MENU

おんな城主直虎25話「材木を抱いて飛べ」の感想!

材木

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の25話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の24話の最後に、材木の買い手が現れたと瀬戸方久(ムロツヨシ)がやってきました。

 

 

 

そのことに、大喜びする井伊直虎(柴咲コウ)。世の中は、今川と武田の関係が悪化してきました。「おんな城主 直虎」の第25話はその続きからスタートします。

 

 

 

25話を簡単にまとめると、井伊の材木が高く売れ喜んでいる矢先にその材木の先が徳川家康(阿部サダヲ)のところに渡っていると直虎が今川氏真(尾上松也)に呼び出されます。

 

 

 

直虎は、忠義を見せるために頭らに頼み材木を取り戻すように命じます。その材木がなんとか駿府の申し開きに間に合ったのでした。その「おんな城主 直虎」の25話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎25話の感想

 

おんな城主直虎の25話については、直虎の申し開きでした。しかし、直虎が駿府に行かなければならないってことすごく多いですね。

 

 

 

その申し開きの際の直虎の迫力が凄かったですね。途中で、薬を飲んで病気になるなんてすごすぎです。なんとか時間を稼ぎたいのはわかりますが考えられないような技を使いますね。

 

 

 

それが、最終的に功を奏しましたね。材木が間に合ったのは、休んでいた時間があったからなのかなって思います。いつも、直虎はすごいことを考えます。

 

 

 

龍雲丸(柳楽優也)らの活躍もすごかったですね。材木の場所もわからない。どの船で運ばれているのかもわからない。そんな中で、材木を取り返してくるのはさすがですよね。

 

 

 

その理由も、今川のせいにしたのでお金を支払って買い戻すなんてことにもならなかったですしね。その活躍がどうしても印象的に映りました。

 

 

 

あれだけ、直虎のために働いてくれるのであれば家臣になってもよかったんじゃないか?そんなことを感じましたけどね。それでも、やっぱり縛られるのが嫌だったのかもしれませんね。

 

 

 

また、小野政次(高橋一生)が直虎の顔に手を置くというシーンはちょっとあれ?恋心みたいに思ってしまいました。直虎がもし申し開きがうまくいかなかったら政次に頼むって言った姿がよかったです。

 

 

 

心の奥底では、二人がつながっているんだろうなって思いました。二人が願っているのは、どちらも井伊のためですからね。目付けという役回りに小野政次がなっているだけで。

 

 

 

 

おんな城主直虎25話のMVP

 

おんな城主直虎の25話は、主役なのであまり選んでこなかったのですが井伊直虎を演じる柴咲コウさんを選出したいと思います。申し開きの迫力がこれまでにないくらいかっこよかったからです。

 

 

 

すっかりと領主になった顔をしていましたね。今川氏真に井伊直親(三浦春馬)のことを持ち出され嫌味を言われても、しっかりと我慢して主張していく姿が本当によかったです。

 

 

 

直虎の25話については、今川氏真を演じる尾上松也さんもよかったんですけどね。それ以上に、井伊直虎の方がよかったですね。その迫力が違いました。

 

 

 

また、これまでに何度か申し開きをしたことを経験していますので、直虎は対策をしっかりとたてておりましたね。材木のことについてもうまくいかなくなっても大丈夫なように三段構えにしていました。

 

 

 

だからこそ、最終的に間に合いましたね。材木を取り戻した直虎について今川氏真がどんな対応をとるのか。まさか、直虎が罰せられるなんてことはないとは思いますが。

 

 

 

25話の中であった、小野政次と井伊直虎の関係が今後なんかしらで進展したりすることはあるのでしょうか。なんか、ここがくっつけば面白いことになると思うのですけどね。

 

 

 

今後、龍雲丸と小野政次の二人。このあたりの男性とどうなっていくのか。気になりますね。おんな城主直虎25話の感想はここまで。おんな城主直虎26話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ