MENU

おんな城主直虎26話「誰がために城はある」の感想!

城

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の26話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の25話の最後に、大量の材木を龍雲丸(柳楽優也)たちが駿府に届けてくれました。

 

 

 

それは、井伊直虎(柴咲コウ)が駿府で申し開きしている最中でした。「おんな城主 直虎」の第26話はその続きからスタートします。

 

 

 

26話を簡単にまとめると、駿府の申し開きはその材木で助かります。しかし、その材木が気賀の城をつくるために使われていることを知り龍雲丸が怒ってやってきます。気賀が二分するところに直虎が仲裁に入ろうとします。

 

 

 

そのため、瀬戸方久(ムロツヨシ)が直虎に気賀の城主になればいいのではとアドバイスします。その「おんな城主 直虎」の26話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎26話の感想

 

おんな城主直虎26話については、いろんな問題がある回でしたね。申し開きが済んだら今度は、気賀のトラブルに巻き込まれます。

 

 

 

今回も龍雲丸が目だっていましたね。なんか、直虎と並びたつぐらいの活躍でした。個人的には、小野政次(高橋一生)が誰のための殿だって言葉が印象的でしたね。

 

 

 

直虎は、政次がいうようにちょっと突っ込みすぎるところがありますよね。それがいいところでも悪いところでもあるんです。でもやっぱり今川がからんでいるので危険って言えば危険ですよね。

 

 

 

口を挟まない方がいいという政次の言葉がなによりも的を得ていると思いました。ほんとうは、六左衛門(田中美央)や直之(矢本悠馬)あたりが言わなければいけないと思うですけどね。

 

 

 

そういう意味では、小野政次の役割が実は大きいんだろうなって思いました。それでも、気賀に行く直虎はすごいんですけどね。多少のブレーキにはなります。

 

 

 

裏を返せば、小野政次がいるからこそ気賀に行くことができたのかなってのも思いました。私がもし同じ立場なら、今川のことなので仕方ないと小野政次がいったようにするかな?

 

 

 

でも、それをしてしまうと井伊直虎のような民にしたわれる。賊にもしたわれるそんな人物にはならないんでしょうね。一旦首を突っ込んだ以上、責任を最後まで持ちたい性格なのかもしれません。

 

 

 

いずれにしても、井伊の領主は小野政次ではなく井伊直虎ですから・・・鉄砲玉でも仕方ないですよね。それを周囲がなんとか盛り立てていくしかないんですね。

 

 

 

 

おんな城主直虎26話のMVP

 

おんな城主直虎26話のMVPについては、いろんな選択があるかなと思います。しっかりと自分の意見を持っている小野政次。また、今回気賀に城を建てることに反対する龍雲丸。

 

 

 

そして、鉄砲玉のように気賀に向かう井伊直虎。中村屋もよかったんですけどね。でも、やっぱりMVPはこの3人の中からの選択になりますね。最近は、やたらと龍雲丸を多く選んでいます。

 

 

 

今回も内容的には、龍雲丸がなぜ城をつくりたくなかったのか。そういった裏ストーリーまでを見ると確実に言えることは龍雲丸が中心のストーリーだったということです。

 

 

 

しかし、個人的にはやっぱり小野政次が直虎に怒ったシーンがとても印象的だったんですよね。嫌味を言うことはちょこちょこあっても、あんなにはっきりと声を荒げて怒る。

 

 

 

こんなことはあまり多くないんですよね。小野政次の気持ちがあるんでしょうか。龍雲丸に直虎が惚れているから・・・そこに肩入れされるのが嫌みたいなところがあるのかな?

 

 

 

そんなことも感じたので、おんな城主直虎26話のMVPについては小野政次を演じる高橋一生さんを選出したいと思います。今後については、井伊家が気賀城の城主になるのか。

 

 

 

今川をどのように瀬戸方久が説得しようと思っているのか。その辺りのところが楽しみで、かつ見どころになっていきますよね。今回については申し開きを切り抜けたところ本当に盛りだくさんでしたね。

 

 

 

私自身は、見ててすごく楽しかったし・・・感情がむき出しにでている方が起伏があるのでみいってしまいますね。おんな城主直虎26話の感想はここまで。おんな城主直虎27話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ