MENU

おんな城主直虎第21話ネタバレ,あらすじ「ぬしの名は」

おんな城主直虎21話ネタバレ・あらすじ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎21話「ぬしの名は」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎21話の感想はコチラ!

 

 

 

おんな城主 直虎第20話のネタバレ・あらすじで、高瀬(高橋ひかる)を正式に井伊直親(三浦春馬)の娘であることを認めます。その関係の中で、しの(貫地谷しほり)と直虎(柴咲コウ)の二人の仲が改善していきます。

 

 

 

また、今川家は松平と手を組みたいと考えていましたが裏に織田がいますのでそのようにならない状況になっています。その続きに、おんな城主直虎21話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「ぬしの名は」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第21話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ21話

 

直虎たちは、綿布を売るために気賀を訪れます。方久(ムロツヨシ)がさっそく、綿布をどこで売るといいのか中村屋の与太夫に確認していきます。直虎は、息の長い商いにしたいと力説します。

 

 

 

与太夫は、直虎たちにいろんな可能性を伝えます。その中には、異国の者に売るという方法もくわわっています。しかし、いきなり異国というのであると船賃が高くついてはいけないので、陸路の方でまずは成果を上げることを主眼にしました。

 

 

 

話が終わり六左衛門(田中美央)が異国の皿に興味をもちます。直虎も装飾品をみています。直虎がその装飾品を首にぶらさげて、六左衛門と一緒に見ているところに子供にぶつかられます。

 

 

 

最初、直虎も六左衛門も気づかなかったのですがぶつかって挨拶も何もしないことに違和感を覚え確認すると銭を入れていた袋がすられてしまっていたのです。男児はもうほとんど見えなくなっていましたが、直虎が慌てて追いかけます。

 

 

 

直虎が追いかけてきたことに気付いた子供も走って逃げます。六左衛門も直虎を追いかけていますが二人はどんどん離れていってしまいます。直虎は、子供を行き止まりに追い込み銭入れを返すように命じます。

 

 

 

男児は、しぶしぶその銭入れを取り出すと大きくあさっての方向に投げます。そこには、別の子供がやってきていて二手に分かれて逃げます。今度は、銭入れを受け取った子供を追いかけます。

 

 

 

そして、またしても子供を追い詰めます。しかし、直虎はいきなり頭を後ろから何者かに叩かれてその場で倒れてしまいました。直虎の頭をたたいた男は、大男で悪そうな輩です。子どもたちにきちんとまくようにとげんこつをしながら、直虎が何者か確認します。

 

 

 

井伊直虎が捕らえられる

 

六左衛門は、直虎と子供たちがいなく大慌てです。直虎がいなくなったと青い顔をして戻ると、方久に井伊にすぐに知らせをするべきだと言われたため、急ぎ井伊に戻って事情を説明する六左衛門。

 

 

 

直虎は、その大男たちに連れていかれ目が覚めた時にはどこかわからないところに閉じ込めれられていました。しかも、手足をしばられ、頭は先ほど叩かれたことで今もズキンズキンと痛みが続いています。

 

 

 

そこに、銭入れを盗んだ子供たちがやってきました。直虎が子供たちに怒りながら質問をするも、子供らは無視をして食事だけを置いていきました。直虎が監禁されている上の階では、大男の力也(真壁刀義)が飯を食べている最中です。

 

 

 

そこに、盗賊団の頭が戻ってきます。なんと龍雲丸(柳楽優也)がこの盗賊を仕切るリーダーだったのでした。力也や子供たちがおかしなやつをとらえていると聞いた龍雲丸は、直虎のいる地下におります。

 

 

 

よもやの形で再会したことで、お互い絶句してしまいます。龍雲丸は、直虎のことを井伊の領主でやっかいな奴を連れてきたものだと力也に話し、ため息をつきます。力也の反対側には、カジ(吉田健悟)がいました。

 

 

 

カジは龍雲丸を井伊の牢屋から逃げ出すのを手伝った男でした。カジらは、直虎を湖に捨てるしかないと話しています。それを聴いた直虎は、ひっとらえて打ち首にすると強気に言い放つのでした。

 

 

 

しかし、龍雲丸はこの「状況だとここから外に出ることもできない、ただの女子でしかない」と言い、握り飯を直虎の口に突っ込みしばらく「おとなしくしてくださいな」と言ってその場を去っていきました。

 

 

 

盗賊たちは、直虎の使い道を考えていました。殺すべきだというカジに一同は賛成するが、龍雲丸は女を殺してもなあ・・・と思案しています。そこに、中村屋が直虎を探しているという情報を偶然に知りました。

 

 

 

 

直虎がいなくなったことで井伊家は大騒ぎ

 

一方、井伊では直虎が行方不明になったとして大騒ぎになっていました。直之(矢本悠馬)や小野政次(高橋一生)、祐椿尼(財前直見)などが集結して心配している状況です。

 

 

 

六左衛門が直之から責められているところに、方久が井伊家にやってきました。なんと、方久は中村屋に直虎の銭入れと一緒に文が届いたと急ぎやってきたのです。祐椿尼は、この銭入れは直虎のものだと確認しました。

 

 

 

盗賊たちは、直虎と引き換えに百貫の銭を文で要求してきます。政次がとりあえず払うとし、お金を取りに来たときに捕らえるべきだと話します。政次は、いつものように極めて冷静に話しています。

 

 

 

そして、南渓和尚(小林薫)にお願いがあるとして寺に向かいました。お金と直虎の交換条件を井伊家が飲んだことで、盗賊たちは直虎の様子を地下に伺いにいきましす。力也が訪れたそこには、子供の首に短刀があてた直虎がいます。

 

 

 

直虎がしばられているのを振りほどいて、盗品としておいてあった短刀を子供の首にあてたのでした。そして、「われをここから出せ。さもなければ子供は殺す」と力也を脅すのです。しかし、力也は殺してみろといいます。

 

 

 

親もいないガキなので、どうぞどうぞやってくれと言いながら、人質の子供に目で合図を送っています。直虎が「本当にやるぞ」と言っても、ひるんでいることに察知した子供は直虎の腹に肘をいれ逃げていきました。

 

 

 

 

領主は大泥棒なのか?

 

そこに、龍雲丸がやってきて力也に直虎を運んできてくれと命令します。直虎は、龍雲丸に対してなぜこのようなことをしているのか。もっときちんと働く道もあるだろうといいます。

 

 

 

それに対し、龍雲丸は領主なんて大泥棒じゃないか。というのです。その言葉の意味が直虎には理解できません。そのため、どういう意味だと聞きますが龍雲丸は何も答えないままその場を去っていったのでした。

 

 

 

翌日、直虎は地下牢から放たれ話もできるようになります。すると、直虎はなぜわれが泥棒なのだと龍雲丸に昨日の確認します。龍雲丸は、年貢を取り上げてるでねえかというのです。直虎は、井伊の土地を貸しているから年貢をとるのが当たり前だと言います。

 

 

 

しかし、龍雲丸は大昔にあんたの先祖がたまたま喧嘩が強かったかなにかで、ここからここまでが自分の土地だと言い始めた。人の土地をぶんどってその領土を貸して百姓から吸い上げる。これは泥棒以外のなにものでもないではないか。

 

 

 

そう龍雲丸は説明したのでした。龍雲丸は、自分たちは武家からしか盗まない。泥棒から泥棒しているだけだと言い張るのです。直虎は、龍雲丸の話はいかれてるのではないかと思いますが、龍雲丸もいかれているのはあんたらの方だというのでした。

 

 

 

それから、しばらくおとなしくしてもらうとしゃべれないようにされた直虎は、小屋にほおりこまれます。そこに直之らがやってきて、井伊家の家臣たちが直虎を確認します。直之と六左衛門がお金の受け渡しをしようとしますがそこに盗賊はいません。

 

 

 

龍雲丸たちの狙いは、そこに来た馬が狙いだったのです。そのため、馬を盗もうとしていました。しかし、そこには傑山(市原隼人)らが弓を構えて待ち構えていたのです。政次が南渓にお願いしていたおかげです。

 

 

 

そのことに気付いた龍雲丸たちは、馬を置いて慌てて逃げていったのでした。傑山らから報告を受けた南渓と、政次は直虎の無事を確認して安堵しました。政次も冷静を装っていますがホッとしています。

 

 

 

直虎は、井伊谷に戻ってくるとたけ(梅沢昌代)に小言を言われます。盗人を追っていなくなるなんて・・・たけは、直虎の髪を櫛でとかしながら泣いていたのです。直虎は、どこかを怪我しているわけではないが、周囲からこっぴどく怒られるのでした。

 

 

 

そして、評定の場で直虎は自分をひどい目にあわせた盗賊たちに対して何もしないと話します。それに対し、当然のように直之が怒りました。とられたものの金額ではない。井伊が盗賊にやられっぱなしなのが問題だというのです。

 

 

 

それでも、直虎は相手がまったくわからないしどこにいるのかもわからない。また、直之らが出払って井伊が手薄になることの方が問題だと説得したのです。そのうえで直虎は、心配をかけたことをみなに詫びました。

 

 

 

こうして、この件はそれ以上盗賊のことについて深追いをすることはなくなったのでした。それから、数日後に高瀬の部屋の前を通った直虎は百姓の出の高瀬に聞きました。高瀬は武家を泥棒だと思ったことはあるか?と。

 

 

 

高瀬は、正直に百姓で奪われたと思ったことがないものは誰もいないと思う。そう答えたのでした。すると、祐椿尼がそれは武家も同じだといいます。どんどん戦に勝って領土を広げなければ、功をたてたものに領土をあたえられない。

 

 

 

なので、戦をしてどんどん奪っていくしかない。そうなると、当然に奪われるものもいるわけで、よそものが領主になることも多くあるというのです。直虎は、その話を聞いて奪い合うことでしか世の中は成り立たないのかと疑問に思ったのです。

 

 

 

材木の商いに盗賊をつかう?

 

そんなことを話ているときに、瀬戸方久がやってきました。直虎に材木の商いをやらないかと提案をしにやってきたのです。木を盗まれるのも儲けるから盗みにくるので、材木をやれば儲けるというのです。

 

 

 

しかし、直虎は材木となるとまたしても人手が足りなくなるのではないかと考えます。そして、そこで思いついたのが盗賊集団のことです。イチかバチかやってみるかと思い、南渓和尚に寺を借ります。

 

 

 

直虎は寺で一人で、盗賊の頭に会うことを決めたのです。文を出し龍潭寺に龍雲丸を誘いだします。来なければそれはそれで仕方がないとの想いが直虎にはありました。しかし、龍雲丸は龍潭寺にやってきたのです。

 

 

 

直虎は、材木の商いをやりたいと考えていてそれを龍雲丸に木を切ることをお願いしたいと願い出ます。分け前は、井伊が7で、盗賊が3の割合を考えているというと、龍雲丸は、そんな話をなぜ自分達にするのか。

 

 

 

もっとほかにもいるだろうといいます。それに対し、直虎は「武家は泥棒だと言われそうかもしれないと思った。しかし、それを認めたくはない。だから自分のためにこのようなことを願いでている」と説明したのでした。

 

 

 

その直虎のことばにすがすがしさを感じた龍雲丸は、その仕事を受けることにしたのでした。おんな城主直虎21話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎22話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第22話ネタバレ,あらすじ「虎と龍」

 

おんな城主直虎21話「ぬしの名は」の感想!

 

おんな城主直虎第20話ネタバレ,あらすじ「第三の女」

 

井伊直虎と織田信長の関係とは?

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第21話ネタバレ,あらすじ「ぬしの名は」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の21話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の20話に、高瀬(高橋ひかる)を井伊直親(三浦春馬)の娘であることを認めます。そのため、直虎(柴咲コウ)は高瀬のことを自分の娘として育てることを決めました。「おんな城主 直虎」の第21話はその続きからスタートします。21話を簡単にまとめると、井伊が綿の商いを気賀でしようと思い気賀を訪れた直虎がお金を盗まれ...

このページの先頭へ