MENU

おんな城主直虎第23話ネタバレ,あらすじ「盗賊は二度仏を盗む」

おんな城主直虎23話のネタバレ・あらすじ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎23話「盗賊は二度仏を盗む」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎23話の感想はコチラ!

 

 

おんな城主 直虎第22話のネタバレ・あらすじで、井伊直虎(柴咲コウ)が連れてきた盗賊たちと村人たちがもめてしまいます。

 

 

 

しかし、直虎のアイデアで盗賊と村人たちを一緒に飲み食いさせることでお互いの誤解がとけ仲よくなっていきました。その続きに、おんな城主直虎23話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「盗賊は二度仏を盗む」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第23話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ23話

 

宴を龍雲丸(柳楽優也)達と一緒に催した翌日、小野の屋敷に同じ今川の目付け役の近藤がやってきていました。菩提寺の本尊が盗まれたというのでした。

 

 

 

その犯人を捜しているところに近藤は、井伊家が木を盗んだ盗賊を罰することなく囲っているという噂を聞きつけてきたというのです。政次(高橋一生)は知らないかと確認をする近藤。

 

 

 

政次は、知らないふりをして確かなことか確認をすると、近藤は密かに人を派遣し確認したところ間違いないことだというのでした。政次は、すぐに盗賊を引き渡すように約束しました。

 

 

 

一方、井伊家では六左衛門(田中美央)が龍雲丸を家来にするように宴の席で話していましたがどうされますかと直虎に確認します。しかし、直虎はそんなことを言った記憶はありません。

 

 

 

そんな話をしている時に、小野政次がやってきたのだが近藤も一緒だというので直虎は、六左衛門に龍雲丸のことで命令をしようとした瞬間に、何の指図をされようとしているのかと近藤が入ってきます。

 

 

 

 

目付けの近藤が井伊家にやってきた

 

近藤は、菩提寺の本尊が盗まれたことを理由に賊を処罰しようと考えていると感じた直虎は、賊は前に問題になったものではないと説明します。しかし、直虎はその後会話の中で、あやつらももう以前のように盗みはせぬと言ってしまったのです。

 

 

 

その言葉が原因で、近藤に問い詰められると六左衛門が助け船として人手がいなかったので自分が手配して、直虎の了承してもらっただけだというのです。しかし、それでも近藤は引き下がりません。

 

 

 

自分たちを無碍にするのであれば、考えがあると近藤が言うと、政次が「近藤の話の方が理にかなっている」と話し、盗賊を近藤に引き渡すようにもっていこうとします。

 

 

 

直虎は、仕方なく引き渡すことを約束します。そうして、近藤と政次は一緒に龍雲丸のところに向かったのでした。直虎は、中野直之(矢本悠馬)に近藤と政次よりも先にその場に行って逃がすように命じます。

 

 

 

直之よりも先に、政次と近藤が龍雲丸たちが木材を伐採していた場所に到着しました。しかし、盗賊たちはすでにそこにいません。政次は、慌てて探すように近藤に言い、家臣総出で盗賊たちをさがします。

 

 

 

その光景を一足遅く到着した直之は、井伊に戻り直虎に報告したのでした。直虎は、あまりの緊張と安堵でその場に座りこんでしまったのでした。

 

 

 

数日後、木材を斬る場所に六左衛門を派遣すると近藤の家臣たちが見張ってはいるものの、龍雲丸らの姿はありません。六左衛門や直之は、去る者はおわずのスタンスです。

 

 

 

直虎のみ盗賊らの居場所が気になっている様子です。そこに、南渓(小林薫)がやってきて思いもよらぬことを提案してきます。それは、菩提寺に寄進することです。

 

 

 

 

南渓の提案で近藤と手打ち?

 

南渓は、盗賊たちをつかっていたことは事実だしこのあたりで手打ちするのも当主としての役目だと直虎を解いてきたのです。そのため、直虎はしぶしぶ近藤がいる菩提寺に出向きました。

 

 

 

本尊の代わりがそんなに簡単にきくと思うなと近藤の言葉に直虎はイラッとしますが、南渓がそこは低姿勢で対応をします。近藤は、直虎が賊をきちんと処罰しておけばこのような問題にはならなかったと嫌味を言われます。

 

 

 

その後も直虎は、何度も嫌味を言われるので、腹立たしい思いをしてました。しかし、南渓がこれ以上近藤に頭を下げるのも嫌なので、自分から頭を下げて謝ります。

 

 

 

そして、新しい本尊をまつるために、本尊が祭られていたところを見せて欲しいと南渓がいうと、そこには仏像があったのでした。本尊がおらぬようになったのではと突っ込むと近藤はしどろもどろになっています。

 

 

 

南渓は、近藤に向かってご本尊さまが自分で戻ってこられたのでありますなと笑います。そして、もうこのあたりで収めよと本尊さまが言ってるのではないか。すべてお見通しだぞと。南渓は近藤に突きつけるのでした。

 

 

 

南渓と直虎が帰り道を戻っていると、今回の策をたてたのは龍雲丸だと南渓は話します。そして、寺の天井裏に忍んでいたので話をしたのだというのです。龍雲丸たちはもう井伊には戻ってこないだろう。

 

 

 

そう話して、直虎はなんとも寂しそうな顔をしたのです。しかし、そこに盗賊たちがあらわれて戻ってきたことに直虎は喜ぶのでした。その後、再び材木を斬る仕事を行っていきます。

 

 

 

すると、その後はどうするのかと直之はいうのでした。直之は、腕がたつし頭も切れるので井伊の家臣に加えてはどうかと思っていたのです。瀬戸方久(ムロツヨシ)もそのことに賛成していました。

 

 

 

あとは、政次だけというところでした。すると、近藤が木材を切るところに行ったときに、先に龍雲丸たちが逃げれたのは、なつ(山口紗弥加)が知らせたからだというのです。そのため、政次がなつにお願いして逃がしたのだろう。

 

 

 

そう、直虎は考えていたのでした。そして、直虎はそれをわかっていたので小野家に向かい龍雲丸たちを家来に加えてもよいかと確認をします。政次は、お好きなようになさればよいというのでした。

 

 

 

 

盗賊たちが井伊家の家臣へ!?

 

翌日、直虎は山にある木材置き場を訪れます。龍雲丸と家臣にならないかという話をするためです。龍雲丸は、改まってなんの話かと聴きます。すると、直虎がこれが終わったら井伊家の家臣にならないかと持ち掛けます。

 

 

 

しかし、龍雲丸の反応は薄い。そのため、井伊に戻る途中に六左衛門にあれは家臣にならぬなと諦めていました。直虎が戻っていった後の龍雲丸は何かにおびえたように昔のことを思い出していました。

 

 

 

モグラ(マキタスポーツ)がいい話ではないですかというが、龍雲丸はどこか引っかかっている様子です。モグラは、直虎が一味違う人物であることはみんながうすうす気づいていることだというのです。

 

 

 

その話を聞いた、龍雲丸はみんなに井伊の家臣にならないかと持ち掛けられた話をします。すると、一様に侍になることを喜んでいます。そして、龍雲丸についていくだけだというのでした。

 

 

 

龍雲丸は、住むところなどの話を井伊にしてお互いが納得の上で井伊の家臣になることが決まりかけていました。そのことを誰よりも喜んでいるのが直虎でした。そして、その様子をみた高瀬(高橋ひかる)と祐椿尼(財前直見)はまるで乙女のようと話したのでした。

 

 

 

そして、いざ龍雲丸が家臣になることの返事を下すという日に直虎が確認すると、龍雲丸はやっぱり侍にはなれないと断ってきたのでした。頭についていくと決めていたほかの盗賊たちも侍になるのではなかったのですかと驚いています。

 

 

 

それでも、龍雲丸は柄じゃないと思うんで。そういってその場を去っていくのでした。力也(真壁刀義)やカジ、モグラ等も龍雲丸を追いかけていくのでした。

 

 

 

直虎は、龍雲丸たちが家臣になると思っていたのでただただその行動に驚くしかなかったのでした。おんな城主直虎23話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎24話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第24話ネタバレ,あらすじ「さよならだけが人生か」

 

おんな城主直虎23話「盗賊は二度仏を盗む」の感想!

 

おんな城主直虎第22話ネタバレ,あらすじ「虎と龍」

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第23話ネタバレ,あらすじ「盗賊は二度仏を盗む」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の23話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の22話に、龍雲丸(柳楽優也)らと村人たちが直虎(柴咲コウ)の計らいで仲良くなります。また、最後のところで井伊の目付け役の近藤が小野政次(高橋一生)のところに急にやってきました。「おんな城主 直虎」の第23話はその続きからスタートします。23話を簡単にまとめると、龍雲丸が率いる盗賊たちがいることを近藤がひ...

このページの先頭へ