MENU

おんな城主直虎24話「さよならだけが人生か」の感想!

さよなら

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の24話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の23話に、龍雲丸(柳楽優也)らを武家として召し抱えるという案を断られてしまいます。

 

 

 

そのことに、井伊の家臣たちも龍雲丸の手下たちも一様に驚きます。それに対して、龍雲丸は雲に龍がうつっていたと理由をいうのでした。「おんな城主 直虎」の第24話はその続きからスタートします。

 

 

 

24話を簡単にまとめると、新野桜(真凛)に今川から縁談の話がありました。今川の状況が良くないために、直虎は様々なてを尽くして相手のことを調べます。

 

 

 

そして、相手の男を知るとしっかりしていたので直虎は桜を送り出しました。その「おんな城主 直虎」の24話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎24話の感想

 

おんな城主直虎24話のあらすじは、めまぐるしくシーンが変わる内容になっていましたね。直虎がしっかりしてきたこともあり南渓和尚(小林薫)もつまらんのおとつぶやいていましたね。

 

 

 

それがやけに印象に残りました。また、今回は瀬戸方久(ムロツヨシ)も面白おかしく登場してきました。方久は儲けていないと話していましたが、絶対に裏で儲けていますよね。

 

 

 

また、縁談の話がやってきた新野桜がとてもきれいでしたね。若いし可愛い。キレイというよりはかわいらしいという印象を持ちましたね。

 

 

 

それにしてもm直虎は本当に領主として成長しましたね。男でないためか、人質に行くことに対してきめ細かいところまで桜のことを思いやっていました。

 

 

 

そして、新しい登場人物として織田信長(市川海老蔵)がかれこれこわかったです。いくら信長とは言え、ここまで怖いとビビりますね。信長役を海老蔵が演じるので心配していましたがいいです。

 

 

 

とっても怖く迫力ある織田信長を演じてくれていました。徳川家康(阿部サダヲ)は震えてなにも言えない状況ですからね。こんな徳川家康をはじめてみたかもしれません。

 

 

 

また、瀬名(菜々緒)が井伊のことを気にかけてくれているというのもわかりましたね。このあたりが今後に続いていきそうな予感です。

 

 

 

あと、たけ(梅沢昌代)がいなくなって登場したのがまたしてもたけの銘のうめでそっくりだったのには、ちょっとびっくりしてしまいました。感動的なシーンのあとだったので笑ってしまいました。

 

 

 

 

おんな城主直虎24話のMVP

 

おんな城主直虎の感想のMVPとしては、多数の登場人物がでてきて選ぶのが難しかったです。南渓和尚も捨てがたいところですが、今回は弱い家康を演じている阿部サダヲを選出します。

 

 

 

織田信長に対するびびりかたが半端なかったことや瀬名に本音を話していたところが今後につながっていくであろうと思い、MVPに選出しました。信長にしようかともおもったんですけどね。

 

 

 

あえてびびっているところがかわいらしかったので、徳川家康役の阿部サダヲさんを選出しました。家康は、あまり出演が多いわけではないのですが、とっても印象に残る演技をする阿部サダヲさん。

 

 

 

もっともっと、今後活躍してくれるのだろうと思います。最後のところで、直虎が北条と通じるために結婚をさせようと考えるあたりは領主たる裁量なのかなと思いました。

 

 

 

しの(貫地谷しほり)も成長して、いろんなことを受け入れるようになりましたよね。あのヒステリックなところが一切見えなくなりましたね。これも高瀬(高橋ひかる)がやってきたおかげなのかもしれませんね。

 

 

 

直虎のことを認めているのかなと思いました。今後、何かしら大変なことになったときに、虎松(寺田心)の母にも認められていることは力強いですね。

 

 

 

最後に龍雲丸(柳楽優也)らが切った木を売る相手が見つかりました。なにか、一波乱あるような気がしますが楽しみですね。おんな城主直虎24話の感想はここまで。おんな城主直虎25話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ