MENU

おんな城主直虎第26話ネタバレ,あらすじ「誰がために城はある」

おんな城主直虎26話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎26話「誰がために城はある」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎26話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第25話のネタバレ・あらすじで、今川家からの言われた駿府に行っておこなった申し開きをなんとか乗り切ることができた直虎(柴咲コウ)。

 

 

 

それは、龍雲丸(柳楽優也)たちが材木を三河から取り戻してきたことが大きく影響しました。その続きに、おんな城主直虎26話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「誰がために城はある」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第26話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ26話

 

今川から認められた直虎は、今川の命により木を駿府にそのまま残し井伊の館に無事帰ることになりました。六左衛門(田中美央)や方久(ムロツヨシ)が喜びます。

 

 

 

そして、材木を運んできてくれた龍雲丸にお礼をいって駿府を後にしました。しかし、その数日後に龍雲丸が直虎のもとにやってきました。龍雲丸は直虎に対して怒っていたのです。

 

 

 

今川に残された木が、気賀に今川がつくる城に使われることに龍雲丸は腹立てていたのです。直虎は、「そのようなことになっているのか」というと、龍雲丸はしらばっくれてるんじゃないと余計に怒るのでした。

 

 

 

そこに一緒にいた小野政次(高橋一生)が本当に井伊は知らなかったことだと説明したのでした。それでも引き下がらない龍雲丸は、すぐに駿府から材木を買い戻せというのです。

 

 

 

その木を切ったのは誰か。三河から木材を取り戻したのは誰か。そう吠えます。しかし、直虎は今川に異議を申し立てることはできない。そういうしかなかったのです。

 

 

 

龍雲丸は、怒ったままその場を去っていったのでした。直虎は、政次に確認しました。誰が気賀の城に入ることになるのか。そこには、大沢元胤(嶋田久作)になるのではないかと政次が答えました。

 

 

 

大沢と言えば、今川の国衆の中でも今川に忠義をもった国衆になります。直虎は、なんとか龍雲丸の力になれることがないかと模索しますが政次はそのことに怒ります。

 

 

 

最後に助けてくれたのは、龍雲丸かもしれないが直虎はいったいどこの当主なのだときつくいうのでした。それからしばらくして、直虎のもとに大沢の使者がやってきました。

 

 

 

その内容はというと、城をつくるためにあった木材が焼かれてしまったので、追加の材木がほしいというのです。直虎は、龍雲丸たちだと直感で感じていました。大沢の使者は、もう武力で鎮圧するしかないと話しています。

 

 

 

 

直虎が城を反対するものを仲裁

 

直虎は、その使者が帰ったあとに急ぎ気賀に向かいました。そこには、それまでに直虎が来て初めてみる光景でした。龍雲丸たちとともに、大沢が城をたてるのを反対しているためでした。

 

 

 

気賀には、これが儲ける種と考え大沢にすりよるものと龍雲丸とともに反対するもので真っ二つに分かれているという。直虎は、そのため大沢派と龍雲丸派の商人に手紙をだします。

 

 

 

大沢に木材を都合するかどうかはその返事を見て決めるという内容でした。そのため、送った商人はどちらの側もそろいました。また、龍雲丸もそこにはいました。

 

 

 

直虎が大沢が反対派の商人たちを鎮圧を武力をつかって行おうとしていることを説明します。そのため、そろそろお互いがいがみ合うのをやめてはどうだと仲裁をします。

 

 

 

反対派が大沢が城をつくる理由に、商いがやりにくくなるためという想いがありました。その話を聞いて、直虎はそれならば城をつるくのを認める引き換えに商いに口出ししないように約束してはどうか。そんなアイデアをだします。

 

 

 

 

龍雲丸の過去

 

それで、話がまとまりかけたその時です。龍雲丸が城をつくられるのは嫌だというのです。そして、もう暴れずにここからでていくというのでした。

 

 

 

直虎は、それをあれやこれやで説得してみますがうまくいきません。すると、龍雲丸が自分の両親が城を守るために死んでいったことを話したのです。そして、城を守るために死んだ。

 

 

 

城なんて必要ないんだと龍雲丸は、訴えます。しかし、直虎はそれに反発しました。城で助かるものはおっても、城がなくなってしまって助かるというものではないのだ。そう直虎はいうのです。

 

 

 

龍雲丸は、直虎が自信満々に話すものだからここの城主を直虎がするのか。本当に城で助かることを見せてくれるのか。そう言って、龍雲丸はその場を去ります。

 

 

 

井伊谷に戻った直虎は、方久と六左衛門に龍雲丸とのやりとりを詳しく伝えました。すると、方久が気賀のために直虎が城主になれないかと問うてきたのです。

 

 

 

井伊にとっては、材木や綿の商いにも大きなプラスがある。港を領地にすると商いはもっと広がる。そう考えると直虎がもっとも適任だと方久がいうのでした。しかし、今川がそのようなことは認めないだろう。

 

 

 

そういってわらっていますが、方久はそれでも今川が認めるのなら気賀の城主になりたいかと問うてきました。おんな城主直虎26話のあらすじ・ネタバレはここまで。おんな城主直虎27話のネタバレ,あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第27話ネタバレ,あらすじ「気賀を我が手に」

 

おんな城主直虎26話「誰がために城はある」の感想!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第26話ネタバレ,あらすじ「誰がために城はある」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の26話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の25話の最後に、大量の材木を龍雲丸(柳楽優也)たちが駿府に届けてくれました。それは、井伊直虎(柴咲コウ)が駿府で申し開きしている最中でした。「おんな城主 直虎」の第26話はその続きからスタートします。26話を簡単にまとめると、駿府の申し開きはその材木で助かります。しかし、その材木が気賀の城をつくるために...

このページの先頭へ