MENU

おんな城主直虎18話「あるいは裏切りという名の鶴」感想!

刀

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の18話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の17話の最期に、種子島を使って謀反を起こそうとしていたのかと小野政次(高橋一生)が直虎(柴咲コウ)に迫ります。

 

 

 

中野直之(矢本悠馬)が小野を斬りかかろうとしますが、それを井伊直虎が制止します。「おんな城主 直虎」の第18話はその続きからスタートします。

 

 

 

18話を簡単にまとめると、小野政次は種子島のことについて知らせるために一緒に駿府に向かいます。しかし、そこに先回りしたのが瀬戸方久(ムロツヨシ)です。種子島を今川家に売り渡したのでした。

 

 

 

そのことで、謀反の疑いなどをかけられる余地もなくなったのです。そして、井伊直虎が小野政次の狙いがわかりました。そのため、直虎は政次と話しをしました。

 

 

 

そして、そこで世の中が武田家と今川の同盟の意味がなくなってきました。そのため、松平元康(阿部サダヲ)と武田、そして今川をよくしる常慶(和田正人)に手紙をだす南渓和尚(小林薫)。

 

 

 

鶴の悩みは晴れましたが、世の中が混とんとしてきたのでした。その「おんな城主 直虎」の18話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎18話の感想

 

おんな城主直虎18話の感想は、なんか複雑でした。小野政次は、どこまでも悪役なのかなって思っていたのでしんの狙いがわかってしまったのでちょっと・・・。

 

 

 

今後は、政次と直虎が仲良くなっていくような気がします。なんか、そのきっかけの回になりそうな予感がしますね。それにしても、方久はすごいですね。

 

 

 

銭になりそうなら、本当に頭が切れますね。そのあたりは、小野政次も詰めが甘かったのかもしれません。方久のあのはしゃぎようには本当にびっくりですね。

 

 

 

でも、どうなんでしょう。本当のところは小野が井伊のことを想っているなんて保証はどこにもないっていえばないわけです。なので、信じすぎるのもどうなんかなとも思います。

 

 

 

どうも、小野だけは私はどこまでいっても信用ならない人物だと思っています。なので、関係が良好になるのはちょっと・・・ですね。

 

 

 

少なくとも、小野がなんかぎゃふんというようなことがないと認めたくないってなところが正直な気持ちです。それだけ、なんかあの悪い顔は信じれないですね。

 

 

 

世の中は、歴史上有名な武田の長男・義信の幽閉により大きく動き出しそうですね。武田と今川、そして松平の関係に挟まれて井伊がどのようになっていくのか。

 

 

 

そのあたりは、今後の楽しみになってきそうですね。当面は、今川の家臣なのですが地理的には松平にくっつくような予感がします。

 

 

 

 

おんな城主直虎18話のMVP

 

おんな城主直虎18話については、MVPを選ぶのは本当に難しい回でした。瀬戸方久の活躍で駿府から無事に戻ってこれたので方久を選びたいところです。

 

 

 

あの銭の犬は、ほんとうにすごい。主役を食うぐらいの活躍をしていますよね。なので、方久を選びたいところですが18話は、小野政次も捨てがたいところです。

 

 

 

直親(三浦春馬)がいる井戸に、危なくなるので直虎に城主を譲るように枕元で言ってくれぬかと言っていたところには、本当に驚きました。

 

 

 

これが、この小野政次の本当の姿かもって私も思いました。直虎がそれに気づいて、南渓のところをうかがって寝ているのを起こすところは、本当にたまらん。

 

 

 

南渓は、本当に寝入っていたのにあんな大声をだして起こされたのは、私なら怒ってしまいますね。しかし、南渓にはすでにわかっていたことでしたので冷静でしたね。

 

 

 

南渓も捨てがたいところですが、今回はずっと悪者を演じてきた小野政次を演じている高橋一生さんを選びたいと思います。これまでのがすべて演技だったのは驚きです。

 

 

 

そのことに直虎が気付いても、政次は井伊の後見になろうと考えるのでしょうか。今後の直虎と政次の関係がとっても気になりますね。どういう感じの仲になっていくのか。

 

 

 

それともこれまで通り、目付けとしての役割を果たそうとしていくのか。その辺りが気になりますね。おんな城主直虎18話の感想はここまで。おんな城主直虎19話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ