MENU

おんな城主直虎21話「ぬしの名は」の感想!

名前

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の21話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の20話に、高瀬(高橋ひかる)を井伊直親(三浦春馬)の娘であることを認めます。

 

 

 

そのため、直虎(柴咲コウ)は高瀬のことを自分の娘として育てることを決めました。「おんな城主 直虎」の第21話はその続きからスタートします。

 

 

 

21話を簡単にまとめると、井伊が綿の商いを気賀でしようと思い気賀を訪れた直虎がお金を盗まれます。その盗んだ子供を追いかけて、盗賊に拉致されてしまいました。

 

 

 

その相手はなんと、井伊の気を盗み盗賊としてとらえていた龍雲丸(柳楽優也)だったのです。その「おんな城主 直虎」の21話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎21話の感想

 

おんな城主直虎の21話を見てまず思ったのは、直虎は生きて帰れてよかったなあってことです。普通なら殺されていますよね。井伊の領主であれば、逆に生きて返さない。

 

 

 

普通ならそう思うんでしょうけど、龍雲丸のところに捕まっていたので命は助かりましたね。それにしても、直虎は鉄砲玉のような人物ですね。

 

 

 

普通は、子供を追いかけるのは六左衛門(田中美央)の役目なのかなって思います。ちょっと頼りにならない人物ですけどね。直之(矢本悠馬)をお供にしてたらこうならなかったかも。

 

 

 

まあそうはいっても、普通は領主自ら追いかけていかない。それをやってしまうところが、井伊直虎なんでしょうけどね。そこがストーリーを楽しくしてくれます。

 

 

 

そして、個人的に気になったのは小野政次(高橋一生)です。直虎のことを心配してくれて、しっかりと南渓和尚(小林薫)に根回ししてくれていましたね。

 

 

 

直之のような屈強な武士だけでなく、冷静な判断できるものがいるというのは井伊の強みかもしれません。結果的に、傑山(市原隼人)がいたことで馬を盗まれずにすみました。

 

 

 

なので、黒子に徹しているけど小野政次の力が直虎が助かったのには大きかったですね。表だっては心配できませんが、実は相当心配していたのも印象的でした。

 

 

 

あと、直虎が刃物をもって子供を斬ろうとして手が震えていたのもやはり女子だなって思いました。いざというときに、斬れないというのはちょっと今後に心配ですね。

 

 

 

 

おんな城主直虎21話のMVP

 

おんな城主直虎21話では、やっぱり龍雲丸とのからみがなんとも面白かったです。なんか恋の予感みたいなものもありますね。なので、MVPは龍雲丸を演じている柳楽優也さんですね。

 

 

 

柳楽優也さんの演技、すごくいいです。直虎にしっかりと武家は泥棒だと印象つけました。それがなんとも秀悦でした。圧倒的な演技力にMVPはほかにいないかなと。

 

 

 

そして、役どころがぴったりとはまっていますよね。根回しをしてくれた、小野政次もすごくよかったのですがいかんせん登場シーンが少なすぎました。

 

 

 

また、直虎も今回はすごくよかったです。いくら捕らえられても強気で話をする。領主のプライドというものがありますね。だからこそ、その目つきやいう言葉というものに迫力がありました。

 

 

 

なので、今回はその3人がとっても印象的な回でした。最終的に、木材を斬る商いを始めるという井伊家と龍雲丸が手を組むことになりましたね。

 

 

 

ただし、最後に直之が龍雲丸のことに気付き問題になりそうな予感です。でも、直虎からお願いしていることなので直之に問題にされても龍雲丸からすると意味わからないですよね。

 

 

 

直虎が、このことをどのように収めていくのか。その辺りがおんな城主直虎22話の見どころになりますよね。個人的には、龍雲丸と直虎が恋愛におちそうな予感がします。

 

 

 

なので、二人の今後の関係についても大きな見どころかなって思います。小野政次よりは、龍雲丸がいいですよね。おんな城主直虎21話の感想はここまで。おんな城主直虎22話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ