MENU

おんな城主直虎第25話ネタバレ,あらすじ「材木を抱いて飛べ」

おんな城主直虎25話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎25話「材木を抱いて飛べ」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎25話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主 直虎第24話のネタバレ・あらすじで、新野家の三女・桜(真凛)が今川家の重臣のところに人質となる嫁入りします。また、新野家の三女・桔梗(吉倉あおい)は、小野政次(高橋一生)のとりもちで北条に嫁ぐことがきまります。

 

 

 

また、徳川家康(阿部サダヲ)の嫡男・竹千代に織田家から徳姫が嫁入りします。その続きに、おんな城主直虎25話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「材木を抱いて飛べ」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第25話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ25話

 

井伊直虎(柴咲コウ)のもとに瀬戸方久(ムロツヨシ)がやってきました。龍雲丸(柳楽優也)たちが切った木の売り手を見つけてきたのです。

 

 

 

方久は、その商売相手は気賀に移ってきたばかりの成川屋だといいます。寺の木を火災で失ったために、その代用品の木がほしいと希望したからでした。

 

 

 

直虎は、方久になるだけ高く売るように命じます。井伊では、方久がアイデアを出した綿布の方も順調にいっています。そのため、借金も少しずつではあるけど返すことができます。

 

 

 

直虎は、すべての木材に井伊の「井」を刻むように命じ子供たちまで焼きごてで、木材に「井」の字を刻んでいました。それらの材木は、直虎と方久が見守る中で、気賀の中村屋へと運ばれました。

 

 

 

材木は、中村屋経由で成川屋に引き渡されました。その際に、龍雲丸らが流れ者らをとりまとめてよろず請負をしているおかげで、町の喧嘩や事件などが減って助かっていると直虎は聞きました。

 

 

 

しかも、龍雲丸たちは裏のまとめ役のような役割をはたし中村屋もなにかと仕事をお願いすることがあるのだという。直虎は、龍雲丸たちが元気にやっていることを喜びました。

 

 

 

気賀に今川家が築城?

 

気賀から戻った直虎のもとを小野政次が訪ねてきました。噂では、今川家が気賀に城を築くというのです。気賀はそれまで、駿府とは別で独自の商いをしていたため今川が管理することはなかった。

 

 

 

しかし、今川家にはそれをせざる得ない理由がありました。それは、武田家との関係悪化のため塩止めという経済封鎖したために、小商人たちは一攫千金を狙って武田家に通じるようになります。

 

 

 

そのため、締め付けられるのは駿府の御用商人だけという状況で自らの手足を縛っている状況だったのです。商人たちが気賀に流れるのを阻止するために気賀そのものを管理するために城をつくるというのです。

 

 

 

直虎は、道理が通らぬといいながらも・・・政次は、今川家が力技でくると気賀もそれに従うしかないというのでした。政次は、気賀の話なので首を突っ込まないように釘をさします。

 

 

 

その矢先のことです。井伊が売った材木が成川屋から三河に流れていたことを今川家が知ることになりました。そのため、謀反の疑いありということで小野政次が今川の重臣・関口氏経(矢島健一)を連れてやってきました。

 

 

 

 

離反の疑いをかけられる直虎

 

そんな疑いがかけられていることを知らない直虎は、謀反の疑いがあるため申し開きにくるようにという今川からの下知に対しても「一体なんのおとがめでしょうか」と関口に確認します。

 

 

 

関口は、三河に成川屋を通じて材木を流していたことという理由を告げられました。そして、明日には駿府に戻るのでその準備をするようにという命を直虎に下したのでした。

 

 

 

直之(矢本悠馬)は、商人の売り先まで責任をおえというのかと怒ります。しかし直虎は、冷静にこの状況を判断し井伊を政次に渡すことを目的としているのだと話すのでした。

 

 

 

直虎は、今川家への忠義を見せるために策を考えます。瀬戸方久と六左衛門(田中美央)に、成川屋から木材を買い戻すように指示します。それがもし失敗した場合は、気賀でありったけの材木を買って「井」を入れる。

 

 

 

それも難しいようなら、龍雲丸らに願いでて木材を取り戻す手助けをお願いをするよう命じたのです。その策をあたえた翌日、直虎は駿府へむかいました。

 

 

 

六左衛門と方久は、さっそく成川屋に行きましたがすでに船をだしていました。気賀の木材も明らかに数が足りません。そのため、最後の手段の龍雲丸たちを頼りました。

 

 

 

龍雲丸らの活躍で助かる直虎

 

龍雲丸らのアジトにいった二人は、懸命に頼みますが船がどのあたりかわからない。しかも、明日には取り戻してなくてはならない。そんなことは無理だとあきれられます。

 

 

 

しかし、直虎の首が斬られるかもしれないと聞いた龍雲丸は、すぐさま動きだしました。そして、井伊家の材木を探しだした龍雲丸たちは、甲板に多くの鉤を打ち込み船員らを脅します。

 

 

 

そのまま、木材を載せた船は駿府に向かいました。一方の直虎は、時間稼ぎをするために劇薬を飲んで高熱をだします。2、3日の時が稼げればいいと自ら行動にうつしたのです。

 

 

 

直虎は、やってきた政次に「もし、策がうまくいかなかったときは井伊を頼む」と託しました。すると、政次は手を直虎のおでこに当て、俺の手は冷たいだろうと笑うのでした。

 

 

 

その3日後、直虎の熱は下がります。そのため、直之と共に駿府に行き今川氏真(尾上松也)があらわれるのを待っていました。そこに今川氏真がやってきます。

 

 

 

20年ぶりに今川氏真が対峙した直虎は、成川屋が三河と通じていたことは井伊も中村屋も知らなかったことだったと申し開きします。

 

 

 

また、新野家の桜が今川家の重臣・庵原朝利とのありがたい縁談をいただいたばかりで井伊が離反などを企んだりしないと弁明したのです。

 

 

 

しかし、最も早く三河と通じようとしておったからのうと直親(三浦春馬)の時のことをチクりと言われます。直虎は、内心煮えくり返るような怒りに震えていたが、家督を継いでからこれまで弓を引こうと思ったことは一度もない。

 

 

 

間者と気付かなかったことは、自分にも落ち度がある。しかし、このようなやり方は本当に忠義をもって仕えてきたものを失うことになるとは考えないのか。そう鋭く言い放ちます。

 

 

 

そこに、龍雲丸たちが木材を届けます。家臣に三河より木を1本残らず取り返すように命じていました。これが今川に対する井伊の忠義だということを説明したのです。

 

 

 

この申し開きが聞き入れられ、井伊はお咎めなしという結果になったのです。おんな城主直虎25話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎26話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第26話ネタバレ,あらすじ「誰がために城はある」

 

おんな城主直虎25話「材木を抱いて飛べ」の感想!

 

おんな城主直虎第24話ネタバレ,あらすじ「さよならだけが人生か」

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第25話ネタバレ,あらすじ「材木を抱いて飛べ」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の25話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の24話の最後に、材木の買い手が現れたと瀬戸方久(ムロツヨシ)がやってきました。そのことに、大喜びする井伊直虎(柴咲コウ)。世の中は、今川と武田の関係が悪化してきました。「おんな城主 直虎」の第25話はその続きからスタートします。25話を簡単にまとめると、井伊の材木が高く売れ喜んでいる矢先にその材木の先が...

このページの先頭へ