MENU

おんな城主直虎第19話ネタバレ,あらすじ「罪と罰」

おんな城主直虎19話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎19話「罪と罰」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎19話の感想はコチラ!

 

 

おんな城主 直虎第18話のネタバレ・あらすじで、小野政次(高橋一生)が裏切っているようにみせかけて、本当は井伊のために盾になろうとしていることがわかります。

 

 

 

また、瀬戸方久(ムロツヨシ)が手掛けはじめた綿が育ってきて井伊家に新たな商いの兆しが見えてきました。その続きに、おんな城主直虎19話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「罪と罰」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第19話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ19話

 

綿の収穫が終わってしばらく経つと、甚兵衛が直虎(柴咲コウ)を訪ねてやってきます。方久が瀬戸村にいないことが多いので直に相談にきたのです。

 

 

 

それは、綿を布にして売っても大丈夫かとの確認でした。直虎は余計に忙しくなるが、それでもよいのかと尋ねると暮しがよくならとみながはりきっていると甚兵衛はいうのです。

 

 

 

直虎は、それであれば頼むと甚兵衛に言うのでありました。一方の方久は、ずっと今川相手の商いに四苦八苦している様子です。種子島がいつできるのかとせっつかれてうまくいっていない様子です。

 

 

 

そんな話をしているところ、目付けの近藤が突然至急の用ということでやってきました。近藤は、井伊家領内のものが近藤家の木を盗んだのでそのものを引き渡してほしいというのです。

 

 

 

直虎は、井伊家のものとは限らないのではないかというのですが、井伊との境の山で最近はいろんなところから百姓を連れてきているので井伊に違いないと近藤は決めつけています。

 

 

 

その決めつけてかかっているのに、直虎は腹を立てています。そのため、近藤のものではないのかといいます。井伊のものがやったとみせかけてるのではないか。そういってお互い一歩も引きません。

 

 

 

すると、六左衛門(田中美央)が間に入りなんとかその場を収めようとします。直之(矢本悠馬)も犯人を捕らえればわかることなのではと二人の間にはいります。そのため、2人は犯人を捕らえることで意見が一致します。

 

 

 

捕らえた男は旅人・龍雲丸

 

翌日、直虎は現場に行って驚きます。見事なまでに木が奪われているからです。近藤の領内の木だけが切られているように見えたが、村人がきて井伊家の領内でも木が盗まれていることがわかります。

 

 

 

近藤が井伊家のものがというのも説得力がなくなってきました。それでも、近藤は細工したのではないかといいがかりをつけます。そのため、再び直虎とにらみ合います。

 

 

 

直之と六左衛門が犯人を捕らえればわかることだと止めます。龍潭寺にもどった直虎は、虎松(寺田心)が囲碁をしているのをみます。勝ってはいないが負けてもいません。その成長に目を細める直虎。

 

 

 

そして、傑山(市原隼人)に声をかけます。盗伐の犯人をつかまえるのに、傑山を同行させていきたいと考えたのです。直虎が現場に行くと、、直之は三日三晩ずっと盗賊があらわれぬかと待っています。

 

 

 

しかし、まったく姿を現さない盗人たちにいら立っている直之。その時、集団でなにやらやってくる者たちがいます。傑山と直之に緊張が走ります。そして、捕らえたものの顔を見てみると井戸端で水浴びをしていた旅人・龍雲丸(柳楽優也)です。

 

 

 

直之が直虎の知り合いだということに驚きます。近藤がやってきて、直虎の知り合いということは井伊の者だなと確認をしてきます。しかし、龍雲丸は旅人で井伊のものではないと自ら言います。

 

 

 

龍雲丸のことばに腹をたてた近藤は、刀を抜き斬ろうとします。すると、直虎がとらえたのは我らだから処分は井伊の方ですると近藤にいいます。直虎たちは、龍雲丸を連れて帰り牢屋に入れ傑山に見張りをさせます。

 

 

 

 

龍雲丸を殺したくない直虎

 

直之は、さっそく直虎に龍雲丸とどんな関係なのか聴いてきます。直虎は、二度ほど知恵を借りたことがあると正直に話します。虎松が強くなったのは、龍雲丸のアドバイスがあったからだと言います。

 

 

 

直虎は、そのため龍雲丸をむげにはできないというのです。しかし、直之は龍雲丸を井伊で打ち首にしなければならないと話します。盗人は死罪と決まっているというのです。

 

 

 

直虎はそこまでしなくてもいいのではないかというのですが、井伊は盗人を打ち首にもできない弱腰と広がってしまうと直之がいうのです。二人の話の間に六左衛門がはいり、小野政次が戻って相談してはどうかいいます。

 

 

 

直虎は、政次に戻ってからにしようとその場を逃れます。政次が駿府から戻ってきて、状況を説明すると政次も直之同様に打ち首にするべきだといいます。それを聞いた、直虎は政次が打ち首にしたほうがいいというのなら打ち首にしないと決断します。

 

 

 

政次がせよということをすれば、罠にかかるという理由からそう決断したと説明します。しかし、近藤にどのように説明するのかと直之が問うても打ち首にしたといっておけばいいと伝えます。

 

 

 

しかし、執拗に食い下がる直之。そこに南渓和尚(小林薫)が急ぎ話があるとの知らせが直虎に入ります。そのため、直虎はその場をさって龍潭寺に向かいます。

 

 

 

南渓のいる部屋に入ると、そこには政次がいてます。政次は、龍雲丸を見逃せば井伊に盗人がどんどんやってくる。知っているからと言って見逃していいものではないと直虎に言います。

 

 

 

それでも、直虎は打ち首をするのはというので苦役にしてはどうかともちかけます。政次が苦役が最良ではないと思うがと前置きをしたうえで、打ち首にしないことを認めるというのです。

 

 

 

その後、直虎は政次に駿府の状況を確認します。政次は、寿桂尼(浅丘ルリ子)の体調が回復してきたこと。そして、武田と今川の関係が悪くなってきたので今川は松平と手を組むかもしれないことを報告します。

 

 

 

直虎は、政次がその場を後にした後に碁盤に武田、松平、今川、北条、上杉などを並べて今後どのようになっていくのか考えています。そこに南渓も入ってきます。しかし、先のことは予想がつかぬと頭を抱える直虎でした。

 

 

 

一方、牢屋に入れられている龍雲丸は傑山に、なんで井伊直虎が領主をやっているのかといういきさつ事細かく聴きます。明日に打ち首になるかもしれないのに、龍雲丸は驚くほど落ち着いています。傑山は、その後に六左衛門と見張りを交代しました。

 

 

 

 

龍雲丸が牢屋から逃げ出す

 

政次は、直之のところに行き龍雲丸の今後のことの話をします。近藤に龍雲丸を引き渡そうと思うというのです。井伊で打ち首にすれば仲間の恨みを買ってしまうからと理由を述べるのです。

 

 

 

そして、近藤には政次のほうから伝えておくのでと話をまとめます。直之は小野政次が言った内容で、しぶしぶ納得するのでした。龍潭寺では、昊天(小松和重)の代わりに直虎が手習いをしています。

 

 

 

それは、龍雲丸にどんな苦役を与えるべきかという内容である。虎松は、斬った木のかわりに木を植えさせてはどうかといいます。直虎はそれがいいとその案を採択しようとしました。

 

 

 

しかし、直之の弟の直久が昨晩の近藤に龍雲丸を渡すという話を政次と直之がしていたとぽろっと言ってしまいます。その話を聞いて、直虎は激怒します。なぜ、自分を抜きにしてそのような話になるのか。

 

 

 

直之をこんこんと叱ります。しかし、直之は罪人をきちんと裁くべきだと反論します。そして、直虎の怒りの矛先は政次に向けられます。その時、ちょうど政次が近藤に手紙を出すタイミングでした。

 

 

 

なので、その手紙をとろうと直虎がしますが政次が直虎を羽交い絞めにして手紙を届けるように命じます。直虎は、なぜわかってくれぬのかと政次をまくしたるのでした。戦わずして国をえるのではないのか。

 

 

 

そんなことを直虎が言っても、政次はもし虎松が龍雲丸に捕らえられたらどうするのか。瀬戸村に入って綿を盗めばどうするのか。直虎が守らなければならないものはなになのかと政次に問い詰められてしまいます。

 

 

 

そこに、直之が慌ててかけてきます。なんと、龍雲丸が六左衛門を吹き矢で眠らせ牢屋から逃げたのでした。そのことに、直虎は怒ります。われの気持ちを裏切りおって。今度あったらのこぎりでひき殺すてやると怒ったのでした。

 

 

 

今川と松平が手を結ぶ?

 

その頃、駿府の今川氏真(尾上松也)は怒りで震えていました。武田信玄が義信を廃嫡し、氏真の妹と離縁すると通達してきたのです。そのことに、なぜそのようなことができるのかと怒っているのです。

 

 

 

そのことに対しても、寿桂尼は冷静に西の恩知らず松平と手を組むことを考えてはどうかというのでした。一方、井伊家にも驚くべき出来事が起きていまいた。それは、井伊直親(三浦春馬)の娘という女子がやってきたからです。

 

 

 

そのことに対して、動揺が隠し切れない井伊直虎。おんな城主直虎19話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎20話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第20話ネタバレ,あらすじ「第三の女」

 

おんな城主直虎第18話ネタバレ「あるいは裏切りという名の鶴」

 

井伊直虎と織田信長の関係とは?

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第19話ネタバレ,あらすじ「罪と罰」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の19話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の18話に、実は小野政次(高橋一生)が井伊の盾になろうとしていたことを知る直虎(柴咲コウ)。そのために、井伊直虎は小野政次に腹を突き合わせて話をしました。そして、二人の関係は雪解けしてきました。「おんな城主 直虎」の第19話はその続きからスタートします。19話を簡単にまとめると、井伊の国境に井伊のものが木...

このページの先頭へ