MENU

おんな城主直虎23話「盗賊は二度仏を盗む」の感想!

仏

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の23話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の22話に、龍雲丸(柳楽優也)らと村人たちが直虎(柴咲コウ)の計らいで仲良くなります。

 

 

 

また、最後のところで井伊の目付け役の近藤が小野政次(高橋一生)のところに急にやってきました。「おんな城主 直虎」の第23話はその続きからスタートします。

 

 

 

23話を簡単にまとめると、龍雲丸が率いる盗賊たちがいることを近藤がひっとらえるとなりますが、そこを小野政次がうまく逃がします。近藤が井伊に話した仏を盗まれたというのを逆手にとって、南渓和尚(小林薫)が逆襲しました。

 

 

 

そして、直虎を中心とした井伊家の面々は龍雲丸らを家臣に加えようとしましたが、最終的に断られました。その「おんな城主 直虎」の23話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎23話の感想

 

おんな城主直虎23話は、すごくよかったですね。なんといっても、龍雲丸を演じる柳楽優也さんがカッコイイし演技がうまい。なんか引き込まれるところがあります。

 

 

 

しかし、小野政次がなつ(山口紗弥加)にお願いしていたのはびっくりですよね。もう、完全に井伊のために直虎のために小野政次が動いてくれていますよね。

 

 

 

そのおかげで、龍雲丸たちがとらえられることがなかったですよね。直之(矢本悠馬)も必至にかけつけていましたが、それ以前にもういなくなっていました。

 

 

 

また、近藤のもとを訪れていた南渓和尚がよかったですね。じわじわと近藤を追い込む感じがなんとも迫力がありました。直虎にとっては、龍雲丸と南渓がいてよかったですね。

 

 

 

最初は、意図がわかっていなかったので行くのも嫌がっていましたけど・・・。帰りには、南渓に説明されて喜んでいました。そして、龍雲丸に会い驚いていましたね。

 

 

 

そこには、恋心があるのかな?って思わせましたね。龍雲丸たちがお金を受けに来たときにも服装にこだわったりと、みながそわそわしているところがありました。

 

 

 

それは直虎も同じで、好きになっているのかもしれません。直親(三浦春馬)依頼になりますので、そろそろ恋をしてもいいのではないかなと思います。

 

 

 

直虎は、ずっと井伊のために働いてきたので女としても幸せになってもいいんではないかな?そんなことをどうしても思いますね。だって尼小僧はキレイですし(笑)

 

 

 

 

おんな城主直虎24話のMVP

 

おんな城主直虎24話のMVPについては、迷いましたね。普通にいけば龍雲丸を演じる柳楽優也さんになるのですが、個人的な感じで南渓和尚を演じた小林薫さんを選出したいです。

 

 

 

目付けの近藤を追い込むところが、南渓和尚の強さみたいなものを感じました。それがなんともいやらしいけど、トンチがきいていてよかったんです。

 

 

 

直虎に、そのことを最初から話さずに向かったのもまたよかったですね。直虎に最初から意図を話していると、直虎が近藤に深々と頭を下げることがなかったですからね。

 

 

 

そうすると、南渓の追い込みの効果が薄れてしまっていたと思うんです。小林薫さんのあのいやらしい感じの追い込みは、ナニワ金融を思い出しましたね。

 

 

 

もちろん龍雲丸もよかったんですけどね。雲を見たから、井伊の家来になるのをやめた。その判断理由には驚かされました。井伊の家臣たちも、龍雲党の他のメンバーも驚いていました。

 

 

 

みんなが期待しているところの逆をいくあたりが意表をつかれて、面白かったですね。今後、龍雲丸たちは井伊の家臣にならないことから気賀に戻るのでしょうか。

 

 

 

直虎らとなにか関係がつながっていると楽しいんですけどね。もう出てこないみたいなこともあるのかな?直虎の恋のためにも、頭にはもっとでて欲しいんですけどね。

 

 

 

歴史の問題もあるので、簡単にはいかないでしょうけど今後に龍雲丸たちと直虎がどう交わるのかも注目ですね。おんな城主直虎24話の感想はここまで。おんな城主直虎25話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ