MENU

おんな城主直虎20話「第三の女」の感想はコチラ!

第三の女

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の20話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の19話に、旅人・龍雲丸(柳楽優也)をなんとか打ち首にすることなく逃がそうとする直虎(柴咲コウ)。

 

 

 

しかし、そんな直虎の苦労にもかかわらず龍雲丸は自力で牢屋から抜け出しいなくなりました。「おんな城主 直虎」の第20話はその続きからスタートします。

 

 

 

20話を簡単にまとめると、高瀬(高橋ひかる)が井伊直親(三浦春馬)の娘だとやってきたことで、直虎やしの(貫地谷しほり)がその存在に驚き、怒ります。

 

 

 

そして、本当にその高瀬が娘なのかどうなのかわからなかったのですが、直親の笛の鼻歌を高瀬が歌っていたことで、直親の娘であることを直虎も小野政次(高橋一生)も認めます。

 

 

 

そんなころ、世の中は武田と今川が激突しそうな様相を呈しています。その「おんな城主 直虎」の20話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎20話の感想

 

直親(三浦春馬)の娘ということが登場した後の直虎(柴咲コウ)の動揺のしかたがすごかったですね。それがとっても印象的な回でした。

 

 

 

ただ、高瀬からしたら本当に勇気をもってやってきたのでしょうね。あれだけ、たくさんに囲まれるとびびると思います。直虎が井伊の屋敷におればいいといったところは、なんとも心が広いなあって感じました。

 

 

 

しの(貫地谷しほり)と直虎の関係もまた面白かったですね。なんちゅうか、共通の敵(直親)ができたことで一気に親近感がわいたのでしょうか。ヒステリックなしのが少し変わってきたように思いました。

 

 

 

共通の敵って本当にすごいですね。直虎としのの関係は修復することはないと思っていたのですが、意見が一致していましたね。

 

 

 

それにしても高瀬はいもっぽいですね。とても、直親の娘とは思えへん。本当に百姓って印象でした。でも、どこか光るものがあるんですよね。

 

 

 

直親の笛の鼻歌を唄うってのは、もう子供って認めなければなりませんよね。直親と深くかかわっていないと、笛の鼻歌は歌えないですよね。

 

 

 

直虎からすると、なんとも複雑な気持ちなのですが、大きな器で迎えいれることができる。それも直虎のいいところの一つだと感じました。

 

 

 

 

おんな城主直虎第20話のMVP

 

おんな城主直虎第20話のMVPは、間違いなく高瀬を演じた高橋ひかるさんになるでしょう。百姓の娘のような感じなのですが、着物を着るとキレイになっていましたね。

 

 

 

この高瀬の存在がなければ、直虎もこんなに悩むことがなかったんですけどね。無邪気な子供のような姿をみせていましたが、間者になることもできる年齢。

 

 

 

どこか、高瀬を演じる高橋ひかるさんが輝いていました。しのを演じる貫地谷しほりさんも候補の一人だったんですけどね。しのは、ヒステリックでないとあかんやろ。

 

 

 

みたいな価値観が自分にはあったので、高瀬をMVPに選出しました。しかし、世の中は武田と今川が戦争モードに入ってきていますね。

 

 

 

織田信長が裏で糸を引いているので、それがなんとも不気味な予感がします。また、最後に瀬戸方久(ムロツヨシ)らと一緒に気賀に向かいました。

 

 

 

そこに、龍雲丸もいましたね。今後、再度直虎ら井伊家と交わることがでてきそうな予感ですね。男前なので、案外直虎と恋仲になったりして?

 

 

 

そんな色恋があってもいいんではないかなあなんておもったりもします。おんな城主直虎20話の感想はここまで。おんな城主直虎21話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ