。すると、そこには虎松が亥之助らと囲碁をしています。

 

 

 

虎松の後ろには、直之がいてなにやらつぶやいています。その様子をみた直虎は、それではちゃんとした勝負になっていないではないか。手加減しては、虎松が強くならないと怒ります。

 

 

 

虎松は、怒られたと思い直之の後ろに隠れてしまいます。直虎は、これからは相手が虎松だからと言って手加減をしたらダメだときつく言ってその場を去っていきました。

 

 

 

 

小野政次が直虎に探りを入れる

 

井伊の館に戻ると、政次が直虎のところにやってきます。直虎は、できれば会いたくないがそうもいかないので政次と会います。政次は、何か変わったことはないかと確認します。亥之助のもっていた鉛が気になったためです。

 

 

 

しかし、直虎は虎松が手習いを始めたぐらいで特段かわったことはないと伝えます。直虎も駿府について何か変わったことを確認しますが、直虎に励むようにというだけで政次はその場を去っていきました。

 

 

 

直虎が瀬戸村に行くと、たくさんの綿ができていました。移住者たちのことを甚兵衛もしっかり面倒をみてくれており、ますます綿が大きくなってきています。方久は、なんとか鉄砲をつくることをなんとか諦めさせようとしています。

 

 

 

もちろん、直虎はそんなことであきらめたりはしていません。そんなある日、昊天(小松和重)が直虎に虎松が手習いにこなくなったと打ち明けられます。もう、かれこれ10日もたつといいます。

 

 

 

前に、直虎が手加減をしないように言ったことが原因で、虎松がなにをやってもまったく勝てないようになってしまって・・・それが原因で寺に来なくなってしまったというのです。

 

 

 

祐椿尼(財前直見)は困った顔をして、あらまあというのでした。しかも、しの(貫地谷しほり)から手習いは、寺に通うのではなく館にきて教えてほしいと言われているのでした。

 

 

 

直虎は、井伊の後継ぎがそのような弱いことでどうするのかと言い、虎松がいる館に乗り込んでいきます。直虎が行くと、虎松は体調が悪くと会えそうになかったので、直虎は強引に屋敷に上がりこんでいきます。

 

 

 

直虎が怒って、虎松、虎松どこじゃというのに対し、しのの後ろに隠れている虎松。その虎松になぜ隠れる。なぜ泣くと相手が5歳であることも忘れ怒り散らします。

 

 

 

直虎が、虎松は井伊の後継ぎなのでそのようなことでどうするのかと厳しく叱責すると、堪忍袋の緒が切れたしのが、「それならば井伊の後継ぎにならずとも結構です」と反論したのでした。

 

 

 

しのが直虎に対して、今度は辛辣な言葉を浴びせます。しのは、直虎に「自分で腹を痛めて産んではどうか。人の子に厚かましい。」と虎松をそこから連れ去っていこうとします。

 

 

 

それを見た直虎は、「悔しくないのか」と虎松に叫ぶのでした。そのことで落ち込んだ直虎は、困ったときにいつも向かう龍潭寺の井戸に行きました。すると、以前人でが足りない時にあった旅人にあいます。

 

 

 

しかも、その時に忘れていた直虎の水筒までもっています。直虎は、人手がどうなったのか聞かれそれはよくなったが、子供の手習いをさせるのに四苦八苦していることを打ち明けます。

 

 

 

すると、その旅人は何をやっても勝てぬのなら一度勝たせてやればいいのではないかと直虎にアドバイスします。すると、直虎はそれじゃと言ってまたも水筒を持たずにそのまま立ち去って行きます。

 

 

 

 

虎松の心をつかんんだ直親の話

 

直虎は、その足で虎松のところにいきます。虎松は直虎に言われたことが悔しかったのか部屋の隅に置いてある碁盤をみつめていました。直虎は、虎松に直親(三浦春馬)の話をします。

 

 

 

幼いころの直親は、ひ弱で体も弱かったことを伝えます。しかし、それがやがて肝の据わった頼もしい男になっていった。それは、直親が悔しかったからだと伝えます。

 

 

 

虎松も本当は強くなりたいと悔しい気持ちをもっていたのです。だからこそ、直虎に言われた悔しくないのかという言葉が頭から離れなかったのです。そこで、直虎は何か一つでいいから勝とう。

 

 

 

そういって、五目並べで亥之助に勝てるように特訓を始めたのです。その様子に気付いたしのが部屋に飛んできて大丈夫かというが、虎松は勝って父上のようになりたいと強いまなざしで話すのでした。

 

 

 

そして、直虎がしばらく虎松の特訓を行い亥之助と五目並べで対決する日がやってきました。直虎は、試合の直前に虎松に秘策を教えます。それは、勝つまで何度もするということです。

 

 

 

直虎が幼かった頃に、龍王丸に蹴鞠で何度も何度も挑んだように勝つまでやり続けることをアドバイスしたのです。そして、対決が始まります。接戦で進みますがやがて亥之助の碁が5つ並びます。

 

 

 

すると、悔しさに震える虎松がもう一回と亥之助に勝負を挑んでいきます。その様子を見て、直虎は安堵の表情を浮かべるのでありました。そこに、直之が血相をかえてやってきます。

 

 

 

なんと、種子島が盗まれたとの知らせだったのです。慌てた直虎は、急ぎ井平に向かおうとします。しかし、そこに後ろから政次が探し物はこれですかと言って入ってきたのでした。

 

 

 

直虎は、なぜ政次がこれを手にしているのかと怒りで震えています。すると、政次は目付けとして鉄砲を作らせているのを黙って見過ごすわけにはいけない。謀反をたくらんでいたのではないかと直虎を追及します。

 

 

 

謀反を起こすためにこのようなことをしたわけではない。戦になったときに、今川のために戦うための備えだといいますが、政次はそのようなことは、今川家は信じてくれないのではないかといいます。

 

 

 

助けてほしければ、虎松の後見を降りるようにいう政次。直虎は歯ぎしりをしながらにらみ合いがつづきます。おんな城主直虎17話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎18話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第18話ネタバレ「あるいは裏切りという名の鶴」

 

おんな城主直虎 17話の感想はコチラ!

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 


おんな城主直虎 17話ネタバレ,あらすじ「消された種子島」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の17話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の16話で、綿を育てるという瀬戸方久(ムロツヨシ)の案にのり井伊でつくりはじめました。なかなか百姓の人手が足らぬところを小野政次(高橋一生)のアドバイスにより、井伊に百姓がどんどん集まってきました。そのことで、自信をなくしてしまう井伊直虎(柴咲コウ)。南渓和尚(小林薫)に政次の知恵を借りてみてはどうかと言...

このページの先頭へ