MENU

おんな城主直虎第22話ネタバレ,あらすじ「虎と龍」

おんな城主直虎22話ネタバレ・あらすじ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎22話「虎と龍」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎22話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第21話のネタバレ・あらすじで、井伊直虎(柴咲コウ)は盗賊団に捕らえられましたが、なんとかそこから逃げ出すことに成功します。

 

 

 

また、新しく井伊で始めようと考えた商いの材木について切る部門をその盗賊の龍雲丸(柳楽優也)が頭のグループに依頼することにしました。その続きに、おんな城主直虎22話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「虎と龍」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第22話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ22話

 

仕事を請け負った龍雲丸らが井伊で木を切る仕事をします。すると、直虎に中野直之(矢本悠馬)が見たことあるものがいるのですがと確認をしてきます。直虎は、とぼけてみせます。

 

 

 

しかし、直之はすぐに怒って打ち首になる予定だったものだと気付くのでした。直之は、井伊の木を盗んでいたものたちだと強く迫ってきます。それでも、直虎はとぼけています。

 

 

 

六左衛門(田中美央)もどうやって奴らを見つけ出したのかと聞いてきます。直虎が、都合悪そうにみていると直之は、直虎をさらったものたちではないのかと仰天したのでした。

 

 

 

木を切る腕は確かのでよいではないか。いずればれることだと思っていたのでそう説得するのでした。直之と六左衛門が反発をしますが、屈強な家臣ができるかもしれないと直之を説得するとまんざらでもない様子だったのでした。

 

 

 

ただ、もう一人大事な存在がいます。盗人は死罪にするべきと考えていた小野政次(高橋一生)です。そのため、直虎はなんとか寺預かりという形にしようと考え南渓(小林薫)に相談します。

 

 

 

南渓は、目がよいしいい男だからと遠回しに直虎が惚れておると伝えると、直虎は井伊のためだと言い張ります。しかし、その直虎の耳は真っ赤になっていたのでした。

 

 

 

そして、南渓和尚は井伊のためだというのであれば小細工せずに小野政次に直接言った方がいいのではないか。そんなアドバイスを直虎にしたのです。直虎は、南渓のアドバイスを受けて政次は小細工がきく相手ではない。

 

 

 

そう考えて、政次に直接に龍雲丸の話をしました。しかし、政次はその話を聞いて深いため息をつきます。そして、政次と直虎が訪れた現場では六左衛門が力也(真壁刀義)と談笑をしていました。

 

 

 

政次が仕事ぶりをみたいというので連れてきたと紹介します。政次は、おもむろに龍雲丸のところに足を運び紐の結び方を確認します。すると、この結び方は船乗りの結び方で丈夫にしばれると教えてくれたのです。

 

 

 

盗賊たちは、船乗りや穴掘りなどバラバラのことをしていたものたちが集まっているというのです。政次は、うぬらをかくまっているのだから、いつでも近藤に引き渡すことができることを忘れるなと上から龍雲丸に言います。

 

 

 

政次がその場を去っていくと、直虎はそのような言い方は・・・と言いながらおいかけていくのでした。龍雲丸もなぜ、殿があのようなものにかように気を遣っているのかと六左衛門に確認します。

 

 

 

政次は、今川からの目付け役だからだと教えるのでした。政次は、冷たい目をしたまま何か起きても知りませぬぞと直虎に訴えかけます。それでも、直虎は盗みなどをしないように細心の注意を払って接するようにするのでした。

 

 

 

 

龍雲丸を意識する直虎

 

六左衛門と直虎は、翌日も木を切っている現場に向かいました。直虎は、木の切り方に関心をもっています。そして、自分でも木をきってみようとします。しかし、なかなかうまくいきません。

 

 

 

六左衛門が木をかついでいますが、なかなか切れません。龍雲丸が見かねて、直虎を手伝います。手の位置はここ。こうやってと龍雲丸が導くと、直虎はドキドキして話が頭に入ってきません。

 

 

 

龍雲丸と直虎の体が密着したために、直虎は汗が噴き出していました。だああっと大きな声で、龍雲丸を払いのけ顔が真っ赤になっている直虎を六左衛門と龍雲丸は不思議そうにみています。

 

 

 

直虎は、あわてて山を降りていくとモグラがいました。挨拶をした直虎は、おぬしらの中に字を読み書きできるものがおろうと確認します。すると、読み書きができるのは龍雲丸だけだというのです。

 

 

 

しかも、元々龍雲丸は侍の子だったから字を読み書きできるのだというのです。しかし、それ以上のことはお互いなにもしらない。直虎もそれ以上詮索することはやめたのでした。

 

 

 

その晩、直虎は龍雲丸のことを考えていた。なぜ、侍は泥棒と言った龍雲丸が元は侍だったのか。どういった事情があるのか。気になって妄想をしていました。直親(三浦春馬)の代わりに井伊を助けにきてくれたのか。

 

 

 

そんなことを考えめぐらしていたのでした。数日後、六左衛門が伐採の現場に足を一緒に運ばないかと直虎を誘いますが、直虎はうまくいっているなら行く必要はないと言っていきませんでした。

 

 

 

しかし、行かない理由は龍雲丸に会うときまづいと思ったからでした。六左衛門がそれでも、頭がきにしていましたよと話すと直虎は食いついてなにを気にしておったか確認しようとします。

 

 

 

 

盗賊が井伊を荒らす?

 

そこに、百姓の嫁がやってきました。博打場を気賀からきたやつらが開いていて、そこに旦那が入り浸ってお金がなくなって困るという相談だったのです。その話を受けて、直之が博打場に足を運びました。

 

 

 

その博打場を仕切っているのは、力也とモグラ(マキタスポーツ)でした。翌日、二人を直之が連れてきました。直虎が龍雲丸に聞くと、丁半ぐらいの博打なのでいいのではないか。と面倒そうに言います。

 

 

 

直之が、誰がそのようなことを勝手にしていいといったのかと怒ります。直虎が直之に控えるにようにいい、龍雲丸に博打を控えるように重ね重ね頼みます。龍雲丸は二人にもうするのではないと命令してその場は収まります。

 

 

 

しかし、騒ぎはそれだけでは終わりません。百姓の八助がどぶろくが誰かrに飲まれてなくなったと怒りだしたのです。龍雲丸とカジが誰かに飲まれたんでしょうなと酔っ払いながら話すと八助は二人にとびかかります。

 

 

 

しばらくすると、今度は娘がゴクウに追いかけまわされたと泣いて帰ってきたというのです。ゴクウは知らねえと話します。ゴクウがウソをついているとも思えない。困ったものだと直虎が試案していると、カジ(吉田健悟)が怒ります。

 

 

 

なんでもかんでも、俺たちのせいにする前にしっかりと調べたらどうなんだと直虎にかみついてきました。しかし、直之が普通の百姓と盗賊がいたら盗賊を疑うのが普通だと言って説明します。

 

 

 

すると、龍雲丸は呼ばれてきたのにこんな扱いされるのではやってられない。きょうまでの分のお金さえいただければこっから引いてもいいと直虎に言います。しかし、直虎は何も答えることができなかったのでした。

 

 

 

翌日、直虎は問題を解決するために評定を開きました。方久(ムロツヨシ)が盛り場をつくってはどうかと提案します。しかし、わざわざ奴らのためにそんなものはいらないと直之に突っぱねられます。

 

 

 

小野政次は、直之にあとどれくら盗賊たちがいるのか確認して、その間にその技術を盗んではどうかと提案します。しかし、直虎は技を盗むために呼んだのではない。そういってその案を拒みます。

 

 

 

しかし、苦情をいってきているのは井伊の民なので、どちらを大切にするべきかよく考えるべきだと政次に論破されてしまいました。そのため、六左衛門と直虎は龍雲丸に契約の解除を告げるために現場の方にやってきました。

 

 

 

そこにつくれらた小屋では、龍雲丸がカジを怒っています。盗みはするなと命じただろうがと大声を上げています。直虎と六左衛門は慌てて木の陰にかくれてその様子をみていました。

 

 

 

ゴクウと力也もどんどん殴られていきます。すると、ゴクウが「井伊の奴らなんて信じていいのかって最初に頭に言いましたよ。頭は、あいつらは俺らを人として考えてくれるって言いましたよね。全然、話が違うじゃないですか。」

 

 

 

そう反論したのです。龍雲丸は、もうこんな話を受けることはしないから今回限りは勘弁してくれよと肩を落としてその場を去っていくのでした。そして、木の陰にかくれていた六左衛門のところに猪がやってきました。

 

 

 

おびえる六左衛門に直虎は、何もしなければ猪なのでこわくはないと説得しても六左衛門はおびえています。それを見て、直虎はあることを思いつきました。そして、契約解除するのを延期したのでした。

 

 

 

 

村人と盗賊の橋渡しをする井伊直虎

 

村人と龍雲丸たちも遠くから見ているだけだから、お互いが怖く感じるのではないか。近くで一緒に話をすれば、そんなことはないと分かり合えるのではないか。そんなことを考えついたのであります。

 

 

 

そして、直虎のために猪を狩ってくるようにお願いしたのです。すると、村の人たちと盗賊たちの仲がどんどんよくなっていったのです。一緒に猪を捕まえることでお互いをわかりあうことができたのでした。

 

 

 

猪こそつかまえることができませんでしたが、庭のあちことでお互いが飲み食いをする姿を見て直虎は喜んで見ていたのでした。そして、これまでの酒を飲まれたということが誤解だったこと。

 

 

 

娘が追いかけまわされたというのも誤解だったことなどといった誤解までとけていったのでした。その様子を龍雲丸が見つめて、直虎には不思議な力があると感じるのでした。

 

 

 

直虎もだんだんよってきて、龍雲丸を近くに呼び寄せます。そして、どんどん酒を飲ませよと酒乱になってきました。直虎は、そんな勢いに任せて龍雲丸に井伊に残れ。わしのものになれと命じるのでした。

 

 

 

これがただの酔った勢いなのか。それとも、本気でそのように思っているのか。おんな城主直虎22話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎23話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第23話ネタバレ,あらすじ「盗賊は二度仏を盗む」

 

おんな城主直虎22話「虎と龍」の感想はコチラ

 

おんな城主直虎第21話ネタバレ,あらすじ「ぬしの名は」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第22話ネタバレ,あらすじ「虎と龍」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の22話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の21話に、龍雲丸(柳楽優也)らに井伊で新しくはじめる木材の伐採を依頼します。龍雲丸はそのことに迷いながらも、直虎(柴咲コウ)に協力することを決めました。「おんな城主 直虎」の第22話はその続きからスタートします。22話を簡単にまとめると、龍雲丸が率いる盗賊たちがきたことで村人たちがおびえるという事態が起...

このページの先頭へ